2007年11月18日

転載:エコロジー/エントロピー経済ゼミのお誘い

 以下、みどりのテーブルのメーリングリストから転載しておきます。

− − − − − − − − − − − − − − − − − − −
12月3日より開催、エコロジー/エントロピー経済ゼミに参加しませんか
主催 小林一朗(みどりのテーブル共同代表)
− − − − − − − − − − − − − − − − − − −

■ エコロジー/エントロピー経済ゼミに参加のお誘い

 経済学は経済活動を分析し、政策決定に寄与する重要な学問領域です。現在では市場重視の新古典派/新自由主義経済学が絶大な影響力を持ち、世界を単一の市場とする方向に諸国は向かっています。世界各国のあらゆる政策に多大なる影響を与えています。

 しかし、既存の経済学の体系では「劣化しない、無限の自然」が前提にされており、「成長の限界」を本格的に意識しなくてはならない現代に至っては、その前提を根底から作りかえる必要性がますます高まっています。

 経済学は百花繚乱、中には環境を市場経済に取り込むことで環境経済政策をうちだそうという環境経済学もありますが、ごくわずかな論者を除いて「成長の限界」、資源/環境制約をその体系に取り込もうとはしていません。
また、真に資源/環境制約を検討すれば、それはあらゆる既得権の見直しにつながるため、既得権を守ることを前提に物事を考える人たちからそうした提案がなされることは今後もないでしょう。

 持続可能な社会の実現を目指す人々および政治勢力にとって、「無限の自然」を前提としない包括的政治経済環境政策の基礎を学ぶ必要性が日ごと高まっていると思えませんか。

 そこで、この度、自主的に「エコロジー/エントロピー経済ゼミ」を催し、一定期間で基礎を学び、そして提案にまで作り上げていく機会をつくります。
スローな暮らし、適度な規模(スモール)で、簡素(シンプル)な経済を実現していきましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。

■開催要領  開催日 毎月第1、第3月曜日 19:30〜21:30
      12月3日、17日、1月7日、21日、以降つづく。
  場所 みどりのテーブル 事務所(新宿区四谷1-18 オオノヤビル5F)
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35.40.58.882&lon=139.43.50.242&sc=2&mode=map&type=scroll

  TEL/FAX 03-3358-4570
  主催 小林一朗(みどりのテーブル共同代表)
  アドバイザー 泉留維さん、内田宏樹さん
  問い合わせ 小林一朗まで ichiro.k@d4.dion.ne.jp skype名
ichiro_kobayashi(skype名およびメールアドレスで検索できます)
  参加費 1,000円/期(前払い、コピー代・会場費として) テキスト代・資料代は自己負担
  募集人数 最大10名(遠方の方はネット(Stickamのライブ機能)参加も歓迎します)

参加資格は特に限定しません。経済学を学んだことがなくても構いません(むしろ、そうした方と一緒に学びたいと考えております)が、議論の水準を合わせるため、新書程度の入門書を数冊、短期間に読んでいただくことになります。

■オリエンテーション(説明会)
参加を希望される方は、オリエンテーションにご出席ください。
11月19日(月)、11月26日(月)19:30より 同会場にて。
※12月3日、17日は19:00より30分間オリエンテーション、19:30よりゼミ。
11月のオリエンに参加できない方はこちらにどうぞ。


■ 内容
1期/3ヶ月とし、進めていきます。
第1期は前提の確認です。1)近代経済学が「劣化しない、無限の自然」を前提にしていたこと、2)エントロピー学会関係者による総括(到達点)、について学びます。
第2期以降は参加者とともに内容を検討します。
地球環境を熱学的に、そして複雑系として理解するための補講を随時予定しています。
一定の共通理解を得た後に、現実の経済関連政策を個別に検討し、エコロジー/エントロピーの視点から代替策をつくります。

■ 補足
なお、主催者は、このゼミで皆様と学び、議論したことを、みどりの政治勢力の基礎政策に反映していくことを目的とし、またこれまで以上に「持続可能性」について確信して主張していくことを獲得目標としております。みどりのテーブル(http://www.greens.gr.jp/index.html)へ入会はゼミ参加の条件ではありませんが、主張を実現していくための何らかのご協力をいただければ幸甚です。

以上
−−−


posted by おぐおぐ at 01:35 | TrackBack(9) | 温暖化の政治学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

環境問題の解決 日中協調でリード
Excerpt:  NIKKEI NETで、「共創ジャパン〜これからの成長を考える〜」というコーナーが開設されている。  新たに開設されたコーナーのようで、VOL.1として、タイトル「環境問題の解決 日中協調でリード」..
Weblog: ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)
Tracked: 2007-11-19 08:17

分配よりまず成長
Excerpt:  日本経済新聞12月4日付「逆走ニッポン」のコーナーで、オリックス会長の宮内義彦氏のインタビュー記事が報じられている。  タイトルは、「分配よりまず成長を語れ」である。  その中で、宮内氏は、「日本は..
Weblog: ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)
Tracked: 2007-12-05 08:15

身近な製品で地道に省エネ、消費者の心掛けも後押し
Excerpt:  日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー12月5日付記事である。タイトルは、「身近な製品で地道に省エネ、消費者の心がけも後押し」である。  タイトルにリンクを張っておくのでチェックす..
Weblog: ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)
Tracked: 2007-12-07 08:14

地球温暖化検証の歴史
Excerpt:  NIKKEI BP NETで、面白い記事を見つけた。  記事は、10月15日付でかなり以前の記事であるが、この際知っておく価値のある記事である。  タイトルは、「温暖化の検証」で、その歴史について言..
Weblog: ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)
Tracked: 2007-12-09 08:26

地球の現実 - アマゾンの森林55%壊滅も
Excerpt:  日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー12月6日付の記事である。タイトルは、「(12/6)アマゾンの森林55%壊滅も ‐ 地球温暖化加速の恐れ」である。  タイトルにリンクを張って..
Weblog: ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)
Tracked: 2007-12-10 08:11

温暖化へ宣戦布告 ‐ 山本良一・東大教授
Excerpt:  日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)インタビューコーナーで、12月13日から始まる「エコプロダクツ2007」に向けて、実行委員長を務める東京大学生産技術研究所の山本良一教授のインタビュー記事を公..
Weblog: ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)
Tracked: 2007-12-12 08:36

グリーン購入ネットワークの活動
Excerpt:  日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー12月13日付記事である。タイトルは、「(12/13)月783トンのCO2削減効果 - レジ袋辞退運動で推計」で、環境問題に取り組む民間非営利..
Weblog: ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)
Tracked: 2007-12-18 08:12

町内全店でレジ袋有料化へ - 北海道浜中町、全国先駆け
Excerpt:  日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー12月14日付記事である。  タイトルは、「(12/14)町内全店でレジ袋有料化へ ‐ 北海道浜中町、全国先駆け」で、レジ袋有料化により、温暖..
Weblog: ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)
Tracked: 2007-12-21 08:14

自動車各社、欧州で次世代環境車競う
Excerpt:  日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー12月15日付記事である。  記事タイトルは、「(12/15)自動車各社、欧州で次世代環境車競う」で、タイトルにリンクを張っておいたので、記事..
Weblog: ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)
Tracked: 2007-12-24 00:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。