2009年02月07日

最強のロビイスト、アル・ゴアによる米上院での証言

 350.orgに記事がありました。

Al Gore Testifies Before US Congress
http://www.350.org/en/about/blogs/al-gore-testifies-us-congress#
Submitted by Phil on Thu, 01/29/2009 - 09:21.

 この記事が書かれた前日、米連邦上院の外交関係委員会(委員長ジョン・ケリー)でアル・ゴアが、来るコペンハーゲンCOP15気候変動交渉が内政外交の米国の政策に与える影響に関する証言を行ったとのことです。

証言の原稿(全然つながりませんが)
http://foreign.senate.gov/testimony/2009/GoreTestimony090128p.pdf
 (日本語仮訳を作りました。)

ビデオ(全然つながりませんが)
http://www.senate.gov/fplayers/CommPlayer/commFlashPlayer.cfm?fn=foreign012809&st=435
ユーチューブはこちら。Al Gore Testifies in Senate on Repowering America
</param></param></param>

 オバマ新大統領の就任一週間後のこの時期にヒアリングが行われること自体が、オバマ政権が気候変動問題を重視していることの証明になっている、と分析しています。
オープニングで、”Instead of business-as-usual, Kerry called for the "greening of Foreign Policy," and a domestic cap-and-trade program.”とのこと。

 ゴアは、不都合な真実のスライドの最新版を示して、近年の科学的知見が状況の悪化を示しているとし、ポズナニ会合に続いて、350ppmの大気中CO2安定化濃度目標を新たに設定することを求めました。”The more the evidence comes in, the more we see 350ppm is the appropriate goal"”
 そして、このポスト2012の気候交渉に今年の内に合意を得ることの重要性を強調したとのこと。

 350.orgの記事の最後の締めは以下のようなものでした。
”Gore's testimony was the opening salvo in a congressional battle over domestic and international climate legislation that will no doubt rage over the next two years. It's up to us, the grassroots and community climate activists, to make sure our leaders, from members of congress to MPs, from Senators to Prime Ministers and Environment Ministers sense the urgency of the issue and take action.”
「ゴアの議会証言は、今後2年間の間激しく行われる国内、国際的な気候法制に関する連邦議会での闘争の幕開けの一斉射撃であった。議会議員から首相たち環境大臣たちなどまで、我々のリーダーたちがこの問題の緊急性を感じとり行動をとることを確かにするのは、私たち草の根とコミュニティの気候活動家の働きに掛かっている。」

 さあて、ゴアさんのいない日本の私たちはどうしましょ?

ワシントンポスト紙の記事
Gore Delivers 'Inconvenient Truth' Lecture to Senate Committee
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/01/28/AR2009012802691.html?wprss=rss_politics
posted by おぐおぐ at 10:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 気候カタストロフィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

「オバマさん、あなたの期限は4年間です」ジム・ハンセン

Guardian:President 'has four years to save Earth'
http://www.guardian.co.uk/environment/2009/jan/18/jim-hansen-obama

 少し前には8年間と言っていたはずなのに…。

NASAのジェームズ・ハンセンが新しいボス、オバマ新大統領に、地球を救うにはあと4年しか猶予期間がない、と指摘したということです。

 今日の英ガーディアン紙の記事ランキングでトップになっていますね。

インタビューの全文(英語)はこちら。
http://www.guardian.co.uk/environment/2009/jan/18/obama-climate-change

 ハンセンは炭素税派の立場を取って、ユニラテラルな炭素税の導入と、貿易規制とからめて炭素税の全世界への波及を目指すべき、としています。
 国内排出権取引はグリーンウォッシュ(緑の偽装)である、として、ポスト京都でも弱い国際合意ができるよりは決裂したほうがまし、としています。

ウーム。

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 気候カタストロフィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

帰ってきたコメント部屋

 全記事へエロサイトへのリンクをはって回るというコメント攻撃に耐えられず、コメントをつけていただく専用の記事を立ち上げて、他の記事はすべてコメント不可とさせていただきます。

