2008年03月31日

暫定税率期限切れの前夜に−炭素税研究会のプレスリリース

 メーリングリストに流れていたのを転載しておきます。

−−−
【プレスリリース】
                      2008年3月31日
                      炭素税研究会

「ガソリン・軽油等の税率維持&一般財源化を!」
「地球温暖化防止の観点から、暫定税率廃止ではなく、税率強化を」

 「ガソリン国会」の議論を通じ、道路特定財源の無駄とともに、道路建設及びガソリン税等の暫定税率廃止による地球温暖化への悪影響が議論されるようになってきた。明日からガソリン・軽油等の税率が下がるのを目前に、道路特定財源の課税と使途に関し、炭素税研究会の見解を以下に示す。

(1)ガソリン・軽油等の税率は維持すべきである。税率を引き下げることは地球温暖化防止の観点から問題である。

(2)道路特定財源は一般財源化すべきである。巨額の財源を、クルマを有利にする道路整備関連にのみ使うのは問題である。

(3)2009年度から炭素税(環境税)を導入すること。CO2削減のためにガソリン・軽油等の化石燃料価格を上昇させることを求める。

趣旨
・日本の2006年度の温室効果ガス排出量は基準年(1990年)比6.4%(速報値)も増加、政策強化が進まない一方で、温暖化防止に逆行する政策が提案されている。

・政府与党は、税率維持の主張は理にかなっているが、自動車輸送量を増やしかねない道路建設に固執してきたことは、地球温暖化防止に逆行し、問題が大きい。福田首相が2009年度からの一般財源化を表明したのを受け、同年度からの全額一般財源化を確実に実施すべきである。

・民主党案は、@無駄な道路予算の削減、Aガソリン税を含む道路特定財源諸税抜本改革など、理にかなっている面もあるが、暫定税率廃止でガソリン・軽油等の税率を引き下げる事で、地球温暖化防止に逆行し、問題が大きい。

・ガソリン・軽油等の税率を維持したまま道路特定財源は廃止して一般財源化し、その後すみやかにそれに上乗せする形で炭素税(環境税)を導入すべきである。

*私たち炭素税研究会は、炭素税/環境税の制度設計に関する制度案を提示している。
http://www.jacses.org/paco/carbon/carbontax_ver6.pdfを参照ください。
**参考として、EUのCOMETR研究は「環境税制改革」の経済浮揚効果を実証している。

【炭素税研究会】
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、気候ネットワーク、グリーン・フォワード、WWFジャパン等のNGOメンバー、研究者、税理士、企業人等で構成。地球温暖化に対処する炭素税の早期導入に向け、研究・提言活動を行う。

【本件に関するお問い合わせ先】
 「環境・持続社会」研究センター(JACSES) 担当:足立治郎 TEL:03-3556-7323 E-mail: adachiアットマークjacses.org URL:www.jacses.org
 気候ネットワーク 担当:畑直之 TEL:03-3263-9210 E-mail: tokyoアットマークkikonet.org URL:www.kikonet.org
−−−続きを読む
posted by おぐおぐ at 17:30 | TrackBack(0) | 炭素税/環境税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

スティグリッツによるスターン卿報告書の読み方

 英ガーディアン紙のcommentisfree欄より、スターン卿の前に世銀のチーフ・エコノミストをしていたジョセフ・スティグリッツ氏の論説を紹介しておきます。
Snowballing costs
http://commentisfree.guardian.co.uk/joseph_stiglitz/2006/11/a_cool_calculus_of_global_warm.html

「この報告書は、もはや地球温暖化対策で何かをする余裕があるかどうかではなく、しないという贅沢がありうるのか、が問われている事を明らかにした。」

「報告書では温暖化のコストを以前の研究よりも高く見積もっている。地球温暖化が複雑で非線型のプロセスであるため、以前に考えられていたよりもずっと速く、よりひどく温暖化する可能性が無視できなくなっているためである。」

「とはいえ、この研究もコストを過少評価しているだろう、たとえばメキシコ湾流の停止ないし大きなシフトや疫病の蔓延といったことがらを。」

「私が95年に発表されたIPCCの第二次報告書作成に参加していた時分には、北極の海氷が現在のような溶け方をするとはほとんど誰も考えていなかった。」

「将来の温暖化の規模が不確実だから何もしなくて良いという者もいる。が、不確実性ならなおさら断固とした対策が必要だ。科学者の友人が例えたように、山道をドライブしていて、崖が近づき、ブレーキが壊れるかもしれない車に乗っていて、霧が出てきたなら、多かれ少なかれ注意深く運転するものじゃないか?
地球温暖化というのは、科学者の共同体の方が大衆よりもより起こることに怯えているという稀な例だろう。」

