2009年02月25日

ニュース短信その17

 この短信の目次一覧。

・12/24 孤立する日本の温暖化政策
・12/24 米オバマ新政権の人選評価について
・09/1/11 あのエクソン社が炭素税を支持
・1/12 エネルギー・環境学会誌に温暖化懐疑派研究者との論争
・1/16 消費税を一時だけグリーン投資に使え?
・1/23 ワールドウォッチ研究所の温暖化シンポ
・1/26 政府の中期目標検討委員会、4案+アルファを提示
・1/27 アメリカの政府機関の温暖化情報の充実
・2/1 ダボス会議で出されたメッセージ
・2/7 350は諸行無常の鐘の声
・2/11 2/26トランジション・タウンズ運動の講演会他
・2/14 オーストラリアの消防員の労働組合、温暖化対策強化を豪州政府に求める
・2/25 太陽光発電、家庭からの購入価格2倍に 経産省が新制度

−−−−
太陽光発電、家庭からの購入価格2倍に 経産省が新制度
”家庭や企業が太陽光で発電した電力を、電力会社が約10年の間、当初は従来の2倍程度の1キロワット時あたり50円弱で買い取る仕組み。今後、具体的な制度設計に向け、関係業界などと調整を進める。”日経ネットより。
 さて、なんというのか、「あらゆる」自然エネルギーの大幅増を目指すためには、固有の技術的な壁のあるそれぞれの自然エネルギーの種類に応じて、固定優遇価格での買い取りを行う制度にしなければなりません。対象ジャンルの技術中で相対的に最も費用効果的な対策だけを促進するのがRPS法の制度設計ですが、そこからの移行に際しては、太陽光だけを優遇するのではなく、風力などすでに大規模なポテンシャルがあることが知られているものも(率は違っていて良いのですが)固定優遇価格を導入する制度設計とすべきです。
 そんなことより経済産業省が抜かしている一番大きな対策項目が、送電網の強化への投資でしょうが。グリーン・ニューディールの提案を見習ってください。

 H O P Eですねえ。
Yes We Can - Barack Obama Music Video
</param></param></param>

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 01:25 | TrackBack(3) | ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

ニュース短信その16

 この短信の目次一覧。

・9/26ティッピングポイントの解説アニメーション
・9/3010月から再度、国内の排出権取引試行始まる
・11/6 米大統領選にオバマ勝利
・11/10アル・ゴアも説くグリーンニューディール
・11/14IEAのWEO2008発表で、温暖化のシナリオを詳述
・11/20 オバマ次期大統領、世界と共に温暖化と闘うと約束
・11/29 ポズナニCOP14会合の情報はこちらから
・12/5 小島嶼国連合(AOSIS)は350ppmと1.5℃の安定化を求める
・12/12 ポズナニでのピークオイル論紹介は不発
・12/16 ニューディール政策とオバマ
・12/16 本「地球温暖化の予測は「正しい」か? (江守)」
・12/17 勝ち組日本車メーカーが垂直落下
・12/19 石炭ピークは温暖化の未来を決めるか

−−−−
●石炭ピークは温暖化の未来を決めるか
アメリカ地球物理学会(AGU)で議論になっているとのことです。
Natureblog:AGU 2008: Peak fuel reserves
http://feeds.nature.com/~r/reports/rss/climate_feedback_with_comments/~3/481792917/american_geophysical_union_200.html
BBC:Climate outcome 'hangs on coal'
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7789249.stm
Scientific American:Coal Poses Climate Catastrophe as "Peak Oil" Approaches
http://www.sciam.com/article.cfm?id=coal-poses-climate-catastrophe-after-peak-oil
ピークオイルがあるので石炭液化が問題という立場、いや石炭ピークも近いという立場、350ppmを求めるからにはいずれにしても石炭規制は欠かせないという立場、の議論がそれぞれあるという報道のようです。

 H O P Eですねえ。
Yes We Can - Barack Obama Music Video
</param></param></param>

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 08:42 | TrackBack(0) | ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

ニュース短信その15

 この短信の表題一覧。

・7/7地球温暖化問題懐疑論へのコメントVer.2.4へ
・7/11G8サミット関連
・7/20今年も熱中症の季節
・7/31日本政府の中継ぎ提案提示
・8/3英国の気候キャンプ−今年はケントの石炭火電計画地
・8/4松山は7月17日から連続しての熱帯夜です
・8/6公明党から入閣の斉藤鉄夫環境大臣、2025年までに25%削減の中期目標を明言
・8/9気候キャンプへ英エネルギー相の反論
・8/11メイク・ザ・ルールキャンペーン始まる
・8/16洞爺湖サミットという「祭り」のあとで
・8/26電気料金値上げ反対9/6デモ
・9/3IPCCは20周年の総会実施中
・9/4ハンセン、ケントの石炭火電抗議の裁判に証人として立つ
・9/4グリーンランドの氷床は数百年以内に消滅か、過去の温暖化をもとに予測
・9/13ハンセンのピークオイルシナリオ論文、発表へ
・9/14単純な問いには答えも単純…ではない
・9/15ハリケーン・アイク由来の米石油ショック
・9/15ケントの石炭火電抗議の活動家、無罪に
・9/19カーフリーデーでGo!!2008
・9/19選挙戦中のアメリカに物申したい方へ
・9/23電気事業連合会自主行動計画はやる気ゼロ
・9/23マーク・ライナスの350ppm目標の記事

