2007年08月17日

ニュース短信その9

この短信の表題一覧

・ブッシュ先送り提案
・ハイリゲンダムG8サミットの動向
・ここ数日のアクセス数増加
・中国は06年に米国を抜いて世界一の排出国に
・ドイツでEUETS排出枠のオークション分配法下院通過
・米連邦下院議長ペローシ氏と上院民主党リーダーのリード氏、「ライブアースの誓い」を立てる
・独メルケル首相、前向きな2020年目標を維持する主張
・独、2030年には再生可能エネルギー電力シェアを45%へ
・岩波「科学」7月号に「温暖化懐疑論に向かいあう」記事
・2006年の再生可能エネルギー投資は12兆円
・金子勝+アンドリュー・デウィットのチーム本
・諸外国の動きに尻を押されて日本でも国内排出量取引を検討
・岩波の『世界』9月号は温暖化特集です
・毎日新聞で京都議定書10周年記念連載記事を出しています
・イベント案内8/25環境行政改革フォーラム@武蔵工業大
ニュース短信その10 へ続く

−−−
●イベント案内8/25環境行政改革フォーラム@武蔵工業大
詳細はこちら
 この中で、3時半〜4時ころまでB会場で
−−
(4)
地球温暖化対策とピークオイル問題との相互連関(インターリンケージ)
SGW(松山ピークオイル問題を考える会)

 ここ2年ほど欧米で盛んなピークオイル論(石油の究極埋蔵量の半分を消費する時期=石油時代前期の終りには、石油生産が需要を賄えなくなり、価格高騰と供給不安を招く問題)について、早期ピーク論と反論の概要を紹介するとともに、地球温暖化対策との相互の関わりとその意味を考察する。
参考:ブログ『ん! -ピークオイル時代を語ろう-』http://ピークオイル.jp

という発表をやります。予稿集の原稿は出したものの、まだまだこれからいろいろ考える、といったところです。
−−
後日記:
今回のプレゼン内容をpdf文書にしたものを以下にアップロードしておきます。ダウンロードしてご覧ください。
その1
その2
その3
(実際にはその3はほとんど説明する時間がありませんでした…。)
teko3.png

つづく続きを読む


posted by おぐおぐ at 10:21 | TrackBack(1) | ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

ニュース短信その8

 この短信の表題一覧
・NASAのハンセンらによるピークオイルの含意レポート
・安倍首相の記者会見
・2050年に排出量半減目標をサミットで提示
・JanJanに「地球温暖化の予測出そろう〜IPCC第三作業部会報告書」の記事
・民主党の参院選向け「脱地球温暖化 戦略」
・ソトコト新書本「エコハウス私論」
・懐疑論に迷う方のために
・日本は本当に「乾いた雑巾」なのでしょうか
・5/7〜18日にバリMOP3の準備会合開かれる
・懐疑論へのコメントのバージョンアップ
・「21世紀環境立国戦略の策定に向けた提言」(中央環境審議会意見具申)について
・先進企業の取り組み例が日本語訳されています
・6月5日国連環境デーにUNEPから氷河後退のプレゼンテーション
ニュース短信その9 へ続く

−−−
●6月5日国連環境デーにUNEPから氷河後退のパワーポイントプレゼンテーション
が公開されているとのこと。
Melting Glaciers
Glaciers around the world provide compelling evidence of rapid climate change. See startling examples of this in our newest powerpoint presentation, Melting Glaciers. (download ppt 5.7mb)
グリーンランドや南極の氷床の溶け方についても紹介されています。

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 09:11 | TrackBack(2) | ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

ニュース短信その7

 この短信の表題一覧。

・アクセス数のアップ
・JanJanに「IPCC第4次報告書、テレビの反応」の記事
・欧州の風力発電、2006年は伸び率23%
・ワシントンポスト紙のIPCC報告書についての論説
・オーストラリアが国際?排出権取引に前進へ
・2/16の京都議定書発効2周年記念イベントが各地で開催されます
・2/15付けで 『2050日本低炭素社会シナリオ:温室効果ガス70%削減可能性検討』という中間報告書が発表されました
・テレ朝サンデープロジェクトで北朝鮮の洪水禍の報道
・あなたが安倍首相なら、どんな温暖化対策を実施しますか?
・オーストラリアはビリのランナーを強制退場
・ポストキョウト交渉関連の英文記事リンクを作成
・米太平洋岸5州も連合へ
・EUサミットのアジェンダ
・EUサミット終了
・米太平洋岸の5州協定
・阿部悦子さんの愛媛県議会討論
・「京都の約束」プロジェクト
・最高裁判所の判断を受け、米議会が動き出す
ニュース短信その8 へ続く

