2008年06月28日

「地球温暖化詐欺」はどっちでしょう

 日本のブログで、BBCチャンネル4の番組
"The Great Global Warming Swindle"
についての動画の紹介がぽつぽつ出ているようです。
 ニコニコ動画(加入してませんあしからず)や、Youtube動画、Google動画でも日本語の字幕付きで流れているようです。

あんまり広めるのも気が進まないのでリンクは貼っておきません。

ということで、以前、ブログReal Climateの中で紹介されていた記事、
Swindled! 詐欺だ!
http://www.realclimate.org/index.php/archives/2007/03/swindled/
の中で、懐疑派の主張の批判をしていたところを仮訳しておきます。
それでもって、関連ブログにトラックバックやコメントを送っておきましょう。

−−−
・CO2 doesn't match the temperature record over the 20th C.
「大気中CO2濃度は20世紀の気温変動記録とマッチしていない」

 それはそのとおりだが、そもそも(温暖化派も)そんな主張はしておらず不適切な表現だ。
 番組では1940-80年の間の急激な気温低下(たまたま変に強調されているグラフのようだが)を紹介するのに長い時間を掛けていた。温暖化理論の主要な欠陥のように表現していたが、とても欺瞞的である。
なぜならGCM(気候モデル)の中では1940-70年の間の気温低下期間は充分よく再現されており、その多くは硫酸エーロゾルが原因である。
 これはthe IPCC TAR SPM fig 4
http://www.grida.no/climate/ipcc_tar/wg1/figspm-4.htm
や more up-to-date AR4 fig 4
http://ipcc-wg1.ucar.edu/wg1/Report/AR4WG1_Print_SPM.pdf
で示されている。ということで、省略のウソとなっている。


・The troposphere should warm faster than the sfc, say the models and basic theory.
「モデルとその基礎理論によれば、対流圏はsfc(地表面温度)よりも急速に温暖化するはずである」

まさにその通りでそうなっている、但しMSU(人工衛星による観測)のクリスティらによる何度もの校正版データに執着していなければ。
 (IPCCに参加しているからと言って中身には同意していない、と語っていましたが)クリスティは、自分が執筆したUS CCSP報告書の要約を度忘れしているようだが、そこではかつて(過去形になっています)報告されていた地表面と高度の高い大気温の不整合は気候モデルの信頼性と人為的地球温暖化の真実に疑問を投げかけるものであった。
 特に地表面データは実質的な温暖化を示している一方で、初期の人工衛星及びラジオゾンデデータは地表の温暖化の兆候を示していなかった。人工衛星及びラジオゾンデの誤差が確認、校正された結果、現在ではこの著しい不整合は存在していない。新たなデータセットではこの不整合はなくなっている。、と書かれている。過去記事はこちら。
http://www.realclimate.org/index.php/archives/2005/08/the-tropical-lapse-rate-quandary/


・Temperature leads CO2 by 800 years in the ice cores.
「過去の氷床コア記録では、気温変化がCO2の変化に800年先んじている」

 彼らが言うほどではないが、基本的にその通り。とはいえ、彼らは間違った紹介をしている。彼らの説明の仕方では、読者は気温とCO2には逆相関があると思ってしまうだろうが、実際に40-80万年間のコア記録グラフ全体を見れば、わずかすぎて時間遅れを見つけることすらできないだろう。
正しい説明の仕方は良く知られている。気温とCO2には(正の)フィードバックが働いているのだ。
http://www.realclimate.org/index.php/archives/2004/12/co2-in-ice-cores/


・前半は、CO2により温暖化しているのでなければ何によるのだろう?という疑問につながるものだが、答えは"太陽だ"としている。
この説明部分は変に弱くグラフがないインタビューだけだ。スベンスマークの研究すら引用していない。他は以前からの議論の焼き直しだ。
 ちなみにスベンスマークらが太陽活動と気温が高い相関を示しているという主張の根拠になっていたグラフには問題点があったことが知られている。
see figure 1c of Damon and Laut.
http://stephenschneider.stanford.edu/Publications/PDF_Papers/DamonLaut2004.pdf