−−−−
●マーク・ライナスの350ppm目標の記事
Climate change catastrophe by degrees
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2008/aug/07/carbonemissions.climatechange
 現在の国際交渉での基本路線と言える、ロバートワトソン前IPCC議長の言葉"Mitigate for two degrees; adapt for four"(2℃昇温に食い止めようだが4℃昇温の最悪の事態に備えよう)の行動は失敗する宿命にあり、生ぬる過ぎる、と批判しています。


●電気事業連合会自主行動計画はやる気ゼロ
環境自主行動計画の2007年実績 が出ています。
http://www6.fepc.or.jp/env/report/2008.pdf
fepc.png
 京都会議のあった97年あたりが一番原単位も良い(少ない)わけですが、それ以降悪化の一途とは「犯罪」的なやる気のなさ、と言わざるを得ません。
そして電力会社がこうであるからには、私たちは消費者として、電力消費量の大幅な総量削減を目指していくしかないでしょう。もちろん自分ひとりができることをやるのではなく、政府や企業、職場などにそれを働きかけていくということです。

●選挙戦中のアメリカに物申したい方へ
</param></param>
このYouTubeのCMを大手のテレビに流したいので寄付をお願いします、というお願い「Help Us Run This Ad!」が、アル・ゴアのキャンペーンWe Can Solve Itから来ています。クレジットカードでの寄付が可能ですのでカード持ちの方はどうぞご検討ください。

●カーフリーデーでGo!!2008
 ぶらざーてぃのblogより
今週末から23日にかけて、カーフリーデーが日本の各地で開催されるそうです。
秋晴れになれば、サイクリングにはいい季節ですもんね。でもまあ、欧州のような自動車の中心市街地ゾーン進入禁止、というまでの取り組みをやるところはないようです。

Gasoline will be free, will be free〜♪
Gasoline will be free, will be free〜♪
Way back in the year of 2017,
The sun was growing hotter,
And oil was way beyond its peak...
http://jp.youtube.com/watch?v=I3Wk_jcfm3Y
(シェリル・クロウの歌う「ガソリン」、お勧めです。)
ん!ニュース短信その11 から進出してきました。)
つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 02:52| ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

ニュース短信その14

 この短信の表題一覧。

・3/19石炭火力問題の関西電力への申し入れ報告
・3/19小池元環境相、バイオエタノールの開発中止を主張
・3/20経産省手抜き試算でG8サミットの足を引っ張る
・3/23気候ネットによる事業者の排出量開示作業
・3/23セクター別アプローチの資料記事
・3/26参議院で日本の方針を追及
・3/29南極半島の巨大棚氷の崩壊
・4/12世界のCO2排出量急増−アースポリシー研究所
・4/14イベント案内4/21「穀物争奪戦:バイオ燃料と食料」
・4/16県と市の温暖化対策計画とりまとめ
・4/17英豪首相の揃い踏み−すべての国を含み効果的な新たな国際合意を
・4/23田中宇氏は相変わらずですね
・5/3明日香寿川氏によるセクター別アプローチをめぐる混乱についての解説記事
・5/11独断と偏見に基づく温暖化関連本の紹介
・5/11日本は2050年の国内長期目標でG8サミットに臨む
・5/12小池元環境大臣「2020年で25%減」を目標に
・5/15NPOレインボーの「地球温暖化ニュース/そろそろ間に合わなくなってきた…」
・5/18第372回マル激トーク・オン・ディマンド
・5/22若手専門家による地球温暖化対策審議会
・6/7グッドニュースジャパンに「G8・脱温暖化チームマイナス80」特集
・6/7米連邦上院、排出枠取引法案を廃案に
・6/11フツーの人フクダ氏の冒険「福田ビジョン」
・6/19世界の環境NGOsから福田首相にお手紙を手渡し
・6/20ロイターの環境特集のページ
・6/20トヨタ社長「我々の見方では、石油生産は近い将来にピークを打つ。」
・6/23日経エコロジーに気候ネット浅岡氏インタビュー