−−−

●最高裁判所の判断を受け、米議会が動き出す
「CO2は大気浄化法の下の汚染物質であり、米EPA(環境保護庁)には規制の権限がある」とした4月2日の米国最高裁判断
US 'must regulate car pollution'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/6519923.stm
を受けて、米国の連邦上院環境委員会でも動きが始まりました。

ワシントンポスト紙:US lawmaker urges action on CO2 emissions
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/04/18/AR2007041801578.html

より、部分訳を紹介します。

 EPA長官のステファン・ジョンソン氏を4月24日に上院環境委員会の公聴会に呼ぶとの発表に際して、連邦上院環境委員会の委員長であるバーバラ・ボクサー議員(民主党)は、自動車の燃費規制や石炭火力からの排出ガス規制をEPAはただちに行うべきだと発言した。

 EPAが今週発表した統計によれば、90年から2005年に掛けてCO2排出量は16%増加している。

 ボクサー議員は、2050年までにCO2排出量の80%削減を求める法律を作りたい意向は表明しているが、いつ法案を上院での投票に掛けたいかについては口をつぐんでいる。
−−−

つづく。続きを読む
posted by おぐおぐ at 00:46 | TrackBack(2) | ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

ニュース短信その6

 この短信の表題一覧。
・省エネ船のコンセプト登場
・TBSニュース23でアル・ゴアを招いて特集番組
・アクセス数異変
・マサチューセッツ州RGGIに再加盟、7州から8州に
・2/2にIPCC第四次評価報告書(AR4)発表
・不都合な真実の不都合な省略
・不都合な真実を不都合でなくするために
・ブレアが退陣を渋っているのは温暖化の進展を誉まれとしたいから?
・産経新聞共催の温暖化シンポ
・ダボス会議での気候変動についての見解:もっと大胆な一歩を
・カナダに続いてオーストラリアでも環境大臣交代
・本「不都合な真実」のグループ向け割引
・正しい問い・間違った解決策
・気象庁の新高潮予想システム
・オーストラリアのハワード首相、温暖化懐疑論から転向
・IPCCパリ会合始まる
・CNNのラリーキングライブでミニパネル討論
・アル・ゴア、ノーベル平和賞候補者に推薦される
・アル・ゴアの来日講演などのビデオ
ニュース短信その7 へ続く

−−−
アル・ゴアの来日講演などのビデオ
がC-Net Japanにあります。

●アル・ゴア、ノーベル平和賞候補者に推薦される
Al Gore Nominated for Nobel Peace Prize
http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=2840429
ノルウェーからのAP電によれば、ノルウェーの保守党の政治家が左派の政治家と超党派で、アル・ゴアの地球温暖化問題の啓発の努力が成果を上げたとして、ノーベル平和賞の候補者に推薦することにしたとのこと。思わずホロリさせられます。

日本語のMottainaiを宣伝してくれていることで知られるケニアの女性植林活動家&政治家のワンガリ・マータイさんに続いて、環境問題の取り組みに平和賞が適用される時代になりました。
実際に決定の発表がされるのは10月のことです。


つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 13:38| ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

ニュース短信その5

この短信の表題一覧。
・デイ・アフター・トゥモローのキーワードでの訪問者
・12/7イベント「STOP+2℃」地球温暖化は止められるか。
・NGO報告会「COP12、COPMOP2はどんな会議だったか」
・12月は地球温暖化防止月間
・フードマイレージCO2を計算する電卓
・カナダ野党党首に前COP/MOP1議長が当選
・フィリピンで台風被害
・フランスで石炭「復活!」
・ワールドウォッチも石炭に注目
・2006年は6番目に暖かい年
・海の生物は迅速に移動
・中国のMTO計画
・NHKラジオで温暖化とエネルギー特集の正月番組
・カナダのハーパー保守党政権、環境大臣を更迭
ニュース短信その6 へ続く
   −−−   −−−
●カナダのハーパー保守党政権、環境大臣を更迭
Canada: PM gives his nod to the environment
http://www.theguardian.pe.ca/index.cfm?sid=5288&sc=7
 世論の温暖化問題への反応などもあり、ロナ・アンブローズ環境大臣が内閣改造で外交担当に異動したとのこと。
この更迭でどのくらい実質の温暖化政策が変更されるのかはまだ分かりませんが、野党自由党ではディオン元環境大臣が党首になったことを受けての反応とも考えられるでしょう。


つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 23:02| ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