 ここにコメントをください。
posted by おぐおぐ at 17:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 気候カタストロフィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

最新のティッピングポイント評価報告米国版

 いわゆる気候カタストロフィ、急激な気候変動に関する米国政府編集のレポートが12月15日に公表されています。

プレスリリースはこちら。
http://www.climatescience.gov/Library/sap/sap3-4/final-report/sap3-4-press-release.pdf

 関連の紹介記事が2件出ています。
Abrupt Climate Change: Will It Happen this Century?
http://www.sciencedaily.com/releases/2008/12/081227225501.htm
−−−
 この評価は米国地質調査所USGSが主導して、連邦政府と学会の気候研究者が著し、米国気候変動科学プログラムが、NOAAとNSFの協力の下に発行した。
 公表された科学文献を評価したこの報告書では、今世紀の地球温暖化の結果起こる急激な気候変動について以下のように述べている。

*気候モデルのシミュレーションと観測によると、、21世紀には急速で持続的な9月の北極海の氷の消失が起こる。

*米国南西部は、急激な干ばつ期間の増加がすでに始まっているかもしれない。

*地球の気候システムにとって重要な影響を及ぼす、大西洋の上層の北向きの海流が約25-30%低下することはかなり起こりうる。しかしこの大循環が崩壊するとか、21世紀の間に急激に減少するということは非常にありそうにない。

*急激な海面上昇は起こりうるものの、現在の気候モデルの能力不足のため、予測量はかなり不確実である。

*強力な温室効果ガスであるメタンの地表から大気への急激な放出はありそうにない。しかしメタンの排出率の上昇はかなり起こりうる。
−−−

Abrupt climate shifts may come within decades
http://timesofindia.indiatimes.com/Developmental_Issues/Abrupt_climate_shifts_may_come_within_decades/articleshow/3868822.cms

−−−
 この研究の位置づけ
”多くの研究者が今では、自然のシステムにおける急激な大災害のスイッチが入り、現在の定常的な地球気温の上昇を破裂させるかもしれない可能性を認めている。
 しかし、そのような劇的な新たな状態へジャンプする「ティッピング・ポイント」の確率とタイミングについては論争がある。
 新たな報告書では、21世紀における4つの個別の脅威に関する最新の公表された知見を統合している。
 この報告書では頻繁に引用されているIPCCの2007年報告書には利用できなかった研究を用いている。「この研究は一番のアップデート版で、IPCCがそのデータを集めた後に発表されたデータを用いている」とラモント・ドハティー大の研究者で主著者のエドワード・クックは述べている。”

 分かったこと
”研究者たちによれば、IPCCによる2100年における海面上昇2フィートの最大値は越えるかもしれない。なぜならば新たなデータは極域の(陸地の)氷床の融解が加速していることを示しているためである。
 とりわけ、南極の氷床は全体の質量が減少しているという良質なデータがある。
 また、報告書によれば、もし最近の極域の氷が予測を超えて溶けている状態が続くならば、海面は急激に上昇し、また米国の西部の干ばつが恒久的なこの地域の乾燥化の始まりでありうるとしている。”
−−−
posted by おぐおぐ at 10:48 | TrackBack(1) | 気候カタストロフィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

お正月の温暖化関連特番

ワールドウォッチ研究所の同報メールより転載しておきます。

−−−
●お知らせ:レスターブラウン放送のお知らせ(予定)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 レスター・ブラウン氏が以下のテレビ番組に登場します。
 
 ★2008/12/29 夜7:30〜、NHK総合テレビ
  レスター出演は2部の夜9:00〜
  SAVE THE FUTURE年末スペシャル
  第2部「ようこそ低炭素社会へ!」
  http://www.nhk.or.jp/savethefuture/program.html
 
 ★2008/12/30 朝8:00〜9:30、朝日ニュースター
  「地球温暖化と人類文明の危機」(再放送)
  (6月7日開催の2008環境フォーラムin金沢から)
 