・ほかは、火山が人類よりも大量のCO2を噴出する
http://gristmill.grist.org/story/2006/12/17/223957/72
、あるいは中世期の英国にはブドウ畑があった
http://www.realclimate.org/index.php/archives/2006/11/english-vineyards-again/
という話まで、懐疑派の議論のてんこ盛りだ。

・最後は政治で締めくくっているが、アフリカの発展の欠如を環境運動のせいにしている。政治を語るのは好まないが、番組では言っていないことを指摘しておけば、京都議定書では途上国の排出削減義務を免除している。(ブレイムゲームは止めろ。)
−−−

mixiのコミュニティ『地球温暖化について知りたい!』の「映画『地球温暖化詐欺』」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=32535993&comment_count=71&comm_id=1248569
の中でもいろいろ議論が出ていますね。

後日記:
Wikipediaの日本語版にも、英語圏のWikipediaでの解説の翻訳版が掲載されています。この文が紹介用には良いですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E8%A9%90%E6%AC%BA_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29◆ブログ界では
池田氏のブログでも相変わらずの一方的な紹介をしています。
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/f660cfa25cd1fa208644f5c92c2f46ef

化学業界の話題ブログへも広がるなど、波及効果は大ですね。
http://knak.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/715_e003.html

 以下は、この記事についたコメントのやりとり一式です。
●Posted by セレステ at 2008-06-28 21:36:44
 問題の本質は、原因もはっきりしない地球温暖化に多額のお金が動いていることであろう。 原因がはっきりしないのに対策は立てられるわけもなく無意味に排出権取引という非常に危険な投機マネーが動いていることを憂慮するのは当然であろう。 ただ単に危機をあおり価値があるかどうかもわからない温暖化対策を進めるのは、将来の危険を言い募り価値のないつぼを売りつける霊感商法に良く似ている。

●Posted by SGW at 2008-06-29 01:15:15
 セレステさん
 G8の各国政府は実に1988年にIPCCに対して、温暖化の科学についての知見をまとめるよう要請しました。それから4次に渡って報告書を作り続けたその成果についての一般人の評価が「原因もはっきりしない」という評価なのであれば、およそ科学者は全員首吊りして世界からいなくなってしまいますぜ。

●Posted by macroscope at 2008-06-29 02:14:56
RealClimateの記事中のsfcはsurfaceの略で、この場合は地上気温をさします。(William氏はつづりを省略して書くくせがあって、このときはだいぶ注意したようだがこれだけなおしわすれたらしい。)

●Posted by スパイラルドラゴン at 2008-06-29 05:03:43
 この程度の文章を、他人に勧めることは私にはできません。
細かいところに反論したら、あなたと同レベルと思われてしまうので止めときます。

 他方、環境省とIPCCは、いつになったら、多くの企業や団体が使用している、温室効果ガスの層が描かれている「温暖化メカニズムの模式図・説明図」は、全て誤りなので、訂正してくださいと要請するのですかね?
http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/7213368.html

 まあ、世界中のCO2の排出量は減少していないのに、平均気温は下降していますし、今後大気中のCO2濃度の測定結果が下降に転じれば、さらに多くの方が地球温暖化詐欺に騙されていたことに気付くようになると思いますがね。

●Posted by SGW at 2008-06-29 06:19:05
スパイラルドラゴンさん、
 あなたの信念を変えることにはならないと思いますが、あなたの懐疑論がどの項目についてのものかをはっきりさせて、自分の考えと違う懐疑論は振り回さないようにするほうが、主張をはっきりと聞いてもらえることと思います。
 この程度の文章を他人に勧めることは私にはできない、ということですが、この程度の文章だ、と思うのでしたら、それこそ自分の主張の補強のためにリンクを張っておいてくださいまし。