ニュース短信その4

この短信の表題一覧
・ワークショップ「システムアプローチで見えてきた東アジア陸域生態系の炭素動態」
・企業のエネルギー消費量情報の開示請求裁判でまずは1勝
・CNNのニュースキャスターとインホフ議員とが番組のインタビューで遣り合う
・政府答弁にみるエネルギー/食料問題の認識
・転載:教基法改悪どころか,内閣も吹っ飛ぶほどのネタなのに・・・
・ラブロックの「ガイアの復讐」の日本語版は10月10日発行
・河野太郎議員のごまめの歯ぎしり 06年10月27日号
・ニクソンは中国へ行った、ブッシュは温暖化へ進め?
・ブログ「つなげよう、ひろげよう、地球にやさしい「すてきな活動」の輪!!」
・「自然エネルギー20/20」の概要とご賛同のお願い
・Youtubeに1年前のロンドンデモの映像
・オーストラリアの干ばつと森林火災、もろもろによって政治の面でも動きが
・2週間のナイロビCOP/MOP2の間、関連記事リンク
・11/29東京大学一般公開講座「変化する気候」開催
ニュース短信その5 へ続く

−−−
●11/29東京大学一般公開講座「変化する気候」開催のお知らせ
http://plaza.geic.or.jp/event/event_syo.php3?serial=10709
という講演会があることをforever2xxxさんに教えていただきました。続きを読む
posted by おぐおぐ at 10:03| ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

ニュース短信その3

この短信の表題一覧
・気候ネットワークシンポジウム 「2020年の30%削減社会ビジョンを描く」
・欧州の春が早くなり、生態系がそれに反応
・温暖化川柳/狂歌のページ
・地球温暖化対策を謳った投資信託
・米国のブッシュ大統領が温暖化対策に前向きに転向する?、というインサイダー情報がリーク
・米カリフォルニア州が米自動車メーカーと日本から進出している3社を温暖化で損害を与えていると提訴
・”都市計画は「耐気候性」でなければならない”
・英国マーガレットベケット外相の国連演説
・木の年輪を読むプロキシーデータでハリケーンの頻度が分かる
・ハリケーンと温暖化の連関についてのカバーアップ
・省エネ住宅セミナー「省エネ住宅でお得な快適生活」
・EiPC外断熱全国キャラバン
ニュース短信その4 に続く


●イベントのお知らせを一部抜粋しておきます
 既存の建物の断熱改修こそは最低限のmustな温暖化対策だと思うこの頃です。

EiPC通信 VOL.067  2006年10月02日
EiPC(External Insulation Promotion Council)通信
特定非営利活動法人 外断熱推進会議
より
−−−

■ 平成18年度 新エネルギー・省エネルギー非営利活動促進事業費補助金事業
(NEDO)として“2006年度 EiPC外断熱全国キャラバン” スタートします。

『つながっている、住まいと地球環境―外断熱による省エネライフ―』
独立行政法人新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)・平成18年度 新エネルギー省エネルギー非営利活動促進事業費補助金対象事業として“2006年度 EiPC外断熱全国キャラバン”がスタートします。

●趣  旨 
コンクリート建築における外断熱工法は、省エネ・健康・高耐久性をもち、地球環境保全,安全・安心の住環境を図るうえで大きな効果があり、我が国において一般的に採用されるべき断熱工法である。しかしながら、北海道の公共建築を除いて外断熱工法の普及率は低い現状にある。
EiPC外断熱推進会議では、2003年外断熱フォーラム、2004年フラウンホーファー建築物理研究所・日独セミナー、2005年ハンス・エーク日本セミナーを開催し、外断熱をはじめとした省エネ建築の普及に努めてきた。
しかしながら、外断熱工法への理解や普及採用はいまだ道半ばである。
ついては、外断熱工法や省エネ建築の優位性と必要性を広く国民に知っていただくために、今年度の活動として外断熱全国キャラバンを実施する。
外断熱全国キャラバンの開催を通して、国民への外断熱への理解を広めるとともに、EiPC地方支部活動との連携を深め、支部の強化拡大を図り、全国的な外断熱工法の普及・拡大を図って行くことを目的とする。
●内  容 
各界各層・市民を対象に、東京・大阪・福岡・金沢・長野など支部所在都市において“外断熱”をキーワードに省エネや地球環境について、ともに考えるセミナーを開催します。
・大学教授や専門家を講師に招いての講演や、すでに「外断熱マンション」で暮らしている住民をゲストに招いてのパネルディスカッションなどにより、普及啓蒙活動を展開します。
・「地球環境」「健康住宅」「サスティナブル」など他のNPOや市民団体への・連携を働き掛け、省エネに関する議論を深め、日常生活における省エネ活動を展開します。

