2007年10月14日

アル・ゴアのノーベル平和賞受賞

 国内の新聞やテレビでも、欧米のニュースでもアル・ゴアとIPCCのノーベル平和賞受賞の報道で一杯です。

・地球温暖化問題が平和を脅かす安全保障上の問題であるという主張へのお墨付きを今回貰った。

・問題をゴアが宣伝して広めたが、その科学的な根拠はIPCCが積み上げたので、その両者に賞を分け与えてバランスに配慮した。
 
・国際平和への脅威である米ブッシュ政権の外交政策に対するアンチテーゼとしてのゴアの存在をノーベル賞委員会委員たちが祭り上げた。

などさまざまな側面を指摘することができると思いますが、やっぱり一番気になるのは、これでゴアは2008年の米大統領選に出馬するのか、そして出馬するべきなのかという議論でしょう。

・アル・ゴアは依然、米大統領選に出馬する計画はないと明言しています。おそらく実際に出馬しないのでしょう。そしてそれは温暖化対策を進める立場からは好ましいことだと思います。 腑に落ちたのはここの論説でした。
For whom the Nobel tolls
http://gristmill.grist.org/story/2007/10/12/2925/1106

”He would own the climate change issue, so other candidates would have to start attacking him on it and distancing themselves from it. He'd be forced to spend his time discussing one piece of frenzied ephemera after another, instead of focusing on his animating passion.
He'd end up in a bruising, demeaning battle, and winning some peace prize wouldn't shield him. The process of electing a president, like so many things in the U.S. today, has become small and petty. It shrinks, cheapens, simplifies, and plasticizes those who take part in it, as Gore has already learned.”

 そしてこう結んでいます。
”We are at an inflection point in history. These are times of immense consequence. The world will either unite around the problem of climate change and start pulling as one in the direction of survival and sustainable development, or grim years lay ahead for all of us. We must learn, as a species, how to share our collective resources more equitably and how to become happier without using more stuff and creating more waste. We must decouple our health and fulfillment from our ecological impact.

That's the project Gore's involved in now. He is called to higher things than running for president.”

リンク
深夜のNews:じきに人々の意識が変わり、新しい時代が開けると


posted by おぐおぐ at 08:49 | TrackBack(0) | 運動論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。