2005年09月24日

SF小説の紹介:恐怖の存在

【タイトル】恐怖の存在(上・下) ”State of Fear”
【著  者】マイクル・クライトン 酒井昭伸訳
【発  行】早川書房
【発行年月】2005年9月15日
【ページ数】下巻p.414
【判  型】
【定  価】下巻1700円+税
【ISBN】下巻ISBN4-15-208669-6
【種  別】SF小説
【分  野】地球温暖化、
【検索キー】温暖化の科学、気象兵器、津波、メディア複合体
【目  次】
5.濁流
6.青紋
7.解決
作者からのメッセージ
付録1政治の道具にされた科学が危険なのはなぜか
付録2グラフのデータ元
訳者あとがき

後日記:朝日新聞での書評がありました。

【コメント】続きを読む


posted by おぐおぐ at 15:14| 温暖化懐疑派・否定論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

「地球温暖化問題の歪曲(前編)」in田中宇の国際ニュース解説についてその2

「地球温暖化問題の歪曲(前編)」in田中宇の国際ニュース解説についてその1

からの続きです。
 早速各論に入ります。(点線ではさんだ部分は田中氏文章よりの引用)


2−2.▼1週間後の天気予報も当たらないのに・・・について続きを読む
posted by おぐおぐ at 13:14| 温暖化懐疑派・否定論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「地球温暖化問題の歪曲(前編)」in田中宇の国際ニュース解説についてその1

◆田中宇:地球温暖化問題の歪曲(前編)
http://tanakanews.com/f0827warming.htm

の記事が温暖化懐疑論へのヨイショ記事になっているのでここで批判をしておきます。
(よそのHPの批判なんてどうなることやら。)

以下、コメント部分を★印をつけて紹介します。上の元文も参照しながらお読みください。



1.記事のスタンス自体の問題続きを読む
posted by おぐおぐ at 13:05| 温暖化懐疑派・否定論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

化石燃料ニセ情報キャンペーン(その2)

同じく、"Heat is On"lineより、
大石油会社石炭会社によるニセ情報キャンペーンの短い歴史
The Disinformation Campaign of Big Coal and Big Oil -- A Short History
の最近の紹介記事から、紹介部分だけを訳しています。詳細は英文の原文をお読みください。このシリーズは続く…かな?

 エクソンモービル社、気候変動にあっかんべ
(THE WALL STREET JOURNAL, June 14, 2005)
 続きを読む
posted by おぐおぐ at 11:23| 温暖化懐疑派・否定論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

化石燃料ニセ情報キャンペーン(その1)

米国の「The Heat in On」line という本の紹介のホームページは、米国でいかに温暖化の科学論争を巡って政治的な綱引きが行われているか、を新聞記事を交えて紹介しているページです。

そのニセ情報キャンペーンについての解説とも言える、
大石炭会社のニセ情報(Disinformation)キャンペーン
化石燃料ニセ情報キャンペーンの起源と短い歴史
The Disinformation Campaigns of Big Coal -- A Short History
Origins of Fossil Fuel Disinformation Campaigns

を以下に仮訳しておきます。続きを読む
posted by おぐおぐ at 11:20| 温暖化懐疑派・否定論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

地球温暖化&対策への懐疑論について

 地球温暖化問題(あるいは京都議定書の路線)についての懐疑論、反対論がWebサイトにもいろいろ出ているかと思います。複数の種類に分かれているので、ジャンル分けをして順次紹介をすることにしてみたいと思います。


1.温暖化の科学の是非はさて置いて、対策の(経済的)悪影響から、対策の実行可能性を否定するもの 続きを読む
posted by おぐおぐ at 11:04| 温暖化懐疑派・否定論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。