2008年04月24日

4月のイベント案内

 各種MLで転載希望とされた記事より、特にポスト2012(注:「ポスト京都」→「次期枠組」と読み替えてください。)関連に絞って、イベント情報の転載をしておきます。


◆4月26日
脱温暖化社会-G8に向けて日本は何をするべきか?-
脱 温 暖 化 社 会
G8に向けて日本は何をするべきか?

講演: 鮎川ゆりか(WWFジャパン 気候変動特別顧問)
主催:グリーン・アクション 後援:気候ネットワーク

地球の温暖化は深刻な現実であり、その原因は人間の活動に由来するものであることがIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の最新報告により明白になった。またこの問題に対処するには、これからの5−10年間に緊急の行動が必要であることが示された。
 今年から京都議定書の第一約束期間が始まる。しかし、日本の温暖化効果ガスの排出量は減少しておらず、依然として上昇している。京都議定書の第二約束期間(2013年以降)で大幅な削減が求められているにもかかわらず、日本はそうした長期目標も、中期目標もなく、大幅削減を実現させるための政策を持っていない。こういう状況の中、はたして今年の夏に開かれるG8に向けて日本はリーダーシップを取れるのであろうか。
鮎川ゆりかさんには、緊急に迫る問題点と日本の果たすべき役割についてお話いただく。

鮎川ゆりか(WWFジャパン 気候変動特別顧問)
1997年1月よりWWF気候変動プログラムに従事。国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)で、京都議定書のルール決定過程、批准、発効とその軌跡を追ってきた。また国内削減を進めるための政策提言、産業界と共に削減を目指すクライメート・セイバーズ、自然エネルギーの普及促進などに従事。衆議院環境委員会で参考人意見陳述。環境省の京都メカニズム検討会、中央環境審議会の施策総合企画小委員会、2007年7月より「持続可能なアジアの環境人材育成検討会」委員。年度後期、埼玉大学、恵泉女学園大学で非常勤講師。「2008年G8サミットNGOフォーラム」副代表。2007年7月よりWWFジャパン気候変動特別顧問。
主著書:諸富徹・鮎川ゆりか編著『脱炭素社会に向けた排出量取引』(日本評論社、2007年10月)、功刀達朗・野村彰男編著『社会的責任の時代』(第13章執筆)(東信堂、2008年3月)

4月26日(土)
PM7:00〜PM9:00(開場PM6:30)
京都府総合福祉会館ハートピア京都 3階 大ホール

参加費:500円(大学生300円 高校生以下無料)
お問い合せ:グリーンアクション
Tel:075-701-7223
E-mail:amsmithアットマークgol.com


京都府立総合社会福祉会館
ハートピア京都
〒604-0874
京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地
Tel:075-222-1777

交通機関のご案内
京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車 5番出口
(地下鉄連絡通路にて連結)
京都市バス、京都バス、JRバス「烏丸丸太町」バス停下車
烏丸通り沿い南へ

駐車場のご利用について駐車場のご利用は、
公共交通機関での来館が困難な、
身体に障害をお持ちの方に限らせていただいております。
台数・車種に制限がありますので、事前に会館事務室にご確認ください。

−−−−−

◆4月30日
第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)サイドイベント
気候変動と熱帯林の持続可能な経営に関する一般公開フォーラム
http://www.itto.or.jp/live/PageDisplayHandler?pageId=40223&id=3849

主催:国際熱帯木材機関(ITTO)
 1986年に設立された、日本(横浜)に本部のある唯一の国連条約に基づいた国際機関であるITTOが、気候変動と熱帯林の役割についての国際専門家会議を開催するに当たり、一般の方々を対象とした公開フォーラムを開催します。
 地球全体での早急な取り組みが必要とされている気候変動の問題は、5月28日から30日まで横浜で開催される第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)においても重要なテーマになっています。今回の会議では、世界全体の温室効果ガス排出量の約2割を占めているといわれる森林減少や劣化からの二酸化炭素排出の削減に焦点を当て、特に森林減少の大半を占める熱帯林をどのように持続的に利用し、保全して、二酸化炭素の排出を減少させるかについて議論を行います。公開フォーラムへの多数の方々のご参加をお待ちしています。

[プログラム](予定)
あいさつ: 野田由美子 横浜市副市長
  小町恭士 外務省地球環境問題担当大使
  カタリーナ・キューマイヤー(2008年度ITTO理事会議長)(オーストリア)
基調講演: ロデル・ラスコ(気候変動に関する政府間パネル(IPCC)メンバー)
  タッソ・アセベード(ブラジル林野庁長官)
  ユルゲン・ブレイザー(スイス国際協力庁)

