2008年08月28日

今はもう秋?のゲリラ豪雨が降っているそうですが

 すみませんが、テレビの映像で見て大変だなあとひとごとで思うだけでして、集中豪雨については実感がありません。

後日記:気象庁の報道発表より
「平成20年8月末豪雨について」
で詳細が報告されています。記録的なものでした。


 愛媛・松山では、ここ数日ようやく連続熱帯夜も過ぎ、夜間窓を開けていると明け方には寒いと感じるようにはなりました。
が、石手川ダムが渇水で貯水率50%を切り、取水制限を二次に強化したという状態で、時たまの雨もやっと庭木が枯れない程度のものです。
もっと雨がちゃんと降ってくれないものかなあー。


 ショックなのは、韓国では梅雨の予報を止めてしまうことにしたという話です。
ブログ『しなやかな技術研究会』
韓国では”梅雨”がなくなった
http://greenpost.way-nifty.com/sinaken/2008/08/post_ab4d.html
 確かに、梅雨明けの後も集中豪雨が多く、梅雨入り直後もしとしと雨というよりも夏の集中豪雨と同じ「降ればどしゃ降り」状態ですから、区別して予報する意味がないという考え方ももっともです。
 韓国の緯度といえば、東日本と同じくらいですから、あちらでもひどい集中豪雨が梅雨そのものよりも相対的に重要になっていることの現われでしょう。

IPCCは第4次報告書の中では、IPCC第4次評価報告書第1作業部会報告書の第11章 地域的な気候の予測 (PDF,244kB)
http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/ipcc/ar4/ipcc_ar4_wg1_es_faq_chap11.pdf
で地域別にも予測しています。

”極端現象:極端現象の変化に関する解析結果は大幅に増加した。その結果、ほとんどの地域でより総合的な評価が可能になった。判明したことのあらましは第3次評価報告書の評価と同様であり、情報源が増えたことでその信頼性は上がっている。地域的な見解で最も顕著に信頼性が上がったのは、熱波・大雨・干ばつに関するものである。これらの進歩にもかかわらず、一部の地域では、極端現象に関する明確な見解に繋がるような、モデルの個別の解析は依然として得られていない。特に、熱帯の極端現象に関する予測には不確実性が残る。熱帯低気圧の分布の予測の難しさが、この不確実性に輪をかけている。温帯低気圧の変化は、大気循環の地域的な細かな応答に依存しているが、このような応答にも一部依然として不確実な部分がある。”

”アジア:気温上昇は、中央アジア、チベット高原、アジア北部では世界平均よりもかなり大きく、東アジアと南アジアでは地球全体の平均より大きく、東南アジアでは世界平均並である可能性が高い。冬季の降水量は、アジア北部とチベット高原では増加する可能性がかなり高く、東アジアと東南アジアの南部では増加する可能性が高い。夏季の降水量は、アジア北部、東アジア、南アジア及び大部分の東南アジアでは増加する可能性が高いが、中央アジアでは減少する可能性が高い。東アジアでは、夏季の熱波/継続的な高温が長引くとともに強さ及び頻度が高まる可能性がかなり高い。東アジアと南アジアでは非常に寒い日は減少する可能性がかなり高い。南アジアの一部と東アジア域では強い降水が増加する可能性がかなり高い。東アジア、東南アジア及び南アジアでは熱帯低気圧に伴う極端な降雨と強風が増大する可能性が高い。”

 ということで、東アジアは「降ればどしゃ降り」ということのようです。


posted by おぐおぐ at 22:39| 異常気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。