●Posted by セレステ at 2008-06-29 07:36:30
 SGWさんフィルムの内容を見ましたか、また最近CO2説を否定する文献も多いのですよ。 定説とはとてもいえないのが現状でしょう、しかも年0.02℃ 程度の気温上昇の為に何で早急に対策を打つのです。 それから上記の内容は気象学者でない私でも科学的な反証でないことはわかります。

●Posted by SGW at 2008-06-29 10:36:50
セレステさん
 年0.02℃の現状の昇温というのは、安全に生態系(特に植生)が移動して適応できるぎりぎりの昇温速度であって、これ以上昇温速度が加速すれば、多くの生態系が崩壊してしまうとみなされている話です。
 安全排出回廊はすでに逸れているという議論もあるかと思いますが、現在のスピードに問題がない、などとはIPCCの報告書には一言も書かれていません。
 否定する文献と言いますが、これまでも欧米の議論で論破されてきたものばかりじゃないですか。

●Posted by masudako at 2008-06-29 17:16:14
イギリスのテレビ番組まで見る時間はとれませんが、人為起源温暖化否定論の本についてのコメントを(また)いくつか書きましたのでURLをあげておきます。(コールダーは昔イギリスのテレビ番組のキャスターもしていた人ですが、最近の番組にかかわっているかどうかは知りません。)

(生態系の危機やいわゆる異常気象をなんでも温暖化に結びつけるのはおかしい、という部分は彼らの議論があたっているところもあります。)

伊藤公紀・渡辺正「地球温暖化のウソとワナ」
http://web.sfc.keio.ac.jp/~masudako/reading/itoh_watanabe_2008.html

丸山茂徳「地球温暖化論に騙されるな」
http://web.sfc.keio.ac.jp/~masudako/reading/maruyama_ondanka.html

Svensmark and Calder "Chilling Stars"
http://web.sfc.keio.ac.jp/~masudako/reading/svensmark_calder.html

●Posted by きと at 2008-06-30 22:46:39
 まあ、普通に考えてヒートアイランドで6℃以上上昇した東京ですら、草や木、鳥、虫は死なないわけで…。住家を奪われていなくなった動植物はいるかもしれないが。
 こういうパイロットスケールでの実証があるのに温暖化で死ぬというのはおかしい。現に温暖化したとされる20世紀は穀物の単位面積あたりの収穫量は増えています。

●Posted by SGW at 2008-07-01 00:21:29
きとさん、
 カナダの亜寒帯林では、パインビートルが大量発生して多くの針葉樹が立ち枯れしています。カナダは寒い地域ですから温暖化すれば植物にとって暮らしやすい気候に変わるはずなのに、どうしてでしょう。

 仮に多様な一つ一つの生態系の中のキーストーン種が現在の気候に適応していることで栄えている場合には、変化は適応を崩す方向への変化ですから、その種に大きな打撃を与えることで、生態系全体の崩壊にまで至る危機が起こりうるわけです。

 温暖化問題を除外してさえ、現代は第五の絶滅時代と呼ばれており、かつてない圧力がそれぞれの地域の生態系に掛かっているわけですから、温暖化の被害は実感などは湧かないでしょうが、線形的な被害想定だろうと思い込まないで欲しいものです。

●Posted by tennsi21 at 2008-07-04 17:34:25
>「私たちは将来世代と生物圏のために化石燃料への依存を減らさなければならないが・・・・・・<
そもそも化石燃料の採取年数は技術的限界もあり、全世界で100年を超えない。人類は好むと好まざるを得ず、代替えエネルギーを探すしかない。
つまり温暖化は放っておいても一時的には進むが50年もすれはピークとなり、その後は寒冷化に向かう。これは地学的見地からも整合している。
普通に考えると今温暖化に金を使うことだけは間違いである。
ではそれは一体誰のためのものなのか?
これは壮大な「騙し」である
少なくとも多くの人類のためのものではないことは明らか。
代替えエネルギーを探すとか他にやることがたくさんあるのだ。
(かといって原子力だけを使えと言っているのではありません。)

