2007年12月28日

ワシントンポスト紙でビル・マッキベンが350ppmを力説

 Remember This: 350 Parts Per Million
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/12/27/AR2007122701942.html

”しかし、最も重要な進展となるだろう出来事はほとんど気付かれずに起こった。それはサンフランシスコの学術秘密会議で起こった。ジェームズ・ハンセンという名のNASAの科学者は、単純で明瞭で、恍惚とさせる、地球にとってのボトムラインを「大気中の二酸化炭素濃度350ppm」と示したのだ。これはワシントンとバリで起こった出来事を奇妙で、ほとんど的外れな出来事にするものだ。それは私たちの未来を定義するかもしれない数字だ。”

 本当に気が重くなりますが、事実は事実として伝えなければならないということだと思います。

 今年の二酸化炭素の大気中濃度は平均して383ppmですし、総温室効果ガスと寒冷化効果のある硫酸エーロゾルを含めてCO2等価濃度で計算しても二酸化炭素単独とほぼ同じ濃度となっていますから、33ppmほどすでに超えており、オーバーシュートして350ppmに戻すためには年率2ppm程度の吸収超過とするとして15年掛ける、という驚くべき対策が必要となることになります。

 これまでEUでは産業革命前と比べて2℃未満の昇温を想定して、450ppmでの安定化が必要だという目標を設定していましたが、IPCCの新たな第4次報告書によれば、450ppm安定化では2℃台前半となってしまうことが分かっています。
さらに、IPCCの中では触れられていなかった北極の海氷の夏季の消滅予測が2012年にまで早まったという議論もありました。
海洋の吸収量が近年低下している、あるいは森林の吸収能力も低下しているという研究報告も出されています。
 また今回マッキベンが記事の中で紹介している、10万年前の前回間氷期の最盛期には気温が現在より2、3℃高かったため海水面も今より10メートル高くなっていた、という古気候学の新たな知見もあり、これまでの2℃目標では本当に安全ではない、より厳しい目標の目安として350ppmという主張に、ハンセンが新たに踏み込んだという経緯なのでしょう。

 そのための手法としてハンセンが強調しているのは、サプライサイドの制限です。
”Hansen called for an immediate ban on new coal-fired power plants that don't capture carbon, the phaseout of old coal-fired generators, and a tax on carbon high enough to make sure that we leave tar sands and oil shale in the ground.”
 これはピークオイル危機をも問題解決の補助として活用することを想定しているのでしょう。(ジム・ハンセンの説くOver the Rainbow戦略その1 を参照のこと。)


 当然ながら、オーバーシュートした状態から350ppmに近づけるための基本的な要素である大幅な吸収を近い将来に実現するためには、バイオマス発電所とCCS(二酸化炭素の回収・貯留)を組み合わせたものを最大の吸収源としてどんどん実現させていくことを想定しているものと思われます。
posted by おぐおぐ at 23:50 | TrackBack(1) | 温暖化の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127880500

この記事へのトラックバック

炭素循環の話 その5 2050年までに二酸化炭素を半減するという目標
Excerpt: ずいぶん、前回から間があいてしまったがその5である。前回までに、「お風呂理論」というのは必ずしも正しくはないということを見てきた。しかし、その説明の仕方は別として、2050年までに二酸化炭素の排出量を..
Weblog: 青い地球の事件簿
Tracked: 2008-04-18 17:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。