 ★2009/1/2 夜7:10〜9:00、NHKBS1
  環境学者レスター・ブラウン 藤原紀香が聞く“低炭素社会への道
  http://www.nhk.or.jp/bs/teigen/
  再放送
  BS1 1月3日 午前10:10〜午後0:00
  BS1 1月17日 午後1:10〜3:00
世界のキーパーソンに徹底インタビューする「未来への提言」。
人類の命運を握るポスト京都議定書の枠組みを決める2009年の新春、
環境学の第一人者レスター・ブラウン氏(74)に藤原紀香さんが「低
炭素社会のつくりかた」を聞く100分のスペシャル版。1974年にワー
ルドウォッチ研究所を設立したブラウン氏は、膨大なデータを元にグロ
ーバルな視点から環境・経済・社会を分析、「地球白書」を発表するな
ど世界のリーダーたちに大きな影響を与えてきた。“未来の予言者”と
も言われ、2005年、「バイオ燃料の増産の結果、車と人がトウモロ
コシを奪い合うことになる」と警告、ことし世界は未曾有の食糧危機に
直面した。ブラウン氏は、2020年までにCO2排出量の80%削減
は可能だと主張し、“エコ・エコノミー”を提唱している。番組では、
藤原紀香さんのニューヨーク・エコレポートや、デンマークの自然エネ
ルギー100%の島、中国山東省のソーラータウン、日本の電気自動車
など世界各地の先進的な取り組みを交えながら、低炭素社会の未来像と
実現への道筋を考える。
 
 ★2009/1/3 午後2:30〜4:00、朝日ニュースター
  「地球温暖化と人類文明の危機」(再放送)
  (6月7日開催の2008環境フォーラムin金沢から)
−−−
 昨晩も真夜中に、NHKの各ジャンルの論説委員が集まって擬似討論会のような形で解説をする番組がありました。テープ起こしを昨年の番組↓に続いてしておきたいと思います。
NHKの朝まで番組で温暖化問題討論
NHKの朝まで番組で温暖化問題討論その2続きを読む
posted by おぐおぐ at 23:44 | TrackBack(0) | 気候カタストロフィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

G8のリーダーへ350ppmの新目標設定を求める署名

後日記:
テルベリフォーラムで、350ppmでの安定化を求めるコンセンサス決議が採択されたそうです。(ぬりさん、Thank you)

 同フォーラムが今年6月23日のフィナンシャルタイムズ紙、ニューヨークタイムズ紙、インターナショナルヘラルドトリビューン紙に掲載した広告の紹介動画はこちら。
</param></param></param>
すっごい広告の力ですねー。
 日本語の新聞には掲載されてない(ここにも英語の壁がー)ですが、トライするのは金銭面で怖すぎますね。(ん千万円くらいかかりそうです。)


”We, the signatories of this message from all continents, call upon all nations in the ongoing climate negotiations to adopt 350 as the target to be reached peacefully and deliberately, with all possible speed.”
以下署名者、団体の顔ぶれをみると、かなりごった煮ですね。
 