パネリスト: 宮脇 昭 横浜国立大学名誉教授・(財)地球環境戦略研究機関-国際生態学センター長
  藤代耕一 横浜市会議長
  天野正博 早稲田大学教授
  皆川芳嗣 林野庁次長
  川口裕之 毎日新聞社 水と緑の地球環境本部長

2008年4月30日(水) 10:00-13:00
はまぎんホールヴィアマーレ 横浜みなとみらい
 横浜市西区みなとみらい3−1−1
URL:http://www.yokohama-viamare.or.jp
JR 横浜市営地下鉄 桜木町駅下車
徒歩5分 (動く歩道利用)
みなとみらい線みなとみらい駅下車
徒歩7分
駐車場なし

使用言語:英語・日本語(同時通訳付)
参加費:無料 (定員300名)

共催/後援: スイス政府、ノルウェー政府、外務省、林野庁、環境省、横浜市、国際協力機構(JICA)、毎日新聞社


お申し込み方法
ITTOウェブサイトhttp://ittomail.jp/form1/registration.html
からお申し込みいただくか、氏名・勤務先・メールアドレスをFAXまたはE-メールでお知らせください。
*お申し込みに対してこちらから通知はいたしません。当日会場までお越しください。

お問い合わせ
国際熱帯木材機関(ITTO) 塙 真名子
Tel:045-223-1110, Fax:045-223-1111, E-mail:hanawaアットマークitto.or.jp
*詳細は http://www.itto.or.jp/live/PageDisplayHandler?pageId=223&id=3845をご覧ください以下、終了したイベント。

●●●−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−●●●
気候ネットワーク
「めざせ!温暖化政策トップランナー」シンポジウム 第2回

「中長期を見据えた温暖化防止政策 〜欧米の法制度に学ぶ」
●●●−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−●●●
■日時:4月3日(木)18:30〜20:45
■場所:メルバルク京都 会議室B(京都市下京区)
 最寄駅:JR京都駅・地下鉄京都駅
◆主催:気候ネットワーク
◆共催:日本環境法律家連盟
◆後援:WWFジャパン

−−−

◆4月12日
●●●−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−●●●
「めざせ!温暖化政策トップランナー」シンポジウム 第3回

   危険な気候変動を防止するために…
        〜「気候保護法」の実現に向けて〜
●●●−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−●●●
日時:4月12日(土)13:30〜16:30
場所:東京ウィメンズプラザ ホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67 TEL:03-5467-1711)
◆主催:気候ネットワーク
◆日本環境法律家連盟(予定)
◆後援:WWFジャパン(予定)

◆4月15日
●●●−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−●●●
気候ネットワーク
「めざせ!温暖化政策トップランナー」シンポジウム 第4回
 中長期を見据えた温暖化防止政策〜気候保護法の実現に向けて〜
●●●−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−●●●
◆日時:4月15日(火) 18:30〜20:45
◆場所:メルパルク京都(京都市下京区)会議室B
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆4月17日
IPCC-IR3S公開サイエンスシンポジウム

参加登録は専用ホームページからの申込みとなっておりますので、
よろしくお願いします。
http://www.simul-conf.com/ipcc-ir3s2008/

今年7月に開催される洞爺湖サミットでは気候変動が主要なテーマになるなど、温暖化問題の解決は、今や世界の重要課題になっています。こうした背景には、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)による第4次報告書の発表があります。
昨年末に、IPCCのこうした功績に対してノーベル平和賞が贈られたことはご存じの通りです。サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)と東京大学は、IPCCとともに、一般公開シンポジウムを企画しました。シンポジウムには、IPCC議長であるパチャウリ氏も来日し、第一線で活躍する科学者とともに、第4次報告書が示した気候変動問題の現状と地球環境の未来について語ります。市民、行政関係者、産業界、研究者、学生など幅広い分野の方々のご参加をお待ち申し上げます。

会期 2008年4月17日 木曜日 14:00〜17:30
会場 東京大学安田講堂
主催 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)
サステイナビリティ学術連携研究機構(IR3S)
東京大学
後援(予定) 文部科学省、経済産業省、環境省、気象庁

