2007年01月20日

米民主党の下院議長、新たに温暖化の特別委員会を設置?

House Speaker Pelosi wants new committee to deal with global warming
http://www.iht.com/articles/ap/2007/01/19/america/NA-GEN-US-Congress-Global-Warming.php
ナンシー・ペローシ新下院議長は、新しい地球温暖化問題の特設委員会を設置することを決めたいとしています。7/4の独立記念日までに地球温暖化法を成立させてエネルギー自立を目指すとのこと。
環境NGOは2008年の大統領選で政治対決色が強くなる前に歩みを進めるためのいい提案だと評価しているようです。

Pelosi Global Warming Plan Is Latest Tussle With Panel Chiefs
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601103&sid=aBcHOdYhqTcM&refer=us
 ペローシ議長と既存の委員会の委員長に収まった民主党の長老議員たちとの格闘がこれから続くようです。エネルギー関係の委員会はデトロイトの自動車メーカーの意向で動いています。

 Committee on Energy Independence and Global Warmingという名前の委員会と言うことは、実際にはピークオイル問題も含めて扱う意思があるのかもしれません。要チェックですね。


 米国の制度について良く知りませんでしたが、下院議長は大統領のピンチヒッターの第2位にあるんですね。大統領不測の事態に代替する第1位は副大統領ですが、上院議長も兼任していますので。

ちなみに、
The Peak Oil Crisis: Congressional Hearings - Round #2
http://www.fcnp.com/index.php?option=com_content&task=view&id=760&Itemid=33
によると、ピークオイルに関する公聴会の第二ラウンドが、今度は米国連邦上院のエネルギー・天然資源委員会で開催されています。
危機感の高まりは相当なようです。ここでもエネルギー自立について質疑がされていますが、現実的ではなく無理とされたようです。参考:
中岡望の目からウロコのアメリカ より
民主党支配の議会で何が変わるか?:ペロシ下院議長の”最初の100時間”の挑戦

ここで紹介している、民主党が重視している6項目の中に「エネルギー自立」が含まれています。


posted by おぐおぐ at 05:29| 温暖化の政治・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。