2009年01月31日

回復不可能とは、未然防止の即時対応を求めるメッセージでしょうが

 話題の記事が続きますね。

地球温暖化、今後1000年は回復不可能 米海洋大気局
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2564684/3730931
 本当に新しい研究なのかどうか?分かりませんが、(ブッシュ政権の退陣で)政策上の含意の大きなメッセージをアメリカの政府機関が出せるようになったことの反映かもしれません。

 ”今後1000年間、たとえ二酸化炭素(CO2)排出量を今すぐまったくゼロにできても、地球温暖化の大部分は「回復不可能」だとする新たな研究結果を、米海洋大気局(NOAA)などのチームが今週、米科学アカデミー紀要に発表した。”

 ”研究者たちは、2000年から2100年の間に起こる大気中CO2の増加によって、その次の1000年間に起こる海面上昇はすでに確定されてしまっていると強調した。”
 と書いていますが、極域の陸氷の融け方こそが「確定」する要因なんですから「確定」されているというわけではなくて、ここの表現は間違いでしょう。

 ”多くの沿岸部や島しょ地域が海面下に沈むため、(海面上昇は)地球の地理の将来的変化を不可逆にする”
という表現も、このこと自体は、従来の研究ですでに常識化していることだと思っていましたが・・・。


共同:1000年は地球温暖化が進行 CO2の排出止めても
http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009013001000131.html

 ”排出されたCO2の一部は大気中に数千年単位で残留することと、いったん温まった海水の温度は下がりにくいことが理由という。チームは「CO2の削減費用が下がってから削減すべきだとの主張があるが、大気への蓄積濃度が高くなるほど、その後に排出を止めても温暖化の悪影響が大きくなる」と指摘している。”
 ここは、政策上の含意の大きな重要なポイントですね。

 但し、研究では、マイナスの排出量を構成する緩和策については、ありそうにないことという評価をだしているようです無視していますが、BCCS(バイオマス火力+炭素回収・隔離)発電所の可能性を消去してしまうと、どのレベルであろうがCO2の大気中濃度の安定化を達成するのは難しいだろうと思われます。

 なので、安定化オプションの中には、BCCSなどをある程度の規模で適用されるものと想定して、マイナスの排出量を長期的に続けていく、つまり、オーバーシュート型で大気中のCO2濃度が下がり続けるというオプションをこそ、科学者には提示、研究して欲しいものです。続きを読む
posted by おぐおぐ at 12:07| Comment(7) | TrackBack(0) | 温暖化の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

南極の温暖化も確認された

(セレステさんのコメントを受けて追加)南極の画像は、Climate ProgressブログAntarctica has warmed significantly over past 50 years, revisitedより

 IPCCの第4次報告書の中では、南極の温暖化傾向は確認されていなかったんでしたっけ?
Figure912.png
ここのFig9.12では6大陸と海洋についての気温のトレンド変化だったわけですが、確かに南極のデータはないようですね。

BBC:New evidence on Antarctic warming
http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7843186.stm
Reuter:Antarctica is warming, not cooling: study
http://www.reuters.com/article/environmentNews/idUSTRE50K5BM20090121?feedType=RSS&feedName=environmentNews
NYTimes:Warming in Antarctica Now Looks Certain
http://www.climateark.org/shared/reader/welcome.aspx?linkid=115924
Telegraph:Antarctica is warming faster according to scientists
http://www.telegraph.co.uk/earth/environment/climatechange/4307829/Antarctica-is-warming-faster-according-to-scientists.html
AFP:南極も温暖化、地球温暖化が影響 米研究

 人工衛星データと地上の観測基地データをあわせて使うと、温暖化が他の地域と同様に起こっていることが明らかとなったということです。これまでは衛星データの観測期間が足りなかったこと、基地も主に南極半島にばかり集中しているので、統計データの精度が低かったというような問題があったようです。

西南極氷床の高温化が大きいという画像データが使われていますね。続きを読む
posted by おぐおぐ at 09:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 温暖化の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

表層海洋の入れ替りが律速段階でCO2は吸収されない?

