2007年10月30日

ハリケーン到来を待ち望む米国南部の干ばつ

 米国の干ばつモニタリング・センター
http://drought.unl.edu/dm/monitor.html
の最近の画像を引っ張ってきました。
 過去12週間のアニメーション画像もあります。米国南部(実際には東南部ですが)の酷い干ばつのど真ん中(真っ赤になっている地域)は過去12週間でほとんど変化がなく、居座っていることが分かります。

 南カリフォルニアのサンタアナ(フェーン現象)でセレブたちを含む50万人に一時避難をしいた森林火災も、干ばつが一因となっていることが分かります。

AFP:US battles epic drought, little relief in sight
http://news.yahoo.com/s/afp/20071027/ts_afp/usdrought_071027181751
ジョージア州アトランタ発の記事。
”The worst hit is the southeastern state of Georgia, that is largely under level four, or "extreme" drought. Officials say this is the worst drought the state has experienced since 1892, if not in history.”
”Forecasters say a major storm could still barrel in from the Atlantic and bring badly-needed rains to the southeastern United States, but point out there is only one month left in the six-month hurricane season.

"With the hardest-hit areas needing more than a foot (30 centimeters) of rain to pull out of drought, this drought is not going away soon," said government forecaster Randy Schechter.”追記:
報道ステーションで山火事跡地の報道をしていました。
 それによると、南カリフォルニアのデスバレーの夏季5〜9月の平均降水量(13mm)よりも、ロサンゼルスの降水量が12mmと今年は少なかったそうです。
 今週末にはサンタアナの風も復活するかも知れないということで、鎮火宣言はまだ出せないそうです。


posted by おぐおぐ at 02:16 | TrackBack(0) | 異常気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。