−−−−
●日経エコロジーに気候ネット浅岡氏インタビュー
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20080619/162858/
”しかし日本は、2013年以降の方向性がとても曖昧です。国の政策がどこへ行くのかが分からないと、企業は事業計画の軸を定めることができません。大きな投資を伴う案件などは、2013年頃のことを今考え始めても遅いくらいですよね。こうした状況は日本の産業界にとって極めて大きなマイナスです。”
”抵抗しているのが自主行動計画に固執している人たちです。日本は本当に島国なんだと思います。そして今は幕末に似ていて、産業界は昔ながらの考え方で、「攘夷だ、攘夷だ」と言っている。この人たちを変えるには政治が動くしかありません。”

●トヨタ社長「我々の見方では、石油生産は近い将来にピークを打つ。」
今週の注目発言-Peak Oil Reviewより(その2)で紹介しました。
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/forum2/13884.html
 早期のピークオイルを日本の会社が公に認めたのはこれが始めてではないでしょうか。
 業界の旗手が持つ見解は、競合他社にも影響を与えざるを得ないでしょう。温暖化対策のスピードにも良い影響を与えることになるはずです。

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 07:18 | TrackBack(3) | ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

ニュース短信その13

 この短信の表題一覧。

・2/22WWFインターナショナル 気候変動問題で、日本にリーダーシップを求める
・2/25京都府地球温暖化防止活動推進センター発行の「見直そう太陽熱利用」
・2/26参議院特別委で産業界へのヒアリング
・2/26温故知新−古きを尋ねて新しきを知る
・2/27参議院行政監視委員会、調査会でもヒアリング
・2/27環境省によるIPCCAR4SYRのプレゼン資料
・2/27-29第1回国際太陽電池展PVEXPO2008
・3/1京都議定書目標達成計画(改定案)のパブコメ開始
・3/8ワシントン国際再生可能エネルギー会議での発言
・3/10各種の石炭ピーク研究とその温暖化対策への含意
・3/13日本政府、提案を国連に提出
・3/15EU首脳会議、EUのの包括提案を承認
・3/15英国のブレア前首相、G20国際会議に参加
・3/15幕張G20会合3/14-16/セクター別アプローチについての疑問
 ニュース短信その14 に続く

−−−−
幕張G20会合3/14-16/セクター別アプローチについての疑問
 という記事を姉妹ブログ『京都議定書の次のステップは何だろう』に掲載しました。

●英国のブレア前首相、G20国際会議に参加
 昨夜のTBSのニュース23でやっていました。月曜にはブレア氏をスタジオに招いて「地球破壊その4」として話を聞く番組を放送するということです。

×「京都議定書」以降の枠組 ⇒ ○京都議定書の第二約束期間以降の枠組
でっせ、TBSさん。
http://tonyblairoffice.org/によると、Climate Groupが始めた‘Breaking The Climate Deadlock’イニシアティブの一環として、1週間ほど日本、インド、中国を飛び回って政財界の要人と会合を持ち、ポスト2012の枠組みを提案するということのようです。
</param></param>

●EU首脳会議、EUの温暖化対策包括提案を承認
 1月23日に欧州委員会提案として出されていたものを、欧州理事会で承認したということです。2020年に90年比20%以上(他の先進国も合意すれば30%まで)削減目標が主な論点であったでしょうか。
EUobserver.com:Brussels to grant some concessions to industry in environment proposals
http://euobserver.com/9/25839

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 15:55 | TrackBack(0) | ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

ニュース短信その12

この短信の表題一覧。

・1/11フィナンシャル・タイムズで日本のへっぴり腰批判
・1/11環境NGOsのCOP13報告会
・1/17ノルウェーは2030年のカーボンニュートラル国家を目指す
・1/23世銀レポートを中日新聞が報道
・1/24北畑経済産業事務次官の世銀レポートへの反応
・1/27経済産業省の"最終兵器"に関する中間評価検討会を聞いてきました
・1/29米ブッシュ大統領の最後の一般教書演説
・2/4科学者の投票−IPCCの海面上昇予測は過少評価か
・2/4チームマイナス6%のホームページに週刊誌風ポータル
・2/5ティム・レントンのティッピングポインツについての研究報告
・2/6気候ネットワーク他によるCOP13/CMP3報告会のビデオがJANJANに掲載
・2/8民主党岡田副代表も道路特定財源問題を予算委員会で質疑
・2/8気候変動に関する日・EU共同シンポジウム
・2/8EUの2020年20%削減政策についての両側からの批判
・2/11気候のコードレッド(緊急事態)レポート
・2/12ハンセンの350ppm提案の詳細
・2/13北極の氷の融けるメカニズム
・2/16バイオ燃料は温暖化を加速−論文が山積
・2/16今日は京都議定書発効記念日(2005年)
・2/16ネイチャー誌発行の気候変動ポッドキャスト
・2/19民主党福山議員の洞爺湖サミットに向けた質疑
・2/19中国電力へ申し入れ「石炭火力発電所の建設中止を」(1)
・2/21NEDOのレポートで欧州委員会温暖化対策2020年目標を紹介
−−−−
●NEDOのレポートで欧州委員会温暖化対策2020年目標を紹介
 NEDO海外レポートNo.1017
http://www.nedo.go.jp/kankobutsu/report/1017/1017-12.pdf?nem
 この説明の中では、ユニラテラル目標のユニラテラル目標たるゆえん(国際協調で目標を嵩上げしたい、最低限がこうですという趣旨)を無視してしまっているのが大きな問題ですが。
「EUのポストキョウト提案骨子が明らかに」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/8722.html
を参照してください。

