2009年01月31日

回復不可能とは、未然防止の即時対応を求めるメッセージでしょうが

 話題の記事が続きますね。

地球温暖化、今後1000年は回復不可能 米海洋大気局
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2564684/3730931
 本当に新しい研究なのかどうか?分かりませんが、(ブッシュ政権の退陣で)政策上の含意の大きなメッセージをアメリカの政府機関が出せるようになったことの反映かもしれません。

 ”今後1000年間、たとえ二酸化炭素(CO2)排出量を今すぐまったくゼロにできても、地球温暖化の大部分は「回復不可能」だとする新たな研究結果を、米海洋大気局(NOAA)などのチームが今週、米科学アカデミー紀要に発表した。”

 ”研究者たちは、2000年から2100年の間に起こる大気中CO2の増加によって、その次の1000年間に起こる海面上昇はすでに確定されてしまっていると強調した。”
 と書いていますが、極域の陸氷の融け方こそが「確定」する要因なんですから「確定」されているというわけではなくて、ここの表現は間違いでしょう。

 ”多くの沿岸部や島しょ地域が海面下に沈むため、(海面上昇は)地球の地理の将来的変化を不可逆にする”
という表現も、このこと自体は、従来の研究ですでに常識化していることだと思っていましたが・・・。


共同:1000年は地球温暖化が進行 CO2の排出止めても
http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009013001000131.html

 ”排出されたCO2の一部は大気中に数千年単位で残留することと、いったん温まった海水の温度は下がりにくいことが理由という。チームは「CO2の削減費用が下がってから削減すべきだとの主張があるが、大気への蓄積濃度が高くなるほど、その後に排出を止めても温暖化の悪影響が大きくなる」と指摘している。”
 ここは、政策上の含意の大きな重要なポイントですね。

 但し、研究では、マイナスの排出量を構成する緩和策については、ありそうにないことという評価をだしているようです無視していますが、BCCS(バイオマス火力+炭素回収・隔離)発電所の可能性を消去してしまうと、どのレベルであろうがCO2の大気中濃度の安定化を達成するのは難しいだろうと思われます。

 なので、安定化オプションの中には、BCCSなどをある程度の規模で適用されるものと想定して、マイナスの排出量を長期的に続けていく、つまり、オーバーシュート型で大気中のCO2濃度が下がり続けるというオプションをこそ、科学者には提示、研究して欲しいものです。元論文はこちら。
Irreversible climate change due to carbon dioxide emissions
http://www.pnas.org/content/early/2009/01/28/0812721106.abstract
http://www.pnas.org/content/early/2009/01/28/0812721106.full.pdf
全文まで付いていますね。
posted by おぐおぐ at 12:07| Comment(7) | TrackBack(0) | 温暖化の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私たちは将来世代と生物圏のために化石燃料への依存を減らさなければならないが、たとえ費用が高くてそれは選びたくなくとも、化石燃料でもっとも重要なものが稀少になり高騰するため、自己満足はまるでオプションとはならないのだ。」の意味を教えてください。
それとこのブログを書いておられる方の専門は何なのですか?
Posted by 佐々木 at 2009年01月31日 22:45
 トップページの右脇に引用した元記事へのリンクをつけています。
・「将来世代と生物圏のために化石燃料への依存を減らさなければならない」 = 環境問題、温暖化対策をしなければならない。

・「化石燃料でもっとも重要なものが稀少になり高騰するため、自己満足はまるでオプションとはならないのだ。」 = ピークオイルが過ぎれば安価な石油は手に入らなくなってどのみち削減せざるを得なくなる。
という趣旨です。

 もうはるか過去になりますが、大学生時代は工学部機械系で「ふく射熱伝達」の研究室におりました。
Posted by SGW at 2009年02月01日 07:41
ご回答ありがとうございます。
しかし、小生がお聞きしたかったのは
「自己満足はまるでオプションとはならない」の部分です。
自己満足とは?
オプションとは?

それから先生は、やはりデジタル派ですね。

小生のように年金暮らしで法学部を卒業をした人間には理解しかねることが多いですね。だから貴ブログにお邪魔するような者ではないのです。申し訳ありません。
ただ、小生の仕事は昭和45年から40年近く給与計算、在庫管理、金融のオンラインシステムなどコンピュータに関わってきました。だからコンピュータを信じていないのですが。
小生の思い違いでなければ、コンピュータを駆使して作った金融商品のシステム、それがとんでもないことを引き起こした。そしてそのシステムを間違った方向に動かしたのは人間の欲望ではなかったのかと思います。
小生は、コンピュータを板前の包丁に譬えていました。どんなに良い包丁であつても、板前の使い方次第だと。
0か1だけの世界ではなく「グレーな部分も認める」考えが今の世の中には要るのかなぁと思うこのごろです。
Posted by 佐々木 at 2009年02月02日 09:13
> 研究では、マイナスの排出量を構成する緩和策については、ありそうにないことという評価をだしている

論文中では、惑星工学的手法についてはここでは考えていないとしてるだけで(1704ページのカッコ内)、別に評価はしていないと思いますよ。
Posted by mokkei1978 at 2009年02月02日 15:13
佐々木さんどうもです。 先生は止めて下さいな。年下ですし。

「自己満足はまるでオプションとはならないのだ。」の著者ではありませんので、著者のハインバーグ氏に聞いてください、といってしまえる話のはずですが。
 僕自身の解釈では「温暖化対策として各国政府ができることだけやろう、というのは、採りうる政策の選択枝ではないのだ。」という趣旨の文言だと思います。
Posted by SGW at 2009年02月02日 19:32
ご回答ありがとうございます。
年寄りにつき合わせて申し訳ありません。
しかし
貴ブログのトップの文章の意味が説明できない
著者に聞いてくれて的回答は如何なものかと思います
トップにあることは
その意味をある部分踏まえたブログととられても仕方がないのではないでしょうか?

そう
貴ブログをアクセスするきっかけは
10/14の
赤祖父氏の「自然の温暖化がメイン論」でした

小生は
妙に納得できる部分が多かったのですが。
自然がメインでも人類の活動がメインでも
どちらでも良いのです。
(小生は自然変動がメインか否かは別として
 自然変動を除外した気候モデルには若干「?」を
 つけますが)
それは学者の間で真剣に、賛否両論を真摯に検討・研究し結論を出す努力をして頂ければと思います。

温暖化しているのが事実なら(事実でしょう)
人類(国民は)は対応すべきです。
そして本当の問題は
エネルギー問題、南北問題、人口問題なのではないでしょうか?
そのことに正面から取り組むべきだと思います。
報道にしても氷河、白熊などを取り上げるだけでなく
化石燃料の今後や増加する人口と食糧問題などを積極的に取り上げるべきだと思います。
残り少ない化石燃料を有効に使いましょう。
そのためにエコを…と。
化石燃料がある間に代替エネルギーの開発を。

時折、報道関係にもメールしますがなかなか・・・。

年寄りの愚痴にお付き合い感謝!
Posted by 佐々木 at 2009年02月04日 08:48
 mokkei1978さん、なるほど、訂正をありがとうございます。
そういうオプションを排除はしないものの、分かりやすいシナリオとして、ある濃度まで年率一定で増加させ、その濃度に達した年から排出をゼロとした場合のその後の動きを提示したということですね。
Posted by SGW at 2009年02月07日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。