2007年09月10日

エルニーニョとCO2濃度の変化の関係グラフの読み方

 槌田否定論批判の一部として、討論会の感想
で書きました主張の補強作業をしてみましょう。

明日香氏他の最新版の「反論へのコメント」(最新版V2.31)
の中でも、図5(P.21)の説明で、
−−−
一方CO2の年増加率のグラフを見ると、負の値には決してならない。これはグラフに示された全期間を通じ、CO2が増加していることを意味する。つまり、水温の上昇・下降に関係なくCO2が増加しているというということを図5は表している。この事実は槌田(2006)や近藤(2006)の主張と矛盾する。
−−−
とあります。また、

−−−
なお、1990年代の平均的な人為起源CO2排出量は6.3GtC/yrである。この排出量のうち半分程度が海洋や森林などに吸収された場合に対応する大気中CO3濃度増加率を計算すると、1.5ppm/yrほどになる。
−−−
と書かれています。


 が、ここは以下の説明の方が分かりやすいかと思います。

kondoh.JPG

 人為的CO2排出量は化石燃料統計から算出できますが、この人為的排出を受けた場合の仮想的な大気中CO2濃度増加量を<近藤邦明氏の図> に追加プロットすれば、平均したCO2濃度増加量を示す点線の2倍近くの高い位置に青色線を描けます。(上部のグラフ)
すなわち、<近藤邦明氏の図>でCO2濃度が定常的に上昇基調にある、その長期的な基調部分こそが、人為的な排出による影響であると言えます。
 この青色の基調線と黒色の観測された瞬間的な大気中CO2濃度の増加量とのギャップ分が、陸上生態系と海洋によって「吸収」されたCO2の量になります。
 エルニーニョ期は、必ずしも毎回濃度が増加傾向にあるとは言えません。87,8年および97,8年頃はエルニーニョ期の干ばつによって大規模な森林火災が世界各地で起こったことが知られていますから、特に陸上生態系が吸収源ではなく排出源に変わったと想定するのが妥当です。

 ということで、槌田説にいう「(海水温変化によって)海洋からCO2が排出されることで大気中CO2濃度が増加している」という論は間違いで、海洋はCO2の吸収源です。
 この自然の「吸収」量が増減することで、見かけ上の増加のように見えているだけのことです。人為的なCO2排出量のことを失念している槌田説の解説は、恥ずかしい説だと言わざるをえません。 ちなみに、このグラフはハンセンによるグラフ と同じ形のグラフとなります。



計算方法:人為的な年間CO2排出量と大気中濃度増加量との換算の仕方
−−−
1.大気の全質量の計算

 大気の全質量は地球の地表の表面積が支えている、下向きに押す圧力分を合算したものとして計算できます。

 地球の表面積は5.10072×10^14 m2 とWikipediaにあります。
1atm=1.033kgf/cm2 ですから、大気の全質量は
 5.1×10^18 [cm2] ×1.033 [kgf/cm2] ≒5.3×10^18 [kg]=5.3×10^15[t]

と一発で出てくるわけですね。

2.二酸化炭素の濃度増加量(重量ppm)計算

 化石燃料の燃焼に伴うCO2の排出量は、
90年代の平均排出量が6.3Gt-C/yrですから、炭素換算トンと二酸化炭素重量の換算係数3.67を使って、
 6.3[Gt-C/yr]×3.67[CO2/C]=2.31×10^10[t-CO2/yr]

となりますから、重量ppmでの年次濃度増加量は
 2.31×10^10[t-CO2/yr]/5.3×10^15[t]=4.4重量ppm/yr

となります。

3.重量ppmから容積ppmへの換算
 空気の平均分子量を29としてCO2の分子量44で割ると、容積ppmに換算できますので、
4.4*29/44=2.9ppmv/yr

となります。

−−−

ということで、「討論会の感想」
の説明を再度お読みいただければと思います。
posted by おぐおぐ at 05:15 | TrackBack(0) | 温暖化懐疑派・否定論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127880418

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。