インディペンデント紙:
Greenhouse gases will heat up planet 'for ever'温室効果ガスは「永久に」この星を加熱する
New study shows the effects of CO2 pollution will be felt for hundreds of thousands of years
http://www.independent.co.uk/environment/climate-change/greenhouse-gases-will-heat-up-planet-for-ever-1041642.html
という研究論文が発表されるそうです。
”But one of the main researchers – Professor David Archer of Chicago University – warns that "the climatic impacts of releasing fossil fuel carbon dioxide into the atmosphere will last longer than Stonehenge, longer than time capsules, far longer than the age of human civilisation so far. Ultimate recovery takes place on timescales of hundreds of thousands of years, a geologic longevity typically associated in public perceptions with nuclear waste."”

 量の違いが質の違いに転化するということでしょうか、海洋のCO2吸収が現在からがくっと下がるという形で現れるのでしょう。
まあ、これから科学論争が始まるのだとは思いますが。
posted by おぐおぐ at 07:56 | TrackBack(0) | 温暖化の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

イベント案内:10/30,31「異常気象と長期変動」研究集会

 以前聞きに行った研究発表会の関連ですが転載しておきます。
−−−
第6回「異常気象と長期変動」研究集会開催のご案内

向川@京大・防災研 です.

今年も,京都大学宇治キャンパスにて第6回「異常気象と長期変動」研究集会を開催させて頂きます.

本研究集会は,異常気象の実態把握,そのメカニズムや予測可能性の解明,さらに地球温暖化や気候変動と異常気象との関連を明らかにすることなどを目的として毎年開催しています.本年も多数のご参加をお願い致します.

 日時: 2008年10月30日(木)午後,31日(金)全日

 場所: 京都大学宇治キャンパス 木質ホール3階セミナー室
(JR奈良線黄檗駅下車,徒歩約7分)

主催: 中村 尚(東京大学大学院理学研究科: 研究代表者),
共催: 木本 昌秀 (東京大学気候システム研究センター),
余田 成男 (京都大学大学院理学研究科),
   向川 均 (京都大学防災研究所)

●プログラムなどの情報は
http://www.dpac.dpri.kyoto-u.ac.jp/mukou/meeting.html
をご覧下さい(昨年までの研究会での発表内容も見ることができます).

●宇治キャンパスは耐震改修工事中のため,キャンパス内の通路が大変複雑になっていますのでご注意ください.宇治キャンパス南門(車両入構門)よりお入り頂くと,会場へは容易にたどりつくことができます.
(http://www.dpac.dpri.kyoto-u.ac.jp/mukou/kaijyo_map.jpg).

●聴講のみの参加は自由ですので(事前登録も不要),お気軽においで下さい.

●懇親会への参加も当日会場で申し込みできます.

この研究集会は,防災研究所特定研究集会(20K-01)「異常気象と気候変動─メカニズムと予測可能性─」,21世紀気候変動予測革新プログラム「高解像度気候モデルによる近未来気候変動予測に関する研究」(木本),科研費基盤研究(A) 「最新の全球大気再解析データを活用した対流圏循環の形成と変動に関する総合的研究」(中村),科研費基盤研究(A)「気候変化における成層圏の影響の評価および力学的役割の解明」(余田)の補助を受けて行われます.

Hitoshi Mukougawa (Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University)
e-mail: mukouアットマークdpac.dpri.kyoto-u.ac.jp Fax:+81-774-38-4153 Tel:+81-774-38-4151
−−−
 まあ、正直頭がついて行かない状態なのですが、京都はもう秋の紅葉がはじまってるかしらん、ということで出かけてきたいですね。
posted by おぐおぐ at 23:00 | TrackBack(0) | 温暖化の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

北極の海氷の減少は「オゾンホール発見」物語のようなものか?

