2006年02月12日

エクセター会議報告本「危険な気候変動を避ける」

「雪だるまは転がり始めているか?−ティッピングポイント問題」の中でも紹介しましたが、 ブレア首相が前文を書いて話題になった、「Avoiding Dangerous Climate Change」本の本体がホームページに掲載されています。
http://www.defra.gov.uk/environment/climatechange/internat/pdf/avoid-dangercc.pdf

(同、2005年2月時点でのエクセター会議報告の要約Executive Summary of the “Avoiding Dangerous Climate Change” Conference Report
http://www.defra.gov.uk/environment/climatechange/internat/pdf/avoid-dangercc-execsumm.pdf

この本は、おそらくは2007年にIPCC第四次報告書(AR4)が発行されるまでの間は最も包括的な温暖化の参考本となるものと思われます。
 ここの7ページ目にブレア首相が書いた前文(foreword)があります。実際にはいつ書いたものでしょうね、以下に紹介しておきます。

( インディペンデント紙:Global warming: passing the 'tipping point'もこの本の中身を見てのまとめをしています。)
The Rt Hon Tony Blair, MP UK Prime Minister−−−
 気候変動は世界にとって最も大きな環境面の挑戦です。過去200年間で6倍に増加した世界人口が、工業化し経済成長をすることに伴って排出された温室効果ガスが、持続できない速度での地球温暖化の原因となっていることは今では明らかとなっています。そのため、私は2005年に英国がG8議長国としてまたEU議長国としての最高の優先課題の一つとして気候変動をおいたのです。
その年の初めに、気候変動の科学の理解と前進を強めるために、私たちはエクセターにあるハドレーセンターで国際会議を主催し、最良の答えを集めるために必要な、重要な問いを定めました。
「大気中の温室効果ガス濃度がどれだけになると、明確に多すぎると言えるだろうか?」そして「そのレベルになることを避けるためにどのようなオプションがあるだろうか?」です。
この作業で、気候変動のリスクが我々が思っていた以上に大きいことがはっきりしました。同時に、気候変動の最悪の影響を避けるために多くのことが出来うることが示されました。
今日行う行動が、気候変動の最悪の影響を避けるのに役立ちます。先見の明をもてば我々の生活様式に悪影響を与えることなしにこれらの行動を行えるでしょう
この会議はG8サミットへの科学的な背景となりました。グレンイーグルスでの会合でG8諸国の指導者たちは気候変動の重要性と、人間活動がそれに寄与していること、温室効果ガスの排出を減速させ、反転させることが必要であることに合意することができました。
G8各国はすべて排出の”実質的な削減”を行うこと、そして今確信を持って緊急に行動することが必要であると合意しました。
エネルギー需要が著しく関心を持つ国々とG8諸国との間での新たな、気候変動とクリーンエネルギー及び持続可能な発展に関する対話に関する合意がありました。このプロセスは、気候変動とその対策、そして排出削減のための将来の行動に関する国際交渉のためのより建設的な雰囲気を作り出すことができるようにするためのものです。
この本は会議なりイベントの記録以上のものです。この本は気候変動の科学についてそして人類がこの問題に取り組むための行動の必要性についての理解を深めたい人すべてにとってこの上なく役立つ情報でしょう。
−−−

 目次を掲載しておきます。ぼちぼち部ごとの最初にある序文も継続して翻訳、紹介していきたいと思います。
Foreword by Rt Hon Tony Blair, MP . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . vii
Ministerial Address by Rt Hon Margaret Beckett, MP . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ix
Preface . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xi
Acknowledgement. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . xiii