●Posted by SGW at 2008-07-05 02:33:32
tennsi21さん、
確かに化石燃料は生産量ピークを超えて減り始める時期がみんなが思っているよりはるかに近い時期に来ると思われます。が、やはり大規模な温暖化を起こすに足る規模です。
 国際交渉では最善の努力が実ったとしても2℃前半台程度の温暖化が想定されていますが、最近の科学者の議論では、20年位前の大気中CO2の濃度、350ppmでの安定化が必要なのではないか、という論が起こっています。
実際には大気中からCO2を除去して積極的に濃度を下げてやるのが不可能に近いことはご承知のことと思います。
ですから、能動的な温暖化対策が不必要という結論にはなりません。

 そして石油石炭の枯渇という問題に対して意味のある適応策もまた、実際には新再生可能エネルギーを開発し、かつ消費も削減する減エネ+省エネを進めることくらいしかありませんから、いずれにしてもこれらの対策費用が不必要になるわけではありません。これらは温暖化対策とエネルギー不足に共に効く2重の効用がある対策である、と捕らえるべきだろうと思います。

「その後は寒冷化に向かう。これは地学的見地からも整合している。」とのことですが、次期の氷河期のことをさしているのでしたら、その後というのは1万年先かもしれない、という議論ですのでそれまでは温暖化が残ることになります。

●Posted by ゆうたん at 2008-07-05 22:48:33
IPCCは特定の思想と利害を持つ学者ばかりを意図的に集めた機関なので、そんな組織の議論は当てにならないと思います。ちょっとモデルをいじれば同じデータを入力してもぜんぜん違う結果が出ますから。

温暖化説の背景にアル・ゴアなどの原子力産業関係者がいるともいわれていますし、経済統制が大好きな左翼勢力がこの騒動に熱心なのも経済統制の口実が欲しいだけに思えます。

そもそも産業化以来一貫して二酸化炭素が増えてきたのに、寒冷化している時期があること自体、二酸化炭素温暖化説の嘘を示していますね。

●Posted by ゆうたん at 2008-07-05 22:51:58
>アフリカの発展の欠如を環境運動のせいにしている。政治を語るのは好まないが、番組では言っていないことを指摘しておけば、京都議定書では途上国の排出削減義務を免除している。

免除されていても左翼系の団体が圧力かけているから同じです。

SGWさん
IPCCにいる学者なんて特定の思想を持った集団だし、学者みたいな連中が責任取るわけないでしょ。彼らは事実上全員公務員なんですから。税金で食ってる連中は責任を取りません。嘘を流して予算を取ります。

●Posted by SGW at 2008-07-06 10:36:33
ゆうたんさん、嘘を100回言っても嘘は嘘ですよ。

>IPCCは特定の思想と利害を持つ学者ばかりを意図的に集めた機関なので、そんな組織の議論は当てにならないと思います。
 現実には、IPCCは世界中の科学論文のレビューをした機関ですので、実際にその趣旨の科学論文がなければでっち上げなんてできませんよ。

>ちょっとモデルをいじれば同じデータを入力してもぜんぜん違う結果が出ますから。
 実際には、IPCCが想定した「同じ」SRESシナリオに対応して、世界中の20くらいの別々の気候モデル研究グループが将来予測をしてもらい、その複数のモデルによるばらつきを総合したものが、IPCC報告書には盛り込まれてて、1.4-5.8℃(第3次報告書)とか、1.1-6.4℃(第4次報告書)とされています。
 ちなみに、シナリオの中で、より環境重視をするか経済成長優先かでコースが変わるというその結論は概ね安定的なものです。

>IPCCにいる学者なんて特定の思想を持った集団だし、学者みたいな連中が責任取るわけないでしょ。彼らは事実上全員公務員なんですから。税金で食ってる連中は責任を取りません。嘘を流して予算を取ります。