 グラフは、全米雪氷データセンターのページより
(8/26、8/30、9/15、10/7に最新版に差し替え。)
ティッピングポイントの一つとして指摘されている北極の海氷の減少ですが、今年もひどいもののようです。

Observer誌:Meltdown in the Arctic is speeding up
Scientists warn that the North Pole could be free of ice in just five years' time instead of 60
http://www.guardian.co.uk/environment/2008/aug/10/climatechange.arctic
”'It is a neck-and-neck race between 2007 and this year over the issue of ice loss,' said Mark Serreze, of the US National Snow and Ice Data Centre in Boulder, Colorado. 'We thought Arctic ice cover might recover after last year's unprecedented melting - and indeed the picture didn't look too bad last month. Cover was significantly below normal, but at least it was up on last year.

'But the Beaufort Sea storms triggered steep ice losses and it now looks as if it will be a very close call indeed whether 2007 or 2008 is the worst year on record for ice cover over the Arctic. We will only find out when the cover reaches its minimum in mid-September.'”
 ここ一週間で?北極の海氷の溶け方が加速しているとのことで、2007年よりも面積が小さくなるかもしれない、という報告になっています。
 実際には面積は一番小さくなるのは9月半ばのことですので、今年についてはまだ途中経過の状態です。

8/30記:
今年の北極の海氷は2005年の面積を抜いて、2007年に次ぐ小さな海氷になったそうです。史上最低面積は更新できなさそうですが、それでも続いての変化となりました。


 拙ブログではこれまでいろいろ記事にしていました。
北極圏の温暖化4題噺
http://sgw1.seesaa.net/article/127880073.html
北極の海氷の減少
http://sgw1.seesaa.net/article/127880141.html
続・北極の海氷の減少
http://sgw1.seesaa.net/article/127880405.html
「もうカナリアは死んでしまった、炭坑から逃げ出すときだ」
http://sgw1.seesaa.net/article/127880465.html

 さて、昨年のJAXAの発表の中ではこちら、
「北極海での海氷面積が観測史上最小に
今後さらに予測モデルを大幅に上回る減少の見込み」
http://www.jaxa.jp/press/2007/08/20070816_arctic_j.html
 の中から、
−−−
 この海氷の減少は、IPCC第4次報告書で予測されている北極海での海氷の減少を大幅に上回るもので、このような観測と予測の大きな差は、予測モデルでは北極海で起こっている現象が十分に表現されていないことの現れであると考えられます。・・・
 このままのペースで減少が続けば、IPCCの予測を大幅に上回り、2040-2050年の予測値に達する可能性があることが判明しました。・・・
−−−
 となっています。

一方、以前の記事
「北極海海氷減少と北極振動が相互に影響しあっていることを発見」
http://www.jaxa.jp/press/nasda/2001/arctic_010330_j.html
 の文章を読んでみると、
−−−−
背景

 従来、北極海の海氷面積の減少は、炭酸ガス増加による地球温暖化にともない北極圏の気温が上昇し、いったん海氷が減少すると、夏に太陽放射を吸収して海水温度が上昇することで、さらに海氷が減少するというのが定説であった(図1)。

成果および考察

 池田プログラムディレクター等は、ボックスモデル(図2)を用いてシミュレーション計算を行った結果、強い極渦と海氷の減少(あるいは逆に弱い極渦と海氷の増加)の間で相互に影響しあい、海氷が増減しながら減少していく中で、極渦が北極振動しながら強化していくことを発見しました(図3、図4)。
 北極振動が北日本の寒暖に大きな影響を与えていることは従来から知られており、その周期性と将来の状態を予測できれば我が国の国民生活に大変役立つことが期待されるところであり、地球規模環境変化の理解とも合わせて、北極圏における大気モデル、海氷・海洋モデルによる地球変動予測の研究を引き続き進めていくことが極めて重要と考えられます。

