2006年05月13日

風力発電機輸出国デンマークの経験

一つ前の風力発電の記事に対して、ながくらくにおさんからコメントをいただきました。

>風力発電設備の製造のためにエネルギーロス、LCAとしての環境負荷の計算をするべきでしょう。

とのことでしたが、風力発電はLCAでも一番環境負荷が少ない、と普通はみなされていると思っていたので意外でした。

じゃあ検証できるのは他国の実績ということになりますが、風力発電が自立産業とみなされる域に達しているのはデンマークでしょう。
電力供給量の20%を風力発電で賄っているとされていますし、風力発電機の生産能力が国内の需要をはるかに上回り、国外へ風力タービンを輸出することで世界の風力開発需要のかなりを賄っている輸出国です。

最終的なLCAの評価に行き着くために、このデンマークのエネルギー需要のどれくらいを風力タービン生産工場が使っているか、ということを調べていけるかどうか試してみましょう。


1.デンマークの風力発電稼働率実績
まずはデンマーク国内の風力発電の発電実績を見てみます。

デンマークの風力発電業界であるDanish Wind Industry Association (DWIA) の中のCapacity i Denmark  によると、容量は3118.5MW(2004年)。

同じくElectricity production  によると、発電電力量は6582.8GWh(2004年)です。

ここで1年=265*24=8760hなので。

稼働利用率=実際の発電電力量(GWh)/(容量(GW換算)×年間の総時間数(h))
=6582.8/(3118.5/1000*8760)
=24.1%となります。

実際には保守時間で食われる不稼働時間も含めますが、主に風が吹かない日があることで低い目の稼働率となっています、それでも前回書いた25%という数字がまあ当てはまるかと。


2.エネルギー収支比についての業界の言い分続きを読む
posted by おぐおぐ at 15:35| 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

風力発電の最速成長曲線はどうして日本に当てはまらない?

自然エネルギーの中で、集中型として大きく期待が持てるものは風力と波力だろうと思います。
集中型で使える自然エネルギーの例 を参照のこと。)
中でも、波力発電は、エネルギー密度が比較的高く、ファーム型で複数の設備を海に浮かべて広い面積で発電を行うという点で、容量を稼いで大規模化しやすいため風力よりも優れている可能性があります。
ただ、惜しむらくは、現在標準となる商用機が定まっていないことから、風力発電に次いで優先して開発すべき自然エネルギーだと思います。
そういうわけで風力発電は現在、自然エネルギーのエース格として、各国で競って導入を進めています。

左上のグラフは、世界風力エネルギー協会 (GWEC、ブリュッセル)が取りまとめた最新の報告書Global Wind 2005 Report より、風力発電導入のトップ10国の最近5年間の設備容量の成長曲線をそれぞれ重なるようにプロットしてみたものと、分かりやすくするためにその時間微分にあたる成長率をプロットしたものです。

成長曲線の包落線を引いてみると、最速成長曲線となります。
これに従って、現状を延長するとすれば各国で最大のどの程度の成長が可能か、また何年掛ければどのレベルに到達できそうか、を予測することができます。続きを読む
posted by おぐおぐ at 18:55| 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

集中型で使える自然エネルギーの例

個別の技術について見ていきますと、いいものはすでに手が付けられていますし、大規模に展開しうる集中型は何かが見えてくるかと思います。

●実用化済み
1.水力発電:既存のもの多し、すでに適地の大半には建設済み
 但し寿命後のダム解体の技術開発要−つまり今後解体のためのエネルギーが必要。
 実際に解体してみて後始末にどのくらい費用とエネルギーが必要かを見積もらなければ。

●実用化間近/量はあまり期待できない
2.木質バイオマスの火力発電所での混焼/廃棄物発電:廃棄物発電は量と温度制御の問題もありますし、混焼の量もたとえば発電用石炭の数%以下というくらいの少量です。今後の増加可能性が小さいことを考えると重視する必要はないでしょう。
 都市内部の廃棄物収集のロジスティクスに応じた混焼比率に抑えられる。
 廃棄物の重金属による汚染問題などの懸念もある。

3.地熱発電/高温岩体発電:適地は限定されるが今後の増加可能性あり
 高温岩体発電は将来性があるかも。

●実用化途中/量も期待できる
4.海洋/大規模ウィンドファーム
 遠距離の送電/海中ケーブルのコストが追加的な費用となる。
ポテンシャル大:「世界風力地図」が示す風力発電の大きな可能性


5.波力発電ファーム
英国で実用化?をし始めているようです。
http://www.oceanpd.com/default.html
以前はマイティホエールなどという機械を日本でも作っていたと思いますが。

追加:
アルキメデス波スイングという、とてもとても面白い機械が実証試験中のようです。リニア発電機の効率の良いものができているのであれば、これは波力発電の本命かも知れません。
Archimedes Wave Swingウェブサイト
http://www.waveswing.com/

AWS OCEAN ENERGYメーカーのサイト
http://www.awsocean.com/home.html
続きを読む
posted by おぐおぐ at 23:08| 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

ソフトエネルギーパスとは何か?