Poonam Ahluwalia, President, Youth Employment Systems
Pindarous W.T. Allison West Africa Coordinator, Youth Employment Systems (YES)
Dennis Altman, Professor
Peter Anderberg
Ray C. Anderson, Interface
Thomas Andersson, President, Jönköping University
Gunilla Arhen, Ruter Dam
W. Brian Arthur, Economist, Santa Fe Institute(複雑系研究)
Alan AtKisson, President, The AtKisson Group(持続可能性コンサルタント)
Brian Bacon, Founder & President, Oxford Leadership Academy
Graham Barnes, Ph.D., psychotherapist, author
Steve Bass
Héctor Castillo Berthier
Göran Bexell, Vice-Chancellor, Lund University
Mihir R. Bhatt, Director, All India Disaster Mitigation Institute
Peter Blom, CEO, Triodos Investment
David Blood, Generation Investment Management
Nicole-Anne Boyer, Managing Director, Adaptive Edge
Derek Brown, Peace Appeal Foundation
Karin Bruce
Dan Brändström
Göran Carstedt
Per Carstedt
Robert Charpentier, CEO, Kaupthing Bank Sverige AB
Nayan Chanda
David Chaytor, MP Bury North
Göran Collert
Napier Collyns
Audrey Codera, Youth Works Inc.
Robert Corell
Hilary Cottam, Participle
Alexander Crawford
Tom Cummings, Chairman, Executive Learning Partnership
Bei Dao, Poet, Professor of Humanities, Chinese University of Hong Kong
Professor Ogunlade Davidson
Avril Doyle, MEP
Gwynne Dyer
Bo Ekman
Göran Ekman
Sara Ekman
Kristin Engvig, Founder, Women's International Networking, WINconference
Profs Alice and Bob Evans, Plowshares Institute
Tim Flannery(豪州の科学者/ライター)
José María Figueres Olsen, Ex-President of Costa Rica
Ulla-Britt Fräjdin-Hellqvist
M.Shafik Gabr, Chairman & Managing Director, ARTOC Group for Investment & Development
Yubaraj Ghimire, Editor, Samay/Newsfront Kathmandu
Marilou van Golstein Brouwers,Managing Director, Triodos Investment Management
Luis Gomez-Echeverri
Lennart Grebelius
Hal Hamilton, Sustainability Institute
KG Hammar
Dongfang Han
James Hansen(NASAのジム・ハンセン)
Molly Harriss Olson CEO, President Clinton's Council on Sustainable Development
Satu Hassi, Member of the European Parliament
Martin Hedberg, Swedish Weather & Climate Centre
Pär Holmgren, Meteorologist
Thomas Homer-Dixon, Professor, University of Toronto
Will Hutton
Ross Jackson, Gaia Trust, Denmark
Bianca Jagger, Chair, World Future Council(ビアンカ・ジャガー)
Oliver James, Psychologist, author of Affluenza
Alexander af Jochnick
Colin Vivian Jones
Bill Joy, Partner, KPCB
Carin Jämtin
Koosum Kalyan
Madhu Kishwar
Niclas Kjellström-Matseke, CEO, The Swedish Post Code Lottery
Igor Kluin, Founder Qurrent
Shulamith Koenig, Founding President- PDHRE, People's Movement for Human Rights Learning
Jules Kortenhorst
