2008年10月30日

グリーン・ニューディールの出番だ!

The Green New Deal グリーンニューディール
リチャード・ハインバーグ
http://www.postcarbon.org/green_new_deal
の仮訳を送ります。

−−−
 先週末の「バ」イオニア会議での会話や電子メールでの話題は一つの主題で占められていた。米国の新政権が、金融危機とエネルギー転換の両者を共に扱う首尾一貫した政策を直ちに取る必要があることについてだ。
 失敗し続けている金融機関を支える代わりに、新たな大統領は、化石燃料の必要性を劇的に削減し全廃するための広範だが緊密に協調されたプロジェクト、すなわち再生可能エネルギー設備や鉄道、公共交通機関、数百万の住宅の断熱と代替熱源の採用、国内食料の地産化などのプロジェクトを行うことにより投資を実経済へ注入するべきだ。

 明らかに、次期政権は経済の出血を食い止めるために何か劇的なことを実行する必要があるだろう。なぜグリーンニューディール以外の経済刺激パッケージではいけないのだろう?。これは他のビジネス界や、国防、中産階級、銀行界からの要望とバランスを取りつつ重視するべき、単なる一つの有権者層からの要望に過ぎないものだろうか。

 答えは明々白々で決定的なものに違いない。この経済停滞ないし不況は、まさにカオス的な人類社会の崩壊を食い止めるために化石燃料への依存を終わらせる行動が必要なその歴史的瞬間に現れたのだ。
 ピークオイルと気候変動は、人間社会に前例のない規模の脅威であり命令となっている。国内の(そして究極的には世界中の)運輸、食料、製造システムの脱炭素化改造という政策を取り上げることによって政治家たちは、環境悪化、資源減耗、エネルギーを支配する地政学的競争、失業、貿易赤字、栄養失調、食物関連の病気などなど、多くの危機に同時に対処することができるのだ。

 もし我々(つまり究極的には人類)がこの行動コースを実施することに合意できないなら、我々はほとんど集団としてのサバイバルの最後の機会を失うことだろう。人口を安定化させ減少に向かわせること、経済システムを持続可能な成長パラダイムから定常状態で運営するよう改造することなど、さらに追加の政策は必要だろう。しかし、この救出プロセスは、まず社会を脱化石燃料に向かわせる計画から始めなければならないのだ。

 まずは次期政権に、そしてアメリカの人々に売り込めるよう、この計画は包括的で人を動かすものでなければならない。まもなく、普通の市民に何が問題なのか、そしていかなる犠牲を払えばよりよい世界を後に築けるか、について理解するのを助けるための大規模な公的教育が必要になるだろう。

 この計画は、単なる良いアイデアを含むウイッシュリストであってはならず、難しいが現実的な目標と適切な投資に基づく優先順位を付けられ段階を踏んだプログラムでなけばならない。

 今こそ、その計画の要素を構築するべきときだ。そうすれば選挙に続いて直ちに公式な提案をできる。また、今こそが、エネルギーや食料、気候問題のリーダーたちからのインプットを集めるべきときだ。

 行動の時は今すぐであり、短い間しかない。今朝、ベン・バーナンキFRB議長は新しい景気刺激パッケージを要求し、そのようなパッケージは政権交代の前に、願わくば次期政権チームのインプットを受けてつぎはぎで作られるべきだと指摘したところだ。(10月20日記)
−−−

 オリジナルの概念については、
「トリプル・クランチを解決するためのグリーンニューディール」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/forum2/15514.html
をどうぞ。

ハインバーグは、後に政策提言書
ポストカーボン研究所提案の”リアル・ニューディール”
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/16520.html
を発表しています。
posted by おぐおぐ at 12:16 | TrackBack(0) | 温暖化の政治学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。