SECTION I
Key Vulnerabilities of the Climate System and Critical Thresholds. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
1 Avoiding Dangerous Climate Change . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
Rajendra Pachauri
2 An Overview of ‘Dangerous’ Climate Change . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
Stephen H. Schneider and Janica Lane
3 The Antarctic Ice Sheet and Sea Level Rise . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
Chris Rapley
4 The Role of Sea-Level Rise and the Greenland Ice Sheet in Dangerous Climate Change: Implications
for the Stabilisation of Climate . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
Jason A. Lowe, Jonathan M. Gregory, Jeff Ridley, Philippe Huybrechts, Robert J. Nicholls and
Matthew Collins
5 Assessing the Risk of a Collapse of the Atlantic Thermohaline Circulation. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
Michael E. Schlesinger, Jianjun Yin, Gary Yohe, Natalia G. Andronova, Sergey Malyshev and Bin Li
6 Towards a Risk Assessment for Shutdown of the Atlantic Thermohaline Circulation . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
Richard Wood, Matthew Collins, Jonathan Gregory, Glen Harris and Michael Vellinga
7 Towards the Probability of Rapid Climate Change . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
Peter G. Challenor, Robin K.S. Hankin and Robert Marsh
8 Reviewing the Impact of Increased Atmospheric CO2 on Oceanic pH and the Marine Ecosystem . . . . . . . . . . 65
C. Turley, J.C. Blackford, S. Widdicombe, D. Lowe, P.D. Nightingale and A.P. Rees

第一部序文「気候システムの主要な脆弱性と臨界となるしきい値」
−−−
 人為的温室効果ガスの排出の結果、気候システムの主要な要素にますます圧力がかかっている。気候の変化と海面上昇は比較的ゆっくりと着実に進むだろう。しかしこの傾向に重なって、より重要な結果をもたらす急激で不可逆的な変化が起りうる。主要な懸念地域はグリーンランドと南極の氷床であり、海洋の熱塩循環である。この章の論文はこれらについて示している。
 導入部となる論文でシュナイダーとレインは(定義はむずかしいが)”危険な”気候変動問題の概観を示している。ここではまたタイプ1(過大評価)の誤りとタイプ2(過小評価)の誤りの概念を示して、科学者と政策決定者の異なっているが相補的な役割に焦点を当てている。…
 ラプレーは南極氷床とその海面水位との関係に焦点を当てている。西部南極氷床(WAIS)の安定性についてのデータと南極全体の質量バランスについて紹介している。ラーセンBのような棚氷の崩壊は氷河の”コルクの栓抜き”効果となって2.6倍ほど流動を高める。温暖化現象の寄与については確認されていないが、予測される効果とは整合性がある。
 ロウェらの論文はグリーンランドの氷床についてのものだ。
グリーンランドの氷が完全に融ければ地球の平均海面水位は約7メートル上昇するため、融解の可能性と時間スケールは重要である。ロウェらは2.7℃以上の局所的な気温上昇によってこの氷床が縮小を始めるという発見に基づいて、モデルアンサンブル数値実験を行った。たとえCO2の大気中濃度が450ppmレベルであっても、5%の回数では完全で不可逆的な融解が起ることが示された。完全に融けるまでのの時間スケールは数千年以上ではあるが、IPCC第三次報告書の予測よりは加速している。
 3本の論文は北大西洋熱塩循環(THC)の安定性についてのものだ。
シュレジンガーらは主要なパラメータと政策選択肢との確率分布に基づいた評価を行った結果、温暖化対策なしの場合の熱塩循環の崩壊の確率と政策によるその回避の確率を得た。シャレノールらは同様なTHC崩壊の確率評価を大規模なアンサンブル研究によって行った。どちらの研究も2100年以前にTHCの崩壊が起る確率は以前の研究よりも高いことを示したが、モデル自体は単純なものであるため注意を要する。
 ウッドらは2049年頃に急激なTHCの崩壊が起ったとしてその冷却効果は、北大西洋地域では温暖化の傾向を打ち消しさらに冷却する方向となることを明らかにした。AOGCM(大気と海洋を結合したGCM)気候モデルによる評価ではこれまで2100年までにはTHCが崩壊した例はないが、更なる研究と観測が必要だ、としている。
 ターリーらは大気中のCO2の増加に伴う海洋の酸性化(pHの減少)データを評価している。海洋の酸性化は劇的に海洋生態系と生化学サイクルを変化させ、海洋は重大な被害をこうむる。
 これらの論文は、なぜ予想される問題群に対して”地球温暖化”という言葉を使うのが不適切かを説明している。気温にのみ焦点を当てるのではなく、気候変数全体の範囲での大幅な急激な変動とまた、CO2の濃度増加の直接的な海洋への影響を予期するべきなのだ。さらに我々は確率論的な用語で、不確実性を将来の排出シナリオの不確実性と気候モデルの不確実性に区分する必要があり、いくつかはその試みとなっている。気候変動に対処することは将来の変化と政策行動の結果の両者の不確実性をバランスさせること、そして行動の遅延に伴う危険性を理解することが含まれる。
 我々の地球系についての理解はまだ不完全であり気候モデルは明らかに進歩する必要がある。たとえば、グリーンランドの氷床が融ければどれだけ海面水位が上昇するのかの判断はできても、その劇的な結末にいたるためのしきい値やかかる時間について完全には理解していない。同様に、少なくとも私たちの最も詳細で包括的な気候モデルAOGCMでは2100年までにTHCが崩壊するとは予測されていないが、より単純な気候モデルでは今回より大きな懸念材料が示されている。気候システムへの危険な人為的干渉の可能性についてよりよく理解するためには、この部の論文で明らかにされた複数のしきい値と複数の”ティッピングポイント”の定量的な評価についてより理解が進むことが必要である。
−−−
 ちなみに、冒頭にIPCC第三次報告での影響評価の結論を紹介する文章もついています。

