2008年12月04日

パームオイル由来バイオ燃料は森林の破壊を正当化できない

 1年くらい前にも同じような研究が出ていたのを紹介したはずがどこだったか?分かりません。なので、再度紹介を。

 当たり前といえば当たり前な結論が、7カ国の研究者の合同研究で出てきました。
 元々の森林を、バイオ燃料開発の名目で伐採しても、その伐採時の排出をオフセットするためだけに75年以上も掛かるとのことですが、目の前の削減が急務状況ですので、パームオイルプランテーション開発は「温暖化対策ではない」ことがはっきりしました。
Biofuel Plantations On Tropical Forestlands Are Bad For The Climate And Biodiversity, Study Finds
http://www.sciencedaily.com/releases/2008/12/081201105657.htm

Clearing forests for biofuel hurts climate: study
http://www.reuters.com/article/environmentNews/idUSTRE4B04CA20081201?feedType=RSS&feedName=environmentNews
−−−
"Keeping tropical rain forests intact is a better way to combat climate change than replacing them with biofuel plantations," according to scientists from seven nations writing in the journal Conservation Biology.

Millions of hectares of forest land in South East Asia has been converted to palm oil plantations to produce biofuels - seen as greener than fossil fuels because plants soak up greenhouse gases from the atmosphere as they grow.

But the study, released on the opening day of 187-nation talks on a new U.N. climate treaty in Poland, said it would take 75 years for carbon emissions saved from using biofuels to make up for carbon released into the atmosphere by burning down a forest to clear it for a biofuel plantation.

And the balance would only be achieved after more than 600 years if the habitat was carbon-rich peatland, it said. Planting biofuels on degraded grasslands, however, could lead to a net removal of carbon after only a decade.

"Sourcing biofuel feedstock from crops such as palm oil simply doesn't make environmental sense," said Emily Fitzherbert from the University of East Anglia, England, who was one of the authors.
−−−
 すでに森林の失われた荒地に対してはプランテーションが10年程度以降は削減効果を持つ、という指摘は、しかし、ほかの名目での森林破壊を正当化させる抜け道として使われる恐れがあります。

 森林の減少・劣化対策(REDD)を次期のポスト2012の枠組みにどう組み込むか、はポズナニCOP14会合での大きな論点であるのでしょう。

日経:EU、森林破壊の抑制で国際目標提案へ
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081129AT2M2800928112008.html
 途上国での森林減少を2030年までにゼロにするとのこと。
日本政府はこのような提案に対してどう反応するのでしょう???
今からでもオタオタしそうです。

REDDスキームのカテゴリー をご覧ください。
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/post2012/category_1235.html
posted by おぐおぐ at 04:20 | TrackBack(0) | バイオ燃料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

世界食糧サミット−食の安全保障と気候変動、バイオ燃料

 単なるFAO主催の一国際会議程度のはずだったものが、世界食糧サミット(といっても5年に一回あるようなやつとは違うのですが)という名前に変わって、世界の注目を集めています。
われらが福田首相も外遊でイタリアを含む欧州諸国に出かけました。

High-Level Conference on World Food Security: the Challenges of Climate Change and Bioenergy
http://www.fao.org/foodclimate/hlc-home/en/

訳すと、「世界の食糧安全保障に対する気候変動とバイオ燃料という挑戦に関するハイレベル会議」とでもなるんでしょうか。
6月3日〜5日に掛けて開催されます。
中にはWebcastもありますので覗いてみてください。

 異例なことですが、会議の最終日に発表する声明のドラフト案がすでに出来上がっています。
DRAFT TEXT, AS REVIEWED BY THE INFORMAL OPEN-ENDED CONTACT
GROUP ON 30 MAY 2008
DECLARATION OF THE HIGH-LEVEL CONFERENCE ON WORLD FOOD
SECURITY: THE CHALLENGES OF CLIMATE CHANGE AND BIOENERGY
http://www.fao.org/fileadmin/user_upload/foodclimate/HLCdocs/HLC08-3-E.pdf
 中身は本会議に入ってから大幅な修正があってもおかしくはないでしょうが…。

 NGOであるIISDによる交渉速報−LINKAGEでも特集を組んでスタンバイをしています。
http://www.iisd.ca/ymb/wfs/続きを読む
posted by おぐおぐ at 22:58 | TrackBack(1) | バイオ燃料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

「バイオ燃料に関する市民社会からG8環境大臣会合へのメッセージ」

 5月のイベント案内で紹介した連続イベントの中で、
大会宣言「バイオ燃料に関する市民社会からG8環境大臣会合へのメッセージ」というのが出されています。

−−−−−
 5月21日、東京・JICA地球ひろばにおいて、国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォーラム、NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク主催の「G8環境大臣会合に向けた国際市民フォーラム〜バイオ燃料は気候変動対策か?」が開催されました。
 会合に集った私たちは以下のような危機感・問題認識を共有しました。