今後の研究課題

 海氷が薄くなると極渦・海氷・表層水(大西洋水)の間に正のフィードバックがはたらき、北極海海氷が極端に減少し、それにともない極渦が強化する可能性が示唆されました。この正のフィードバックで重要になるのが海氷面積の減少に対する極渦強化率であり、これをさらに正確に見積もる大気モデル研究が必要と考えられます。また、同時に北極海から大西洋に流出する海流の流量をモニターすることが必要です。海氷面積と移動速度については人工衛星による観測が可能ですが、海流流量については現場での観測を実施することが必要となります。
−−−−
 と、いうことで、定説で主張されていたのは「氷−アルベド」フィードバックですが、一方、JAXAの研究者らが主張している新たなメカニズムとは、勝手に名づければ、「海氷減少−北極振動」フィードバックという正のフィードバックがあるという主張です。

 従来の定説に「追加して」正のフィードバックを新たに提案することで、現在の異常な観測値(温暖化の激化)を説明するという趣旨の発表がされていたと言ってよいでしょう。

後日記:
島田浩ニのページ
http://www2.kaiyodai.ac.jp/~koji/
に別の研究成果があります。
2008年春季 気象学会シンポジウム要旨(北極海のカタストロフ的な変化)
http://www2.kaiyodai.ac.jp/~koji/1.pdf
を読むと、相当複雑な各種要因が組み合わさったもののようです。やっぱり深い科学者同士の議論があって、次第にコンセンサスが形成されていくというものでしょう。

コメント:
 ここから先は勝手な思い込みですが。

 オゾン層破壊の研究でもこのような科学者による予測以上の激化という現象はありました。ほかならぬ南極の春先のオゾンホールの発生です。
 南極の極渦崩壊による春先の微粒子上での固体化学反応によって後付けでこのオゾンホールについての説明は付きましたが、そのことが人為的なCFCの放出によるオゾン層破壊という仮説を覆すものにはなりませんでした。

 この「オゾンホール発見」に匹敵するサプライズが、温暖化についての、早い予測では2013年に夏の北極から海氷が消えるかもしれない、という北極の温暖化問題なのだろうと思います。

 果たして、この物語が、オゾン層破壊問題に関するモントリオール議定書の修正版と同じ政治的な新たな合意をもたらすことになるのかどうかは分かりませんが。
 モントリオール議定書の修正版はたまたま「コペンハーゲン修正(Amendment)」と呼ばれていましたっけ。
 京都議定書&ポストキョウトについても来年末の、COP15(コペンハーゲン)での合意内容が注目されることになります。
posted by おぐおぐ at 18:45| 温暖化の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

海洋の計測データエラーの修正

 IPCCの第三次報告書の頃から論争になり続けていた問題について、決着となるかもしれない研究報告がNature誌に掲載されたようです。

Top of sea warming 50% faster than thought
http://www.telegraph.co.uk/earth/main.jhtml?view=DETAILS&grid=&xml=/earth/2008/06/18/scisea118.xml
”The new study by Australian and US climate researchers, published in the journal Nature, concludes that the upper 700 metres of the world's oceans warmed at a rate 50 per cent faster in the last four decades of 20th century than documented in the 2007 Intergovernmental Panel on Climate Change Report, which produces a consensus view of scientists around the world.

"For the first time, we can provide a reasonable account of the processes causing the rate of global sea-level rise over the past four decades - a puzzle that has led to a lot of scientific discussion since the 2001 IPCC report but with no significant advances until now," says Dr Catia Domingues of the Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation (CSIRO), Hobart.”

 21世紀中の海面上昇予測は、IPCCの第3次報告書と比べて第4次報告書の中で不確実性が減らなかった項目だったわけですが、その海面上昇の大半を占める海水の熱膨張に関して、上限の予測が正しそうだ、という評価になるもののようです。

 その補正を加えることで、気候モデルの海洋の暖まり具合の計算に過去の観測データが合うようになるとしています。

ロイター:Scientific sleuths find seas warming, rising faster
http://africa.reuters.com/top/news/usnBAN946269.html
” An international team of scientists, reporting their findings on Thursday in the journal Nature, looked at millions of ship-based measurements taken since 1950, but particularly from 1960, and revealed an error in data from a common probe called an XBT.