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 00:56 | TrackBack(2) | ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

ニュース短信その11

この短信の表題一覧。

・11/06ヒラリークリントン候補、ポスト2012の交渉に前向き
・11/11オーストラリア総選挙前に全国で反温暖化デモを開催
・11/11 11/24、25京都で気候ネットワークの9回目全国集会&11/20全国消費者大会環境分科会
・11/12NHKBS1で今週は「きょうの世界」で温暖化の5回連続特集
・11/20ブッシュ米大統領の「最後の盟友」ハワード氏退陣か?
・11/20ブラウン英首相、2050年80%削減も法制化検討と語る
・11/22ケビン・ラッドはバリ会合に参加できるか
・11/24ハワード氏は落選か?豪労働党勝利を祝う
・11/29ジョージ・モンビオの新刊「地球を冷ませ(Heat)」
・11/30プレスリリース 国連開発計画(UNDP)東京事務所
・12/3バリ会合の紹介はブログ「京都議定書の次のステップは何だろう」でやります
・12/4ウェルカム、京都メンバーへ 豪のケビンラッド新首相はバリ会合初日に京都議定書を批准し、目標達成のために努力が必要と警告
・12/11アル・ゴアとIPCCのノーベル平和賞授賞式
・12/11ゴアからCOP13へのメッセージ
・12/15ジョージ・モンビオの「Rigged奇計」
・12/20「温「断」化ニュース」改め「日刊温暖化新聞」発足
・12/26バリロードマップ合意を受けての福山議員質疑
・2008/1/1京都議定書第一約束期間(5年間)が始まる
・1/8IPCC初代議長バート・ボリン氏への弔辞

−−−

●IPCC初代議長バート・ボーリン氏への弔辞
 Ban Ki-moon On Death Of Climate Change Scientist
 パンギムン国連事務総長が弔辞を述べています。
”Mr. Ban commended Professor Bolin's "immeasurable contribution, not only in being one of the first to recognize the consequences of increasing emissions of greenhouse gases decades ago, but also in alerting the world to what was required by Governments to protect our planet from the impact."”
”(UNFCCC事務局長の)デブア氏 は、1997年の京都議定書を採択するに到る交渉の開始につながった、IPCCの第一次、第二次評価報告書をボーリン教授が準備した業績について語った。
 「ボーリン教授は1988年から1998年までIPCCの初代議長を務め、気候変動によってもたらされる危険について良く伝えた」とデブア氏は強調した。「著名な組織家でかつ指導者として、彼は科学者と政治家との間の非常に重要なリンクを作るための助けとなった」と。”
 ご冥福を祈ります。

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 12:59 | TrackBack(0) | ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

ニュース短信その10

この短信の表題一覧

・このところテレビ報道で地球温暖化特集が目立ちます
・沖縄・石垣島白保のサンゴ礁の白化問題
・ピークオイルと地球温暖化の統合対策について
・メルケル独首相は京都で、途上国向けに一人当たり排出量目標を提案
・台風9号は東日本を縦断して北海道まで
・英国で波力発電のテストファーム”Wind Hub”認可
・24日に国連総会の気候変動特別セッション開催
・日経社説は日本の良心です
・ピークオイルシナリオの一つ
・参議院に「国際・地球温暖化問題に関する調査委員会」設置
・TBSの「ニュース23」でグリーンランドの氷河の動きを紹介
・アル・ゴアとIPCCがノーベル平和賞を受賞
・「自主」的取り組みの各業界が目標値をアップ
・石炭火力発電所はCO2を大気中に排出するので建設差し止め
・民主党福山議員の参議院予算委質疑
・CNNでPlanet in Perilという番組を放送しています
・宇宙線の影響についての否定的な評価がありました

−−−
●宇宙線の影響についての否定的な評価がありました
「地球温暖化の原因は太陽の活動」説を否定する新論文(1)
「地球温暖化の原因は太陽の活動」説を否定する新論文(2)
 放射線を大気中に撒き散らす同様な実験は戦後の大気中核実験の際にも行われていた、ということは指摘できるかもしれません。

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 23:49 | TrackBack(0) | ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。