◆4月19日
「第1回京都大学地球環境フォーラム」――低炭素社会を目指して――

主催:大学院地球環境学堂、京都サスティナビリティイニシアティブ
期日:平成20年4月19日(土)13:30〜17:00
場所:京都大学時計台100周年記念ホール

趣旨:本年7月のG8洞爺湖会議では地球環境問題が最重要の課題としてあげられています。環境の世紀と称される21世紀も7年が過ぎ、地球環境保全への真に必要な取組が今問われています。京都大学が平成14年4月に新たな地球環境学の確立を目指して創設した大学院地球環境学堂は、全学の地球環境学教育研究のヘッドクォーターとして「Think Globally, Act Locally」のキャッチフレーズのもとに、数多くの取組をして参りました。

また、平成18年4月からは東京大学のIR3Sに協力して、京都サスティナビリティイニシアティブが、持続的発展可能社会の構築へ向けての教育研究に取り組んでいます。この他にも京都大学では多くの研究科・研究所・センターで地球環境保全を意識した教育研究に取り組んでいますことから、これらの成果を広く学内外へ公開し、今後の社会の有り様を市民の皆様と共に考えていくために、新たに地球環境フォーラムを開催することとしました。

 多くの皆様の積極的なご参画をお願いする次第です。

プログラム:(総合司会:吉積巳貴(大学院地球環境学堂助教)
13:30  開会の挨拶 嘉門雅史(大学院地球環境学堂長)
13:40  バリ会議から洞爺湖サミットを展望する
松下和夫(大学院地球環境学堂教授)
14:00  環境・気候変動の解析と予測―――「低炭素社会の実現に向けて」
松岡 譲(大学院工学研究科教授)
14:40  休憩
14:55  循環社会と省エネルギー―――「エコリサイクルのすすめ」
石原慶一(大学院エネルギー科学研究科教授)
15:35  バイオマス利活用―――「未来を創るバイオ材料」
矢野浩之(生存圏研究所教授)
16:15  総合討論(司会:松下和夫)
16:50  閉会の挨拶 井合 進

参加無料、先着400名まで(当日参加受付可能)
参加希望者は「京都大学地球環境フォーラム申込」と明記の上、ご氏名、
ご所属(もし差し支えなければ)を出来れば事前に、メールまたはファックスでお送り下さい。

*******************************************
 京都大学地球環境フォーラム事務局:地球環境学堂
tikyukanアットマークadm.kogaku.kyoto-u.ac.jp
Fax: 075-753-9187

◆4月19,20日
**アースデイ・コンサート**/ **目指せ自給!天ぷら油リサイクル大作戦!**/**アースデイ・グリーントークステージ**/**フェアトレードマーケット&ピースマイルステージ**/
アースデイ東京2008
http://www.earthday-tokyo.org/

◆4月22日
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 
アースデイ東京2008 4月22日(火)  
「プラネット・フューチャー」〜洞爺湖サミットまで77日、地球の日に考える〜
◆◇◆ ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
4月22日は一人ひとりが地球環境のことを考え、関心を持ち、行動を起こす特別な日。そのアースデイに、地球という惑星の未来を、じっくり考える環境映像祭&トークセッションを開催します。世界中で深刻化する気候変動や経済格差、貧困、食料・エネルギー問題。7月に日本で開催される「G8北海道洞爺湖サミット」では、これらの地球規模の問題にどう取り組むかが議論される予定です。今、私たちにできることは何なのか。G8サミットを77日後に控えたアースデイに、環境映像を通して地球の現状を知り、サミットに向け提言を行うNGOや多彩なゲストを招いたディスカッションを通じてグリーンなライフスタイルへのシフトにつなげていきます。       
*       *       *
■日時 2008年4月22日(火)13:00〜19:30 (受付12:30〜)
■会場 国連大学 ウ・タント国際会議場 (定員300名)
東京都渋谷区神宮前5-53-70 
東京メトロ表参道駅徒歩3分 
http://www.unu.edu/hq/japanese/access/
■参加費 無料
■プログラム
【第一部】
13:00〜17:20ナショナル ジオグラフィック チャンネル 環境映像祭
13:00〜13:05 はじめに
13:05〜13:55 『地球環境レポート2008』(50分) 
2007年の1年間、人類が地球に及ぼした影響をデータで振り返る
13:55〜14:45 『野生の楽園:ブータン 最後の理想郷』(50分、字幕)
チベットとインドに挟まれた地上最後のシャングリラに息をのむ
14:55〜15:45 『クジラたちの唄』(50分、字幕) 
クジラたちの生態を通して野生生物との共存や環境問題を考える
15:45〜17:20 『6℃が世界を変える』(95分)
地球の平均気温が6℃上昇したとき、地球はどうなってしまうのか?