・バイオ燃料ブームは原料となる作物の爆発的な需要拡大を生む可能性があること。これによる農地の急激な拡大により、乱開発、生態系の破壊、伝統的な土地利用との競合、農地や水の奪い合いといった状況が生じる可能性があり、一部は実際に生じていること。

・バイオ燃料ブームは、投機的な資金流入等と相まって、食料価格の高騰を生み出しており、貧困層など社会的弱者へ深刻な影響を与えていること

・バイオ燃料の中には気候変動対策に有効でないものも多く含まれているばかりか、森林の破壊や泥炭地の破壊により、森林や土壌に貯留されていた大量の温室効果ガスの排出を伴う場合もあること。

・単なる燃料の代替だけでは現在の地球の危機に対処するための根本的な解決にはならないこと、燃料削減のための需要側アプローチが引き続き重要であり、これを実現するためには包括的な都市・交通政策が必要であること

 このような議論を踏まえ、私たちはG8環境大臣会合に向けて、下記のメッセージを発信いたします。

・バイオ燃料の導入目標を再検討し、いったん上記の諸点を検討するためのモラトリアム期間を設けることが必要と考えます。

・洞爺湖サミットにおいて、持続可能なバイオ燃料の生産・利用のための基準づくりのための枠組みを議論すべきと考えます。

・国際基準づくりは、各国の市民・NGO等の公平かつ十分な参加のもと透明な手続きで行うべきと考えます。また、食糧問題、土地利用問題、エネルギー効率、生物多様性、交通対策、費用対効果など幅広い視点を考慮した上で検討を進めることが必要と考えます。

・各国は、現時点では基準づくりやバイオ燃料の環境社会的な影響評価のための研究に資源を投入すべきであり、食糧との競合や温暖化対策としての効果などが不明なままバイオ燃料の一括した促進のための補助金は再検討することが必要と考えます。

 以 上

2008年5月21日、東京広尾・JICAひろばにて。主催団体

−−−−−続きを読む
posted by おぐおぐ at 01:17 | TrackBack(0) | バイオ燃料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

自動車よりも食糧に−バイオエタノールの見直し

 世界食糧危機が始まっています。姉妹ブログ「ん!」の方で記事にしました。

洞爺湖サミットの前に緊急の食糧サミットの準備
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/forum2/13773.html

海外の食糧問題記事
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/forum2/13669.html

 海外では温暖化対策としてこれまで推進されてきたバイオエタノールの推進を見直す動きが今年1月のEUの目標設定頃から目立ってきました。

EU、バイオ燃料に慎重論・目標設定に再検討要求
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080419AT2M1500518042008.html

英首相、EUにバイオ燃料数値目標の見直し要求へ
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080422AT2M2202A22042008.html

バイオ燃料、トウモロコシ使わず・南ア農相表明
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080426AT2M2502E25042008.html


バイオエタノールWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB

IPS-Japanの過去記事
08/4/26アジア:コメ価格急騰で貧困悪化
http://www.news.janjan.jp/world/0804/0804255734/1.php
08/4/25北朝鮮:直面する食糧危機
http://www.news.janjan.jp/world/0804/0804245655/1.php
08/4/24バイオ燃料計画を中止したドイツ
http://www.news.janjan.jp/world/0804/0804235563/1.php
08/4/22南アフリカ:大規模農業は持続不可能
http://www.news.janjan.jp/world/0804/0804215368/1.php
08/4/21飢餓で爆発寸前の地域
http://www.news.janjan.jp/world/0804/0804205307/1.php
08/4/18科学者グループ、EUにバイオ燃料見直しを提案
http://www.news.janjan.jp/world/0804/0804175105/1.php
08/4/18ベトナム:コメはあるのに、米価上昇
08/4/18中国:食糧自給への回帰
08/4/17インド:FAO代表「食糧不足は非常事態」
08/4/13フィリピンの米不足
08/4/13新しい「緑の革命」へ向けて
08/4/11ノルウェー:世界種子貯蔵庫をNGOが警戒(全訳記事)
08/4/10新・食糧危機〜飢餓の新しい局面〜
08/4/08開発:国連の貧困削減目標に新たな危機
08/4/06ラテンアメリカの食料主権

後日記:
●JanJan映像:シンポジウム「穀物争奪戦:バイオ燃料と食料」
http://www.news.janjan.jp/world/0804/0804250726/1.php
が掲載されています。

同じくJanJanの取材記事:
世界的な食糧争奪戦が始まった今こそ日本農業再生の好機
http://www.news.janjan.jp/living/0804/0804225405/1.php

 緊急のオンライン署名(英文)も始まっています。
オンライン署名:制御不能な食糧危機
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/forum2/13847.html

同じく、国際的地球市民団体による食糧危機への迅速な対処を求める請願署名にご協力を!