 ブレイムゲームは止めた方がいいですよ。
温暖化懐疑論を言う連中なんて、みんな産業界の犬だろー、てな難癖はつけられたくないでしょ。

●Posted by yama at 2008-07-08 19:29:58
いくつか疑問がありますので質問させてください。

硫化エアロゾルの効果は本当に立証されていますか?
IPPCの報告でも「示唆される」という表現でしたし、効果を定量的に評価した論文は見たことがありません。温暖化理論の大きな矛盾を説明する唯一の理論が「示唆される」では・・

カナダの森林の話ですが温暖化との関係は立証されているのですか?大発生というのは往々にして人間活動により環境の多様性が低下したときに起こるものです。温暖化による絶滅を立証した論文を私は知りません。

モデルの整合性をいわれていますが南極の温度低下は説明できるのですか?再現できたという論文は見たことがありません。そもそもCO2温暖化理論は極地から温暖化が始まるという理論なのに・・

私も多少勉強しましたが、現時点ではCO2温暖化理論には矛盾を感じます。よって早急に対処するべきだという主張に対しては慎重な立場をたらせてもらいます。
海外など広範から情報を集めていらっしゃるのですから、ディベートの結果など持ち出さず、CO2温暖化とそれによって差し迫る危機についてもう少し論理的な説明をお願いします。

●Posted by SGW at 2008-07-09 03:31:14
yamaさん、
 さしつかえなければ「CO2温暖化理論には矛盾」という意味をお教えください。
他の要因のあれこれがある、という意味ではないのですか?

 硫酸エアロゾルについては、過去の排出量は火山によるインパルス状の噴出量とその後の経年変化が調べられていますし、それは気候モデルの応答の中に組み込まれています。
 第4次報告書の中にはわざわざ入れていないのかもしれませんが、過去データが沢山なければ、そんなことは不可能なはずです。
第3次報告書の主要な結論「近年50年間の気候変動は人為起源の可能性が高い?」だったかの表現は、その一つの意味として、人為起源の硫酸エアロゾルの寒冷化影響が定量的に適合したことが元になったはずですので、第3次報告書にはあったのではないかと??

>カナダの森林の話ですが温暖化との関係は立証されているのですか?
 カナダの森林の話は、蓋然性が高いという話の一つにしかすぎません。(他の要因を定量化し否定しているという意味での)完全な立証には程遠いでしょう。
 サンゴ礁の白化現象もそうでしょうし、瀬戸内海の磯焼け=海藻生態系の崩壊もそうでしょうし、エチゼンクラゲ、ミズクラゲの大発生も、それぞれ従来の気温や海水温からの推移という状況証拠と、個別の昆虫やらクラゲやらの生態に関わる変動の温度条件が分かっているということを組み合わせて蓋然性が高いと評価できている程度のことです。
 なお、人為的CO2による温暖化論については、他の影響を与える要因の寄与分はどれだけか、という(ある意味)あら捜しに耐えて証明されつつある、という状況だとは思います。
 とはいえ、本当の問題は、例えば原発による大事故の発生の必然性を完全に証明しなければ、危険だからと止めることができない、というのに等しい、温暖化の完全な証明を求める政治的な立場をyamaさんが取るのかどうかだと思いますが。
posted by おぐおぐ at 20:15 | TrackBack(2) | 温暖化懐疑派・否定論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127880611

この記事へのトラックバック

地球温暖化詐欺と受動喫煙の関係
Excerpt: The Great Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺) 見ていてここに登場する科学者のうち少なくとも2人は受動喫煙否定論者という変な関連があることを発見。
Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
Tracked: 2008-07-15 23:59

【二酸化炭素犯人説は誤り】『地球温暖化』論に騙されるな!
Excerpt: 地球温暖化のような「複雑系」では、物事を単純化しない方がいい。
Weblog: ぱふぅ家のサイバー小物
Tracked: 2008-08-05 07:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。