2008年01月29日

マーク・ライナス:バリ島発コペンハーゲン行き

 マーク・ライナスのエッセイを翻訳しておきます。
http://www.marklynas.org/2008/1/7/from-bali-to-copenhagen

From Bali to Copenhagen バリ島発コペンハーゲン行き

07 January 08

−−−
 バリ会議で私は、新たな段階のキョウトに合意することが、気候変動の安定化のための最も重要な目的物であると確信した。

初出:ニューステイツマン紙08/1/3

 ツーリストガイドが云うようにバリ島が美しいかどうか私は知らない。ヌサ・デアのリゾート地で開かれた国連気候変動会議に集まった11,000人の交渉担当者やジャーナリスト、ロビイスト、キャンペイナーの大半と同様に、私がこの神の島で見たのは、国際コンベンションセンターの内側だけだった。
これは皮肉屋が言うような、大集会が巨大な時間(と二酸化炭素)のムダであるということではない。逆に、バリ会合は、新たな段階のキョウトに合意することが、気候変動の安定化のための最も重要な目的物であると私に確信させた。

ほとんどのコメンテイターは今や、キョウトの第一フェーズは最善でもある種の成功にしか過ぎず、測定可能なほどの温室効果ガスの排出削減にはつながらないと語っている。
しかしキョウトは1997年に合意され、それは非常に異なった日々だった。
今回は、EUと他の多くの締約国は、10から15年以内に地球全体の排出ピークに加え、先進国の2020年までの25-40%削減、そして世界全体での2050年までの半減という科学が主導した議題を議論するためにバリ会合にやってきた。これらは驚くほど野心的な目標値であるが、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、長期的な気温上昇を産業革命前のレベルから2℃以上に上げないためにはこれらの数字が必要であると述べている。
初めて、国連の気候会合の議題が、みんなが政治的に可能だと考えるものによって決められるのではなく、科学者が地球にとって必要と提案するものによって設定されている。これは国際気候政策における地殻変動だ。

 この変化は3つの原因によって起こった。
1つ、IPCCの第4次評価報告書は気候変動の科学が非常に決定的に定まったため、"科学的不確実性"に基づく反対がすでに維持しきれず、米国人でさえ、そのラインの議論を断念してしまったこと。同時に温暖化懐疑論者たちは数年前の主要な政治勢力から、今日の狂気の陰謀理論家と風変り者へと落ちぶれた。

2つ、全地球的な大衆の意見のシフトが起こった。気候変動は多くの国での議題を主導し、明らかにオーストラリアで投票を左右した。政府の中には、英国の気候変動法のようにおよそ2年前には考えることも不可能だったレベルの地球温暖化抑制策を実行しつつある。

3つ、国際ビジネスの権力者は京都とその後の長年と異なり、もはや気候変動対策に反する行動に支配されてはいない。
世界の最大規模の企業の大半が今や、強制的な排出限度を好んでいると語っている。
実際に、ビジネス界はつい最近まで信じがたかった姿勢、つまり規制されることを今や要求しているのだ。
 ではなぜ、交渉担当者たちが公然と圧力をうけていたというのならなぜ、バリが無条件の成功とはならなかったのだろう?いくつかの勝利、中でも熱帯林の森林減少問題を気候プロセスに持ち込む合意はとても重要であり、途上国は気候変動の影響への適応ファンドをいかに管理するかについての決定から利益を得られると思う。

 また、危機的に重要な変化だが、中国とインドがまもなく自身の目標値を受け入れるだろうという印を目にする。しかし主要なバリロードマップは、いまだに米国という大きな障壁を抱えている。
 最終文書は最後の全体会合の場で極端に感情的な空気の中での転向として、アメリカが最後に折れたものであると広く報道されたものの、米国はEUの数値目標を削除することに成功した。その代わりに、本文の脚注の中では第4次評価報告書の3つのページに言及したが、それは気温安定化のためのさまざまなシナリオを評価しているのにすぎない。
 しかし、これは消えつつある米国政権の最後の尻尾である。
わずか1年で、新たな大統領がホワイトハウスに入り、新しい気候政策を持ち込むだろう。2009年のコペンハーゲンで交渉が完了するときまでには、政治の風景は非常に異なっていることがありうるし、世界のすべての政府を含む長期目標のコンセンサスにつながっていることがありうる。

 バリに始まった道はコペンハーゲンで終わる。今こそ計画を始めよう。
−−−


posted by おぐおぐ at 01:13 | TrackBack(0) | 温暖化の政治・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。