2008年01月04日

テレ朝も温暖化の長編番組を

●テレビ朝日では今晩7時から4時間10分?のぶち抜きの番組で温暖化の特集をやるそうです。
「地球危機2008」

 4日にしたのは、正月のめでたい席にはふさわしくない映像だという考えがあるのでしょうか?

ーーー匿名希望?の方からの情報では、
●1月6日(日)10時から放送のテレビ朝日・サンデープロジェクトは、
「地球環境スペシャル」と題して、
・地球温暖化の日本への影響は?
・京都議定書の問題点は?
・日本は6%+7.7%(2005年確定値)=13.7%をどうやって減らすか?
・キャップ&トレード、環境税(炭素税)の是非?
・COP13の評価?
・洞爺湖サミットで日本が「単なる調整役の議長」を超える働きをするにはどうしたら良いか?
・CO2の大幅削減に向けて国ができることは?
・   〃        地方自治体ができることは?
・国民の環境意識を高めるためには何が必要か?
などについて、以下のパネリストがディスカッションを行う予定です。

鴨下環境大臣
塩崎元官房長官
福山哲郎民主党参議院議員
嘉田由紀子滋賀県知事
月尾嘉男東京大学名誉教授
桝本晃章東京電力顧問(元経団連地球環境部会長)
ーーー
 とのこと。
HPより
−−−
徹底討論!「地球環境スペシャル」

氷河を溶かし、海面を上げ、砂漠を増やし、極端な気象を生み出す地球温暖化。
便利さ、豊かさ、快適さを求めてきた人間がその代償として引き起こした現象だ。
「地球が危ない」と科学者たちは警告する。

しかし、温暖化防止を巡っては各国の思惑がぶつかっている。
激しい主導権争いをし始めたEUとアメリカ、CO2の削減義務を拒否する中国、日本は調整役に徹する構えだが果たしてそれで良いのだろうか?
世界最高水準の環境技術を如何にうまく世界に売込むか?
環境技術を軸に日本再生ができないか?
7月に温暖化防止をテーマとした洞爺湖サミットが行われる今年こそ日本が腰をすえて「環境問題」と向き合う時だ。    

サンデープロジェクトでは今年環境問題にこだわっていきたい。
きょうはその第一回温暖化防止の表と裏をとことん議論する。
−−−

 今年のG8サミットシフトは、地球温暖化問題だ、と各局が決め打ちしている雰囲気がありますね。

 今朝は小池元環境大臣もフジテレビ系列の番組でクールビズの宣伝をしていましたから、塩崎恭久元官房長官も温暖化問題を機に再チャレンジを図っているのかな?

 塩崎議員はたまたまSGWが地元在住なので、2001年のブッシュの京都議定書離脱騒ぎの時には外交族だった氏を議員事務所に訪ねてお話をさせていただいたことがありました。
(あー、ダメダメだ期待できない人だ、とその時は思ったものでしたが・・・「不都合な真実」を見て態度を変えたという話も聞きます。)追記:
 上側の4時間番組50周年の正月番組とのことでしたが、世界の温暖化の現状と被害をいろんなエピソードを連ねて紹介したという構成だったと思います。
もちろんそれぞれのエピソードはそれぞれで重要かつ深刻な現状なんですが、見た人は、最後の白熱電球を電球型蛍光灯に替えよう、というメッセージでは満足できなかったろうな、と思います。
 NHKの選択と集中型の番組を見た後では不満な出来です。


posted by おぐおぐ at 17:09 | TrackBack(1) | 温暖化の政治・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

北極の氷が溶け南極の氷が溶けない幾何学的理由
Excerpt: テレビ朝日開局50周年「地球危機2008」を4時間ぶっ通しで見ていると、北極海の氷が消えることは強調されていたが、グリーンランドや南極の氷は何も言及されていなかった。というわけで補足説明を考えてみる。..
Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
Tracked: 2008-01-05 19:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。