2009年02月01日

温暖化いろいろ2009年1月のアクセスランキング

 JanJanブログのアクセス数解析機能を使って、1月の1ヶ月間の人気がある記事を10件紹介しておきます。
 今月はエロサイトへのリンク付きコメント攻撃がありましたので、数は底上げされている分があるはずです。

 グリーン・ニューディールへの関心が高いのは何よりです。
番外ですがこちらもどうぞ。
ポストカーボン研究所提案の”リアル・ニューディール”  149

2009年01月HTMLごとアクセス数一覧
順位 HTML タイトル アクセス数
1 INDEX 7921
2 グリーン・ニューディールの出番だ! 1502
3 「地球温暖化詐欺」はどっちでしょう 507
4 カテゴリー:温暖化懐疑派・否定論 429
5 「地球温暖化のエセ科学について」in田中宇の国際ニュース解説、について 377
6 ニュース短信その17 318
7 オバマ政権の原発政策? 270
8 「宇宙線が温暖化の原因」説を観測で否定 267
9 このブログのGoogleでの検索しやすさ 263
10 適応策:2℃のラインを守れ、しかし4℃昇温に備えよ 250


2009年01月検索文字列順順位 検索文字 ヒット数
1 グリーンニューディール 727
2 温暖化 523
3 グリーン・ニューディール 266
4 地球温暖化 260
5 地球温暖化詐欺 163
6 グラフ 160
7 田中宇 157
8 グリーン 104
9 ニューディール 102
10 異常気象 98
posted by おぐおぐ at 10:49| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2009年2月2日の日経新聞朝刊12面の記事へのコメントをお願いいたします。タイトルは地球の気候当面「寒冷化」。
Posted by 気候変動に寒冷化も含めよう! at 2009年02月02日 23:19
 さて、気候変動に寒冷化も含めよう!さん。
読んでいない記事へはノーコメント、ですね。
Posted by SGW at 2009年02月04日 12:28
下記のページに記事の一部が掲載されています。国立環境研究所の専門家もコメントで事実として認め、いずれ気温上昇に転ずるとしていました。
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/c1120e71b9c5fc04ffe43ea7ac61fa46
Posted by 気候変動に寒冷化も含めよう! at 2009年02月04日 14:00
気候変動に寒冷化も含めよう! さん、横から失礼します

PDOの話は、以前からくすぶり続けているようですが、「地球温暖化」の対の意味として「寒冷化」にPDOを含めるのはお門違いでしょう。

こういうのを書いていますのでご参考に

○温暖化はとまった?のか?(問題提起編?)
http://blogs.yahoo.co.jp/eng_cam_fld_tgs/38497532.html
Posted by 綾波シンジ at 2009年02月04日 17:15
 綾波シンジさん、紹介をありがとうございます。
気候学者の間にコンセンサスがあるのと違い、気象学者が人為的な「気候の」温暖化を認めない比率が1/3ほども居るという調査があるようですね。(「科学者コミュニティへのアンケート」へのリンクをつけておきます)

 景気循環の意味を研究する経済学者と構造改革?によって潜在成長率の底上げを目指す経済学者が一緒くたにされているという現状もまあ、各派の経済学者にしてみれば不満なんでしょうが、それと比べれば気候学者と気象学者は呼び名が違っているだけましなのかもしれません。
Posted by SGW at 2009年02月05日 11:48
あの日経の記事で「寒冷化」と言っている人は、どうやら「地球温暖化」という問題のタイムスケールを理解していないんじゃなかろうかという気がします。

「今年の冬(夏)が暖かかった・寒かった(或いは10年ほどで見て)」という話で、温暖化・寒冷化を語る人がいるようです。あるいは逆に「億年単位で見れば〜」という話まであります。

人類を考えたときに関係する意味のあるタイムスケールは、いくら長くても第四紀でしょうし、文明の興隆期でとらえるなら、後氷期でしょう。もしくは、「有史」の数千年。そして、実効性のある将来的対策(研究)のスパンとしては、百年スケールということになりましょう。(もちろん、数千年スケールの考慮も必要でしょうが)

また、その中の「振動(PDOや各種振動)」と「傾向(温暖化)」の違いを理解する事も必要です。

以上、以前のコメントで
「「地球温暖化」の対の意味として「寒冷化」にPDOを含めるのはお門違いでしょう。」と書いた意味をご理解頂けたか心配になりましたので、追記させてくださいませ。


「気候学者」と「気象学者」の違いや、(私は経済は理解出来るものではありませんが)扱うタイムスケールの違う分野をごちゃ混ぜにして論じ出すと、訳の分からない話になってしまいますよね。
Posted by 綾波シンジ at 2009年02月05日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。