●効  果
1.住宅の省エネ性能向上に関する意識を広く喚起すること。
2.省エネ住宅が普及することによるCO2削減や地球環境保全への貢献。
3.省エネ住宅と外断熱による「カビ」や「ダニ」の少ない、健康的な住空間の創出。
4. よい建物を長く使う“サスティナブル社会”の醸成。

●事業期間
  平成18年9月7日〜平成19年1月31日
●実施地区
  東 京・大 阪・福 岡・金 沢・長 野

□ 「全国都市再生モデル調査」について

平成18年度全国都市再生モデル調査“多摩ニュータウンの超高断熱(超省エネ)手法による既存建築ストック活用・団地再生”について、国土交通省住宅局より業務委託を受けて、調査事業をすすめています。

国土交通省からの業務委託実施要領下記の通りです。

1.既存集合住宅の断熱性能等及び改修手法に関する現状調査と分析
・既存集合住宅における断熱性能及び改修手法に関する文献調査を行う。
・壁・開口部の断熱性能や、換気設備の性能等に関する現状調査を行う。
・居住者に対して、居室内の暖かさや寒さ、結露やカビの発生等の温熱環境に関するアンケート調査を行う。

2.既存集合住宅における高断熱改修等に係る指針の作成
・摘要可能な断熱改修の設計・施工上の課題とその解決策について整理する。
・断熱改修の費用と効果の関係について整理する。
・高断熱改修に伴う省エネ措置について検討する。
・上記をまとめ、超高断熱改修等に係る指針を作成する。

3.高断熱改修の必要性について居住者への普及の仕方を検討する。

第三回実行委員会を、9月25日(月)に南大沢において開催しました。
実行委員会では、調査手法、アンケート内容について意見が出されました。
−−−

◇ 発行元 特定非営利活動法人 外断熱推進会議
〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5番8号 機械振興会館407号
TEL 03−3436−4755  FAX 03−3436−0678 
  URL    http://www.sotodan-npo.org
  E-mail   infoアットマークsotodan-npo.org

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 15:56| ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

ニュース短信その2

この短信の表題一覧
・英国の原発論争
・エアロゾルの間接効果に新たな説明
・英国の持続可能な発展委員会(SDC)より、既存のビル・住宅への断熱改修の重要性を説く報告書
・南極の海氷の変動
・欧州、米国の熱波について
・米ブッシュ政権、NASAの使命を改変
・成長が加速するドイツのソーラー業界 / ドイツ大使館発表
・あの人は今…ジョン・ケリーはサンフランシスコ・クロニクル紙に
・NHKで温暖化の悪影響についての放送
・台風の記事は今年は一つも書いていませんでした
・NPO法人気候ネットワークでは東京事務所のスタッフを募集
・9/4京都:排出量取引制度についての研究会
ニュース短信その3 へ続く


●9/4京都:排出量取引制度についての研究会
MLに流れていたものを転載しておきます。
−−
<排出量取引制度に関する研究会のお知らせ>

日時:2006年9月4日(月) 18時30分開始
場所:龍谷大学深草キャンパス 紫英館(しえいかん)5階会議室
 最寄り駅は、京阪「深草」、JR奈良線「稲荷」、京都市営地下鉄「くいな橋」です。
 地図参照 http://www.ryukoku.ac.jp/web/map/fukakusa.html
  京阪の深草駅からは、地図上の東門(D)を入っていただき、6の建物になります。
建物の入り口は、建物の西側と南側にあります。エレベータで5階まであがっていただき、廊下を左方向へ行った突き当たりが会議室となります

報告:「排出量取引の現状と今後の課題」新澤秀則先生(兵庫県立大学)
  EUでの排出量取引制度の仕組みと現状、日本での本格導入のための課題、国際交渉との関わりなどについてご報告いただきます。

*この研究会は、文科省科学研究費補助金特定領域研究「持続可能な発展の重層的環境ガバナンス」(研究代表者:植田和弘・京都大学教授)のもとでの研究課題「温暖化防止の持続的国際的枠組み」(研究代表者:新澤秀則・兵庫県立大学教授)、京都学術共同研究機構研究プロジェクト「京都議定書第一約束期間後の地球温暖化防止の国際制度の研究」(研究代表者:高村ゆかり・龍谷大学)、気候ネットワーク、地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)の共催によるものです。
--


つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 23:17| ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。