もう二十何年も前になりますが、大学では太陽エネルギーの利用を課題に上げる研究室に所属していたことから、総論についても勉強したことがあるはずですが、どんな習い方をしたかはもう覚えていません。
太陽熱浄水器やソーラーポンド(太陽熱を蓄熱する機能を持った池)、水素吸蔵合金を使った蓄熱装置などの目新しい文献を読んだことくらいは覚えていますが、実際に役に立ったものって何もないのが悲しい話です。石油ショック後の一時的流行だったのでしょうか。

●本「ソフト・エネルギー・パス」(末尾に紹介)

古くはその当時から、エイリー・ロビンズが本「ソフト・エネルギー・パス」で示していたように、問題を技術で克服するというハード路線と、そのエネルギーが持っている特性にあった活用をするというソフト路線の違いは明確化されていました。
後日記:
(日本人では訳者の槌屋治紀氏が「エネルギー耕作型文明−エネルギー自立へのシナリオ」(末尾に紹介)を書いてソフト・エネルギー・パス普及の立役者になっていました。この本にはまさに今のピークオイル問題も温暖化問題も包含していて、今になっても役立つ本ですねー、古典の一冊といえます。この本がアマゾンの古本屋で100円の値札がついているとは(号泣)。今のうちに買い占めてしまおうか。)

従来の化石燃料発電や原子力発電などはもちろんハードエネルギーパスそのものなわけですから、それらをひたすら推進する「需要を賄うための供給力増強」路線を批判して、需要端管理(DSM)の重要さを明確にしたことがこの本の中心論題だったわけです。(実際に石油ショック後、2000年頃までの米国*のエネルギー供給-需要実績は、このロビンズのソフトエネルギーパス路線で予測されたそのままの推移をしてきたことはあまり知られていませんが重要なことです。)
(*後日注:記憶が薄れていますが、米国全体ではなく、カリフォルニア州についての分析が当っていたのだったかもしれません。

ですが現在一般的にはソフトエネルギーパスの代表選手と思われている自然エネルギーの中でも、実はハードとソフトの2路線は存在していました。(本の中にもあったはずです。)
前回書きました自然エネルギーの分類の中の、分散型と集中型の間に横たわっている違いの多くは、このハード路線とソフト路線の違いに関わるものでしょう。

●自然エネルギーの中のハードパス続きを読む
posted by おぐおぐ at 17:34| 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再生可能エネルギー関連情報源

再生可能エネルギー(ここではほぼ「自然エネルギー」と同義で使っています)関連については、以下のブログより定期的にRSSフィードで情報を得ています。ほとんど二次紹介をしていない情報ばかりで肩身が狭いのですが・・・。


1.自然エネルギー事業者関連

ソフトエネルギー
http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/
テーマ別に分かれて新技術や話題を紹介

しなやかな技術研究会
http://greenpost.way-nifty.com/sinaken/
技術者の地道な話も

自然エネルギー事業協同組合REXTA
http://rexta.jugem.cc/

エコロジー・エネルギー・ブログ
http://blog.livedoor.jp/f_plan/

分散型エネルギー社会を目指して
http://energy-decentral.cocolog-nifty.com/blog/

2.その他新規な技術の話が中心続きを読む
posted by おぐおぐ at 10:08| 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

化合物薄膜型太陽電池

 前回のつづきというより枝論ですが。

 日曜の日経新聞一面で、「ホンダが太陽電池事業に参入・住宅用」 という記事を紹介していました。

後日記:
・フジサンケイビジネスi:ホンダが太陽電池に進出 熊本で07年から量産続きを読む
posted by おぐおぐ at 16:38| 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

太陽電池を脱温暖化社会の主力エネルギーとするには

 モントリオール気候変動会議も終わり、しばらく気が抜けた状態ですが、ペースを変えてぼちぼち話題をつなげていこうかと思います。


 以前紹介した、有機薄膜太陽電池のシンポジウム のシンポの続きの紹介を末尾につけておきます。
追記:
 今週末には同じく京都で気候ネットワークの年次シンポもあります。

 さて、「地球温暖化は起こっているかもしれないが温暖化対策はしなくても良い」派の代表であるロンボルグが楽観視している根拠が、太陽電池のR&Dが進むことで技術的なブレイクスルーが起こり普及を始めるという見解なのだと思います。
 とはいえ、太陽電池が既存の火力発電所を代替するようなエネルギー密度で発電が可能かといえば、そうではないでしょう。また、都市部で必要なエネルギーを都市内の面積で賄うことも難しそうです。(家庭の需要を賄える程度では都市部のビルや工場のエネルギーは賄えそうにない、ということです。)

 ここで自動車と自転車の違いと同じものが、つまりみんなが自転車を持てばそれで自動車交通の問題が解決するわけではない、というのと類似した問題が、分散型エネルギーと集中型電力システムとの間の互換性には横たわっているのでしょう。 この項つづく。続きを読む
posted by おぐおぐ at 16:37| 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

途上国におけるエネルギー開発

 10月27日に大阪で開催されている「ニューアース2005」の国際シンポジウム「環境と経済の両立を目指す地球温暖化対策の推進」というのを聞いてきました。

 目先の6%の話ばかりをしている(大事なんですけどね)国内対策の話はおいておいて、途上国の温暖化対策=エネルギー対策について話をしていた、基調講演の紹介をしておきます。


基調講演
ルンド大学トーマス・ヨハンソン氏(国際産業環境経済研究所IIIEE所長)

(元々UNDP国連開発計画のプログラムなどで途上国の在来型バイオマス利用の改善などを行っている研究者で、IPCCの第二次報告書でのバイオマス拡大路線を勧める中心人物だったようです。)
 途上国向けのパッケージとしては、開発系のNGOの地域支援活動の大幅支援や現在の先進国の過ちを繰り返さない政策の導入というような方向の主張になっていたかと思います。続きを読む
posted by おぐおぐ at 15:55| 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。