Correcting the error in data running over decades as well as applying a complex statistical analysis to sea temperature data, the team came up with a global estimate of ocean warming in the top layers down to 700 metres (2,300 feet) as well as how fast oceans are rising.”

” XBTs were widely used by commercial vessels but have since been largely replaced by satellites and permanent probes in the ocean. The disposable XBTs were thrown over the side with a wire attached to measure temperatures as it sank.

"If you miscalculate how quickly the instrument falls through the water column, you miscalculate the depth and therefore the temperature at that depth and that's the prime source of error," said Church.

So a colleague, Susan Wijffels and other associates, figured out a mathematical formula to correct the error.

That, combined with a wider statistical analysis of global ocean temperature data, revealed a clearer picture that better matched widely used computer models that project how the climate and oceans behave because of global warming.”

オーストラリアの研究機関CSIROのプレスリリース
Ocean warming on the rise
http://www.csiro.au/news/OceansWarming.html

 もっとも、海面上昇の中で一番大きな不確実性である、陸上の氷つまりグリーンランドと西南極氷床の溶け具合については第4次報告書の中で推計からは除外されている通り、まだモデル化できないレベルのことしか分かっていないわけですが、それでも過去の海洋の温まり具合を気候(海洋)モデルで説明することが出来れば大きな進歩でしょう。続きを読む
posted by おぐおぐ at 12:58 | TrackBack(1) | 温暖化の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

ブラックカーボンの温室効果のレビュー

 IPCCの第4次報告書の中でも、いまだに評価の精度が低いとされているエーロゾル、微粒子の温暖化/寒冷化影響のうち、硫酸エーロゾルの寒冷化効果はよく知られているかと思います。

 今回、温暖化の影響を持つブラックカーボンについてのレビューが出たことで、いくつかの欧米でのマスコミ報道が出てきているようです。
 IPCCの第4次報告での評価に比べて、数倍の上方修正になるということで、より対策が急務であるという指摘になっているようです。

ネイチャーのブログより
Carbon dioxide - not the only culprit
http://blogs.nature.com/climatefeedback/2008/03/carbon_dioxide_not_the_only_cu.html

 Nature GeoScienceの記事はこちら。
http://www.nature.com/ngeo/journal/vaop/ncurrent/full/ngeo156.html#a1


 エーロゾル関係の研究会を2回くらい覗いたことがこれまでありますが、全体像はまだまだつかめないというような評価だったかと思います、今回のレビューをちゃんと読みこなさないといけないでしょう。続きを読む
posted by おぐおぐ at 08:50 | TrackBack(0) | 温暖化の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

南極の氷床は成長するのか減少するのか論争

 南極の氷床の減少は1996年から2006年の10年間で2倍近くになっているという新たな包括的なデータ評価が出てきました。

追記:
共同通信でも今朝から出ていましたね。
南極の氷、減少速まる 10年で1・75倍に http://www.47news.jp/CN/200801/CN2008011401000005.html

AFP:Ice loss surges by 75 per cent
http://www.news.com.au/heraldsun/story/0,21985,23047155-663,00.html
2006年には、南極半島の氷の融ける量は600億トン、西南極氷床は1320億トン、併せて1920億トンになっていた。

Times:Antarctic is losing ice 'nearly twice as fast as ten years ago'
http://www.timesonline.co.uk/tol/news/environment/article3181944.ece ”この国際プロジェクトに参加したブリストル大Jonathan Bamber教授は「私たちの観測により、氷床の全体にわたって重要で劇的な変化が示されているということが分かった。このことは気候系の変化が南極氷床の健康状態に急激な影響を与えうることを示している。」
そして、「これは世界中で起こっている傾向を確認したもう一つの観測だ。同じものが山岳の氷河やグリーンランドで、パタゴニアで、アラスカで見られている。場所がどこでも同じものを見ているのだ」と語った。”


 カナダのグローブアンドメール紙がまとまった解説となる記事を書いています。続きを読む
posted by おぐおぐ at 11:45 | TrackBack(0) | 温暖化の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。