2008年03月30日

日本政府の試算は59兆円も丼勘定

 頭がクラクラしてきました。

どうしてテレビ局はどこも、この問題を報道していないんだろう。

 政府予算がこういう丼勘定であるなら、温暖化対策の積み上げなんぞ、なんの意味もないでしょう。言いたかないけど経済産業省の52兆円という取らぬ狸の皮算用は、国土交通省のこういう予算消化方式を見習っての試算であると言わざるを得ません。


 民主党の岡田克也議員の2月28日の衆議院予算委員会質疑より。

−−−
○岡田委員 もう時間も余りありません。中期計画の補足資料をやろうと思ったんですが、時間がないので一つだけお聞きしたいと思います。
 この基幹ネットワークの整備、五十九兆円ベースで二十二兆円について、私はその内訳、根拠を問うたわけですけれども、結局返ってきたのは、十九年度の実績値を十倍して、それにコスト縮減分を減額して算定しているというのがこの資料の説明なんですね。つまり、内訳があるんじゃなくて、十九年度予算を単に十倍しただけだ、そして一定の削減をかけたと。これでは内訳を示したことにならないんですね。六十五兆を五十九兆にして六兆円減らしたことの、そのうちの基幹ネットワークの整備についての減額の理由というのは。結局、具体的な積み上げがあるんじゃなくて、単に十九年度掛ける十、こういう計算でそもそも基幹ネットワークのところをはじいていたということが、今回、明示的には初めて明らかになったんですが、ということは、やはり五十九兆も六十五兆もそういう形で計算しているということですか。具体的な内訳はないということですか。続きを読む
posted by おぐおぐ at 15:49 | TrackBack(0) | 交通政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

道路特定財源問題に関する見解

 道路建設のための特別会計の財源となっている自動車関係税の減税話が、政治の議題に乗ってきているようです。昨夜は少なくとも3つの民放テレビ番組で紹介していました。

 分野としては3つの次元での対立軸がそれぞれ別に起こっているかと思います。

●1.暫定税率廃止←×→維持

 原油高騰もあり、30年以上も続いてきた揮発油税の中の暫定税率を廃止することが第一の論点となっています。(もともと期限付き立法だったので、来年3月末の期限切れを前に延長の法律改正を可決・成立させなれば廃止となるため)

 民主党のチラシによるとこれでガソリン価格が25円安くなるはずとしています。
TBS調べの世論調査では
 ガソリン価格高騰を重視しやめるべき…79%
 税収不足を重視し続けるべき    …19%
です。特に、総計の中で98%もの人が回答した、つまり「分からない」と答えた人の少なさは重視すべきです。
 世論の意思はそれぞれ堅いと見るべきでしょう。

 ガソリン高騰の折、一回限りの自動車ユーザー向けにアメをあげよう(とはいえ今後取立てをしないだけですが)という提案です。

・廃止派
 民主党が政治論争を仕掛けるために廃止を提案して、キャンペーンも始めました。

・維持派
 自民党は道路(土木建設)族と財務族の声が高く、自動車族の声はかき消された感があります。3月末までに予算関連法案を通すことを決定しています。
 民主党の中の土木業界とつながりのある議員は造反覚悟で維持を主張するつもりのようです。

 さて、実際に3月までの国会で議論されるかどうかは別にして、以下の二つの論点も以前から根強くありました。続きを読む
posted by おぐおぐ at 00:20 | TrackBack(3) | 交通政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

静岡⇔羽田間の飛行機を飛ばす贅沢

たまには国内の話題でも。
今朝、日テレ系列のテレビのニュースバラエティ番組で、静岡空港の建設問題について、無駄な公共事業という視点から特集をやっていました。

空から見てぎょぎょっとする「滑走路のど真ん中に聳え立つ山」なんてのがありましたが、別に土を盛って山を作ったわけではなくて、周辺の山と谷が削られてすでに真っ平らにしてしまっているわけですが。
山の地権者は支援者に立ち木を一本いくらで買ってもらう「立ち木トラスト」運動をして買収を拒否していて、強制収用騒ぎになっているとのことでした。

・朝日:未買収地収用へ県が裁決を申請

ストップ・ザ・空港!空港はいらない静岡県民の会
のHPより、一部引用しておきます。続きを読む
posted by おぐおぐ at 10:47| 交通政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

自動車のステイトオブアート

 先週は親父のお供で、2泊3日で高野山参りをしてきました。
親父が定年退職してからぼちぼち回っていた四国八十八ヶ所めぐりも残り3ヶ所で結願となっていたので、まばらに残っていたお寺を結んで、それぞれで納経をしてもらってから、徳島港から和歌山県の高野山へフェリーで往復して、最後の高野山奥の院まで一気にお参りをすませてきました。

 世界遺産にもなっている宿坊で朝早くから読経三昧というのもちょっともう高血圧の心配をするくらい寒くて、秋も深くなってきましたが、まだ紅葉はほとんど始まっていませんでした。まあ休日ということもあるのかもしれませんが宿坊は泊り客で一杯でしたので、お参りの人気もまだまだ不滅なんでしょう。

 使ったのは親父の車なんですが、スズキ・ツインのガソリンエンジンタイプです。丸い目玉が特徴的なちっちゃな2人乗りの軽自動車です。昔々家で乗っていたスバル360の雰囲気があって、最近は街でも少しく見掛けます。続きを読む
posted by おぐおぐ at 15:57| 交通政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

アメリカの自動車業界も様変わりin N.Y. Times

 ハリケーン・カトリーナとリタの後の石油の供給不安と価格高騰をうけて、長年の石油産業の友人であるGlobal Warming (George W.) Bush大統領もさすがに自動車に乗るのを控えてガソリンを節約するようテレビで呼びかけました。
京都議定書に反対と明言した4年前にはチェイニー副大統領が「節約は個人的な美徳ではあっても、政府が呼びかけるようなものではない」と言っていたことからすると様変わりです。

 今日は米国の自動車業界の異変、いわば緩やかな第三次石油ショック、について以下の記事より紹介します。

----
ニューヨークタイムズ「大型SUVの販売ダウン、ガソリン価格が足を引っ張る」
Big S.U.V.'s Lag in Sales, Hindered by Gas Cost
By DANNY HAKIM
Published: October 4, 2005続きを読む
posted by おぐおぐ at 15:35| 交通政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

自動車文明から自転車文明へ移行できるか

そういえば体育会系でした

 今はマウンテンバイクやら折りたたみチャリでのんびりとしか走りませんが、大学時代にはサイクリング部に入って、夏休みにはよく信州や北海道、東北地方へとキャンプ旅行をしていました。

 またノンストップタイムトライアルで6百キロメートルとか走ってみて、意外と人間というのはタフなもんだなあ、と思っていたことがあります。(自分の足で42キロを走るというのも、そちらの方がとてもできそうにないと思うわけですが、それは僕が試してみたこともないからでしょう。)

 その当時イバン・イリイチの「エネルギーと公正」という本を読んだことを思い出します。(先日「石油ショック時のエコライフ提案を見返す」で紹介の国民生活審議会の中でも誰か委員の意見でイリイチに触れていました。)
 イリイチの産業社会批判で読ませたのは、自転車と自動車の違いということで、持つものと持たざるものの間の不平等を高める自動車と、人間の可能性を等しく引き出せる自転車は、同じような技術で構成されていても別の種類の機械だ、という主張だったかと思います。

産業化のジレンマ続きを読む
posted by おぐおぐ at 11:32| 交通政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。