SECTION II
General Perspectives on Dangerous Impacts . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
9 Critical Levels of Greenhouse Gases, Stabilization Scenarios, and Implications for the Global Decisions . . . . 73
Yu. A. Izrael and S.M. Semenov
10 Perspectives on ‘Dangerous Anthropogenic Interference’; or How to Operationalize Article 2 of the UN
Framework Convention on Climate Change . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
Farhana Yamin, Joel B. Smith and Ian Burton
11 Impacts of Global Climate Change at Different Annual Mean Global Temperature Increases . . . . . . . . . . . . . 93
Rachel Warren

SECTION III
Key Vulnerabilities for Ecosystems and Biodiversity . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133
12 Rapid Species’ Responses to Changes in Climate Require Stringent Climate Protection Targets . . . . . . . . . . 135
Arnold van Vliet and Rik Leemans
13 Climate Change-induced Ecosystem Loss and its Implications for Greenhouse Gas Concentration
Stabilisation . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 143
John Lanchbery
14 Tropical Forests and Atmospheric Carbon Dioxide: Current Conditions and Future Scenarios. . . . . . . . . . . . 147
Simon L. Lewis, Oliver L. Phillips, Timothy R. Baker, Yadvinder Malhi and Jon Lloyd
15 Conditions for Sink-to-Source Transitions and Runaway Feedbacks from the Land Carbon Cycle. . . . . . . . . 155
Peter M. Cox, Chris Huntingford and Chris D. Jones

SECTION IV
Socio-Economic Effects: Key Vulnerabilities for Water Resources, Agriculture, Food and Settlements . . . . 163
16 Human Dimensions Implications of Using Key Vulnerabilities for Characterizing
‘Dangerous Anthropogenic Interference’ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 165
Anand Patwardhan and Upasna Sharma
17 Climate Change and Water Resources: A Global Perspective. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167
Nigel W. Arnell
18 Relationship Between Increases in Global Mean Temperature and Impacts on Ecosystems,
Food Production, Water and Socio-Economic Systems . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 177
Bill Hare
19 Assessing the Vulnerability of Crop Productivity to Climate Change Thresholds Using an Integrated
Crop-Climate Model . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 187
A.J. Challinor, T.R. Wheeler, T.M. Osborne and J.M. Slingo
20 Climate Stabilisation and Impacts of Sea-Level Rise . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 195
Robert J. Nicholls and Jason A. Lowe