 以下、これまでの「ん!」も含めた関連ブログ記事のリンクないし再掲をしておきます。続きを読む
posted by おぐおぐ at 09:12 | TrackBack(1) | バイオ燃料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

バイオ燃料についてのパブリックコメントを送りました

 バイオ燃料(E3、ETBE、BDF)関連のパブコメを作りました。
意見募集中案件詳細はこちら

 今日が締め切りのものでしたので、いろいろ考えて、結局、回り道をしている余裕はもうないだろうということで、E3、ETBEの取り組みを否定することにしました。

−−−
 総合資源エネルギー調査会石油分科会次世代燃料・石,油政策に関する小委員会中間とりまとめ(バイオ燃料の今後のあり方につい,て)に対する意見

経済産業省資源エネルギー庁資源・燃料部政策課 パブリックコメント担当 宛

[御意見]
・該当箇所(どの部分についての意見か、該当箇所が分かるように明記して下さい。)
1.はじめに
(現下のバイオ燃料導入に向けた取組)

・意見内容

 地球温暖化問題は、自動車文明が維持可能かどうか、が問われるほどの大幅な燃料消費削減を必要とする問題であるという認識に欠けている。

 仮に目先の京都議定書の目標達成をめざすためとしても、費用対効果が悪すぎるため、現下のバイオ燃料導入に向けた取組の推進は時間と政治的な資源の無駄である。
より費用対効果も高く即効性の見込める各種交通政策に対策の重点を移すべきであり、その旨を明確にするため、最大限3%の削減しか期待できないため政策的な措置を実施しないと方針転換を明言すべき。

・理由(可能であれば、根拠となる出典等を添付又は併記して下さい。)

 温暖化対策を劇的に強化しなければならないことは、例えば、

「ワシントンポスト紙でビル・マッキベンが350ppmを力説」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/12357.html
の中で、直ちに20年程度の大幅な吸収源過剰状態を起こすとにより大気中のCO2濃度をオーバーシュートから安定化濃度まで引き戻す必要があることが示されている。

 このハンセン博士の懸念の概要はこちらを参照のこと。
「NASAハンセン博士のNHK番組での発言録」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/12475.html

 「カーボンニュートラル」を実現するだけでは、このレベルの対策で求められているいわばカーボンマイナスは実現不可能であり、ましてや消費するガソリン全体の内のわずか3%しかカーボンニュートラルにできないのではおよそ5年以上先に継続する意味がない。
 バイオエタノールを実用化する意思があるのであれば、E85ないしE100の自動車のみが走る社会を実現させるべきであるが、その場合にはE3ないしETBEのインフラ整備を一旦行うことは二重投資の無駄でもあり、更なる移行への妨げともなるおそれがある。

−−−続きを読む
posted by おぐおぐ at 13:49 | TrackBack(0) | バイオ燃料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

「パーム油は環境にやさしい」と言わないでby地球・人間環境フォーラム

「パーム油は環境にやさしい」と言わないで
ライオン「新トップ」のCMに関する要請書を提出

というホームページがあります。

「パーム油を使用しているから環境にやさしい」というライオン社のCMの表現は正しいのでしょうか。

ライオン社からの返事もあったようで、それについてのコメントを募集していましたので、下記のようなコメントを作って送りました。

 実際のところ、バイオ燃料としてマレーシアがパーム油からのBDF(バイオディーゼル燃料)を大々的に開発しようとしている点の方がもっと問題だとは思っています。

ブログ:サステナ・ラボにこの関連記事があります。
「パーム油は環境に優しいと言わないで」
BDFにご用心!

後日記:
・国際環境NGO FoEJapanのプレスリリース
「エコ燃料(バイオマス燃料)の持続可能性について要請」
では、日本政府がブラジル等からバイオエタノールを輸入しようとしていることに対して基準を求めるメッセージを3団体共同で出しています。こちらもご覧下さい、激しく賛同ですっ!

「日経エコロジー」6月号で「バイオ燃料」に関するシステム思考的考察を紹介(チェンジ・エージェント)


パーム油のブリーフィング・ノート(背景説明資料)by地球・人間環境フォーラム続きを読む
posted by おぐおぐ at 11:00| バイオ燃料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。