 その後は持論でもあるグローバルな炭素税への転換(グッズつまり労働や貯蓄への課税を減税しバッズつまり公害へ課税するという税制改革)を唱えています。
posted by おぐおぐ at 21:14| 炭素税/環境税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

経産省は炭素税反対の合唱の振り付け師

炭素税(名前は環境税)の導入を進めようとしている環境省と、産業界の守護神を自認している?経済産業省とのせめぎあいが国会の場で行われていることを、議員自らが貴重な証言をしていましたので一部を抜粋して紹介しておきます。

3月24日の衆議院環境委員会のビデオライブラリインターネット配信
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=29810&media_type=wb〈=j&spkid=11769&time=00:08:16.4
より要旨のメモを取ったものを以下に紹介します。
----
馬渡龍治(まわたりたつはる)議員(自民党)
…昨年、原油が高騰したときに、ガソリンの値段が当然上がりました。ところが消費が落ち込まなかったことを取上げて、環境税を導入してもこれと同じようなことで効果がないんじゃないかということを経済産業省の方から聞いたことがあるが、いまでもそういうお考えをお持ちなのか、簡潔にお願いいたします。

深野(経済産業省大臣官房審議官)
 環境税の件、まず私ども京都議定書の目標達成計画において排出量の削減をするためいろいろな施策が講じられております、をまず着実に実施していくことが大変重要であって、また計画でもきっちり評価するとなっています、まずこういったことを行った上でさらに目標達成のために何がもっとも効果的手段なのかということを十分検討を行っていくこと必要。
環境税は総合的に検討していくべき課題となっていますが、私どももそのように考えております。

馬渡
 ちょっと私の質問と答えずれたかと思う。続きを読む
posted by おぐおぐ at 21:28| 炭素税/環境税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

再々掲11/15炭素税シンポ案内

 もう明日の会合となりました。出席議員の顔ぶれが決まりましたので、最終版を紹介します。

 以下末尾まで転載しておきます。

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★☆

    JACSESシンポジウム2005                       
        
「環境税と特別会計のデザイン」
〜地球温暖化防止のための環境税/炭素税と
道路特定財源・エネルギー関連特別会計〜
政党・省庁・NGOの検討状況を共有し、共に考える
      

★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★★☆★☆続きを読む
posted by おぐおぐ at 15:53| 炭素税/環境税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

炭素税は国際競争力を阻害するのか?

または、【本の紹介】経済対立は誰が起こすのか

【コメント】
「私は、通産省の「産業政策」なるものは、わたしの言う「業界保護主義」、すなわち業界と官僚の連携による権益維持を、「政策」なる言葉によって粉飾したものであったと考えている。それは日本経済にとっては、多くの場合に意味のないものであり、時には有害なものであった。」P.200より
「なぜなら、「比較優位」の考え方によれば、特定の産業を「優位」にすれば、別の産業は「劣位」になるのだから、ある産業を優遇してその「国際競争力を強化する」ことは、別の産業の「国際競争力を弱体化させる」ことに他ならないからである。つまりそれは、単に一国の比較優位構造を歪めるだけにすぎない。」P.202より

 つまり、国内の(現在の)輸出企業の国際競争力という定義すらされていないものを守るためには、炭素税を掛けるなどの政府の介入はできないのだ、という日本経団連の会長の主張はトンデモ本の世界観であり、そんなものを支持する(まともな)経済学者などどこにもいないのだ、と言っていることになります。

 さしずめ、いつぞや紹介した「円デフレ」 の本などはトンデモ話の最先端だ、とばっさり斬って捨てられるところでしょう。続きを読む
posted by おぐおぐ at 16:04| 炭素税/環境税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

国会での炭素税論議の紹介

特別国会でも衆参両院で環境委員会が開催されています。
 そのうちの、10月14日衆議院環境委員会より、国内の温暖化対策の中から炭素税関連のやりとりをテープ起こししたものを以下に紹介します。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib2.cfm?u_day=20051014
より続きを読む
posted by おぐおぐ at 15:50| 炭素税/環境税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

炭素税についての世論はどこを向いている?

 今日の地方紙を読んでいると、「地球より家計」「環境税反対32%」と表題が踊っています。
内閣府が行った世論調査で、賛成は24.8%、どちらともいえないのが35.5%だということで、「負担懸念 賛成上回る」という副題がついています。

 これはあかんなー、「かくも長き炭素税導入への道」という記事を少し書いてみようと思い立ちましたが、すると以前はフォローしていたつもりの過程をほとんど頭の中から叩き出していることに気がついてしまいました。


 しょうがないので、内閣府のホームページへ飛ぶと、10月1日の発表記事はまだ掲載されていません。いつものGoogle検索をかけると、1997年の世論調査がひっかかりました。続きを読む
posted by おぐおぐ at 15:32| 炭素税/環境税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。