SECTION V
Regional Perspectives: Polar Regions, Mid-Latitudes, Tropics and Sub-Tropics . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 203
21 Arctic Climate Impact Assessment . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 205
Susan Joy Hassol and Robert W. Corell
22 Evidence and Implications of Dangerous Climate Change in the Arctic . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215
Tonje Folkestad, Mark New, Jed O. Kaplan, Josefino C. Comiso, Sheila Watt-Cloutier,
Terry Fenge, Paul Crowley and Lynn D. Rosentrater
23 Approaches to Defining Dangerous Climate Change: An Australian Perspective . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 219
Will Steffen, Geoff Love and Penny Whetton
24 Regional Assessment of Climate Impacts on California under Alternative Emission Scenarios . Key
Findings and Implications for Stabilisation . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227
Katharine Hayhoe, Peter Frumhoff, Stephen Schneider, Amy Luers and Christopher Field
25 Impacts of Climate Change in the Tropics: The African Experience . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 235
Anthony Nyong and Isabelle Niang-Diop
26 Key Vulnerabilities and Critical Levels of Impacts in East and Southeast Asia . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 243
Hideo Harasawa

SECTION VI
Emission Pathways. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 251
27 Probabilistic Assessment of ‘Dangerous’ Climate Change and Emissions Scenarios: Stakeholder
Metrics and Overshoot Pathways. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 253
Michael D. Mastrandrea and Stephen H. Schneider
28 What Does a 2°C Target Mean for Greenhouse Gas Concentrations? A Brief Analysis Based on
Multi-Gas Emission Pathways and Several Climate Sensitivity Uncertainty Estimates . . . . . . . . . . . . . . . . . 265
Malte Meinshausen
29 Observational Constraints on Climate Sensitivity . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 281
Myles Allen, Natalia Andronova, Ben Booth, Suraje Dessai, David Frame,
Chris Forest, Jonathan Gregory, Gabi Hegerl, Reto Knutti, Claudio Piani,
David Sexton and David Stainforth
30 Of Dangerous Climate Change and Dangerous Emission Reduction . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 291
Richard S.J. Tol and Gary W. Yohe
31 Multi-Gas Emission Pathways for Meeting the EU 2°C Climate Target. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 299
Michel den Elzen and Malte Meinshausen
32 Why Delaying Emission Cuts is a Gamble . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 311
Steffen Kallbekken and Nathan Rive
33 Risks Associated with Stabilisation Scenarios and Uncertainty in Regional and Global Climate
Change Impacts . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 317
David Stainforth, Myles Allen, David Frame and Claudio Piani
34 Impact of Climate-Carbon Cycle Feedbacks on Emissions Scenarios to Achieve Stabilisation. . . . . . . . . . . . 323
Chris D. Jones, Peter M. Cox and Chris Huntingford

SECTION VII
Technological Options . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 333
35 How, and at What Costs, can Low-Level Stabilization be Achieved? . An Overview . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 337
Bert Metz and Detlef van Vuuren
36 Stabilization Wedges: An Elaboration of the Concept . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 347
Robert Socolow
37 Costs and Technology Role for Different Levels of CO2 Concentration Stabilization . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 355
Keigo Akimoto and Toshimasa Tomoda
38 Avoiding Dangerous Climate Change by Inducing Technological Progress: Scenarios
Using a Large-Scale Econometric Model . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 361
Terry Barker, Haoran Pan, Jonathan Kohler, Rachel Warren, Sarah Winne
39 Carbon Cycle Management with Biotic Fixation and Long-term Sinks . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 373
Peter Read
40 Scope for Future CO2 Emission Reductions from Electricity Generation through the Deployment
of Carbon Capture and Storage Technologies . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 379
Jon Gibbins, Stuart Haszeldine, Sam Holloway and Jonathan Pearce, John Oakey,
Simon Shackley and Carol Turley
41 The Technology of Two Degrees . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 385
Jae Edmonds and Steven J. Smith

後日記:
日本の記事にもなっていますね。
「南極巨大氷床の崩壊」が現実に? 英政府が警告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060201-00000001-wir-sci
・環境メールニュースでも
英国政府の報告書「危険な気候変動を回避する」(2006.03.01)として紹介されています。マーガレットベケット大臣による要旨の和訳があります。


posted by おぐおぐ at 17:01| 気候カタストロフィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。