Anna Langenius
Charles Laroche, Laroche Conseil
Alejandro Litovsky, Volans Ventures
Christine Loh, CEO, Civic Exchange, Hong Kong
Prof. Jack Lohman, Director, The Museum of London
Augusto Lopez-Claros, Ph.D. Director, EFD - Global Consulting Network
James Lovelock(ラブロック博士)
Caroline Lucas, Member of European Parliament, Green Party(欧州議会議員)
Mark Lynas(科学ライター、「+6℃」)
Dirk Messner, Director, German Development Institute
Fred Matser, Founder/Chairman Fred Foundation
Anand Mahindra
Manfred A. Max-Neef, Professor of Ecological Economics, Universidad Austral de Chile.
Jacqueline McGlade, Professor
Bill McKibben(科学ライター、「自然の終焉」)
John Morelli, McCarthy Chair, Rochester Institute of Technology
Ieva Morica
Carl Mossfeldt
Herman Mulder
Geoff Mulgan
Robert Myall, Chairman, Nanyuki River Water Association
Carlos Nobre
Cecilia and Lars Nordstrom
Karl-Erik Norrman, Sec-Gen, European Cultural Parliament
Harald Norvik
Paul O'Hara
Rebecca Oliver
Hans-Olov Olsson
Marcello Palazzi
Anthony Patt, International Institute for Applied Systems Analysis
Göran Persson, former Prime Minister of Sweden(前スウェーデン首相)
Iqbal Z. Quadir, Founder, MIT Legatum Center
Sigrid Rausing
Ralph Rayner, London School of Economics
Pierre Rehnlund
Howard Rheingold
Mike Robinson, Chair of Stop Climate Chaos Scotland
Johan Rockström
Yasuhiro Sakakibara
Mohammad Sammak
Leena Srivastava Executive Director TERI
Peter Schwartz
Michael Schragger, The Forum For Design & Sustainable Enterprise
Dr. Ismail Serageldin
Clare Short, MP
Anthony Simon
Jens Martin Skibsted, Creative Director of Skibsted Ideation/Biomega
Youba Sokona
Paolo Soleri, Arcosanti
Hans Sollerman CEO, e-man AB
Jaap Spier, Prof. Dr, Netherlands Supreme Court
Ingrid Srinath, CIVICUS
Grace K and John R. Stanek, Stanwood Associates
Caroline Stiernstedt Sahlborn
Alan Stoga, Zemi Communications
Ira Sundberg, Sustainable Sweden Association
Uno Svedin
Sverker Sörlin, Professor of Environmental History, author
Pedro Tarak, Fundacion Avina, Panama
Camilla Toulmin
Domien Van Gool, Founder, Leader Academy
Sasa Vucinic
Denny Vågerö, Professor, Centre for Health Equity Studies
Professor Judi Wakhungu (ACTS-Nairobi)
Dr. Marc A. Weiss, Chairman and CEO, Global Urban Development, Washington, DC
Anders Wijkman
Lawrence Wilkinson, Chairman, Heminge & Condell
James and Eva Wine
The Wirth Family
Frank Wisner, Vice Chairman, External Affairs, American International Group
Xu Sitao, Chief Representative, China The Economist Group
Oran Young, Bren School, UC Santa Barbara
Andreas Zachariah
Niklas Zennström, Co-founder Atomico, Joost, Skype
Zou Xinqing, Professor