【第二部】
17:30〜19:30トークセッション 洞爺湖サミットに向けて私たちができること
・2008年G8サミットNGOフォーラム
・アンニャ・ライト(環境アクティビスト・歌手)
・辻信一(明治学院大学教授・ナマケモノ倶楽部 世話人)
・司会進行:シキタ純(NPO法人BeGood Cafe 代表理事)
17:35〜18:00(1)トークセッション 「G8北海道洞爺湖サミットに向けたNGOの提言とキャンペーン」
18:00〜18:15(2)アンニャ・ライト ミニライヴ
18:15〜18:25(3)「アースキャラバン2008」からの現地レポート
18:25〜19:25(4)トークセッション 「洞爺湖サミットまで77日。私たちができること」(50分)

■申込 以下のリンクからフォームに入力ください。
    http://www.efeel.to/survey/earthday/ またはearthday[@]begoodcafe.comに氏名と連絡先をメール下さい。 

※メール送付の際は、上記アドレスの「@」を半角に直してご送信ください。
※第一部・第二部入れ替え制。 両方もしくはどちらに参加するか 明記して下さい。
■主催 アースデイ東京2008実行委員会  地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)
■特別協力 ナショナル ジオグラフィック チャンネル  NPO法人BeGood Cafe
■協力 2008年G8サミットNGOフォーラム
■助成 株式会社ラッシュジャパン


◆4月23日
2008年G8サミットNGOフォーラムでは、G8サミットへの市民参加プロセスの一貫として、G8各国シェルパと市民との対話集会を開催します。

世界各国から70名ほどのNGOが参加する二日間の国際会議で、一日目は全体会議、二日目は各イシューの分科会とシェルパとのラウンドテーブル議論を行います。

現在、NGOフォーラムのサイトより出席希望を受け付けておりますので、どうぞお申し込みください。
http://www.g8ngoforum.org/2008/03/42324civil-g8.html


=====
CivilG8対話:プログラム(暫定版4/5時点)
同時通訳、参加無料

*プログラムは暫定版で変更の可能性があります。

2008年4月23日 
9:10 -10:00 受付
10:00 -18:00 開会
オープニング 星野昌子, 2008 年G8 サミット NGO フォーラム

全体会議 I. G8 プロセスと洞爺湖サミット: 市民社会からの視点、期待および提言~
基調講演:鮎川ゆりか, 2008 年G8 サミット NGO フォーラム
スピーカー:中尾武彦、財務省国際局次長(サブシェルパ)
      チャンドラ・キラナ、インドネシア
      中村尚司、龍谷大学名誉教授
ユルゲン・マイヤー、ドイツ・環境と開発に関するNGOフォーラム
エラ・パンフィロバ、市民社会と人権研究所
ファシリテーター: 大橋正明 2008年G8サミットNGOフォーラム

全体会議 II. G8と環境~
基調講演:フィル・クラップ、ピュー・トラスト財団
スピーカー:省庁関係者調整中
浅岡美恵、気候ネットワーク
     アテーナ・ロンキーロ、持続可能なエネルギーコミュニティー
     ジェフリー・アラン・マックニーリー、IUCN
     エマニュエル・マリア・カロンゾ, GAIA
ファシリテーター:ピーター・リッチー

全体会議 III. 貧困・開発~"MDGsの達成に向けて-貧困のない公平な世界を求めて-"
概要説明: イルファン・ムフティ, GCAP
スピーカー:オラビデ・アコーニ, エイズに取り組むジャーナリスト連合、ナイジェリア
     カリヤニ・メノン−セン,JAGORI
  石井澄江、JOICEP、2008 年G8 サミット NGOフォーラム

全体会議 IV: ~人権と平和~
スピーカー:ヘルミニア・ミニー・マラボ・デガワン、変革のための先住民ネットワーク
ファディ・ファエズ、恒久平和ムーブメント
     センフン・リー、アジアNGOフォーラム
     川崎哲、ピースボート
     寺中誠、アムネスティーインターナショナル 

2008年4月24日
9:30 - 10:00 受付
10:00 -15:30 ワークショップ
*ワークショップは海外のNGO 約70 名と、日本のNGO 約100名が議論を交わします。
テーマは環境(気候変動、生物多様性、3R)、貧困・開発(開発資金、健康医療、ガバナンス)、人権・平和等が予定されています。

16:00 - 18:00 ◆G8シェルパとの円卓会議
基調講演:河野雅治外務審議官(日本・シェルパ)
18:00 - 18:10 閉会


posted by おぐおぐ at 19:51 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。