American Indian Institute
China Labour Bulletin
Ejendals AB
e-man
The Foresight Group AB
Generation Investment Management LLP
Good Energies
H & M Hennes & Mauritz AB
The Lemelson Foundation
Living Partnership, International NGO (Belarus)
Mahindra & Mahindra Limited
NTR plc
Schweisfurth Foundation, Munich
Sundaram Tagore Galleries
The Swedish Post Code Lottery
The David Suzuki Foundation
Triodos Bank N.V.
Vsemirnyi Fond Prirody
350.org
European Environment Agency
Stockholm Environment Institute
Tällberg Foundation
−−−

●もう一つ前に、350.orgのオンライン署名というのもあります。
 350.orgで、G8サミットへのオンライン請願文を送ろう、という呼びかけがされていましたので転載しておきます。

−−−
Send an e-Postcard(G8への報告:世界は立ち上がっている)
http://www.350.org/ja/about/blogs/g8%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%A0%B1%E5%91%8A%EF%BC%9A%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AF%E7%AB%8B%E3%81%A1%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B
Submitted by Jamie on Thu, 07/03/2008 - 04:58.
in続きを読む
posted by おぐおぐ at 20:23| 気候カタストロフィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

過去の目次■悪影響編

■悪影響編
●カテゴリー:気候カタストロフィ【33】
 温暖化を描いた映画「デイ・アフター・トゥモロー」
 本「氷に刻まれた地球11万年の記憶」
 北極圏の温暖化4題噺
 2億5千万年前の大絶滅:3番目の懸念
 世界の森林減少で加速する温暖化:2番目の懸念
 南極にも異変が:4番目の恐怖
 北大西洋の熱塩循環30%弱まる
 回避すべき被害についての最近のまとめ
 北極の海氷の減少
 新しい科学小話二つ
 本”The Revenge of Gaia”(ガイアの復讐)は2月2日、ペンギン社から発行
 雪だるまはころがり始めているか−ティッピングポイント問題
 エクセター会議報告本「危険な気候変動を避ける」
 南極とグリーンランドの氷床の融け方明らかに
 今世紀末に氷河融解で海面数メートル上昇「か??」
 平均気温3℃上昇で森林の6割が消滅
 「不都合な真実」の6メートル海面上昇予測はトンデモ説か? (2007-08-06)
 続・北極の海氷の減少 (2007-08-16)
 暴走温室効果、帰還不能地点、ティッピングポイント (2007-08-20)
 ハンセンが吠え、レントン、ラプレーが応える (2007-08-24)
 本の紹介:温暖化地獄 脱出のシナリオ (2007-10-24)
 「もうカナリアは死んでしまった、炭坑から逃げ出すときだ」 (2007-12-13)
 ワシントンポスト紙でビル・マッキベンが350ppmを力説 (2007-12-28)
 NASAハンセン博士のNHK番組での発言録 (2008-01-06)
 南極の氷床は成長するのか減少するのか論争 (2008-01-14)
 「気候のコードレッド」レポート−持続可能性に関する緊急警報 (2008-02-11)
 350.org (2008-05-13)
 北極グマの絶滅 (2008-06-07)
 G8のリーダーへ350ppmの新目標設定を求める署名 (2008-07-05)
 お正月の温暖化関連特番(2008-12-28)
 最新のティッピングポイント評価報告米国版(2008-12-28)
 「オバマさん、あなたの期限は4年間です」ジム・ハンセン(2009-01-20)
 最強のロビイスト、アル・ゴアによる米上院での証言(2009-02-07)

●カテゴリー:異常気象【19】続きを読む
posted by おぐおぐ at 21:18 | TrackBack(2) | 気候カタストロフィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

「気候のコードレッド」レポート−持続可能性に関する緊急警報

「気候のコードレッド(緊急事態)」レポート
Climate Code Red: The case for a sustainability emergency
http://www.carbonequity.info/download.php?id=6

 環境NGOsのカーボンイクイティ、グリーンリープとFoE(地球の友)オーストラリアによる新しいレポート「気候のコードレッド(緊急事態)」がEnergy Bulletinに紹介されていました。
”This post reproduces the report's discussion of why peak oil and climate change must be treated together.”

 「コードレッド」というとコンピュータウィルスだか米軍のリンチ映画だか、の名前でしか知られていませんが、SOSとかスクランブルといった緊急事態の意味でしょう。

 この紹介をもう少し。表紙には月からみた地球の姿が使われています。

目次はこちら。

Foreword iv
Preface v
Overview vi
Part 1: After the big melt 1
1.1 Introduction 1
1.2 The accelerating loss of the Arctic sea-ice 2
1.3 The fate of the Greenland ice sheet 5
1.4 A 5-metre sea-level rise by 2100? 8
1.5 Trouble in the Antarctic 11
1.6 The impact of “slow” climate feedbacks 12
1.7 Can ecosystems adapt to fast change? 17
1.8 IPCC deficiencies 18

Part 2: Target practice 21
2.1 Framing the question 21
2.2 What we have done and where we are headed 21
2.3 What is “dangerous climate change”? 24
2.4 What is a safe temperature target? 26
2.5 Are we getting the third degree? 29
2.6 How to avoid dangerous climate change 32
2.7 Global equity and climate action 36
2.8 Goals for a safe-climate world 37

Part 3: Facing up to the challenge 43
3.1 This is an emergency! 43
3.2 A systemic breakdown? 44
3.3 What happens when what we need to do is not “reasonable”? 47
3.4 Making effective decisions for climate action 50
3.5 Climate solutions 53
3.6 Can “politics as usual” solve the problem? 58
3.7 What does an emergency look like? 63
3.8 The climate emergency in practice 66
3.9 Conclusion 69

Responses to “Climate Code Red” 73
Appendix: Labor’s “60/2050” policy 81
Bibliography 83

Foreword序文 を仮訳しておきました、ご一読ください。続きを読む
posted by おぐおぐ at 17:46 | TrackBack(0) | 気候カタストロフィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。