2005年11月29日

太平洋のアトランティス

 いやいや、太平洋にもムー大陸という伝説がすでにあるんですけど。

11/25英ガーディアン紙:太平洋のアトランティス:最初の気候変動難民
Papua New Guinea: Pacific Atlantis: first climate change refugees
より、抜粋訳を送ります。

 地球温暖化といかに戦うかについてのモントリオール150カ国会合を次週に控えた24日、パプアニューギニアのCarteret環礁の住民980名は史上初めての気候変動難民となる決断を下した。
彼らは過去30年間、海面上昇と地下水の塩水化によるココナッツ被害、そして波が家々を破壊することと戦ってきたが、敗れたのだ。 2年以内に全員が環礁から退去する予定で、2015年までには完全に海面下に水没するだろう。

 国際赤十字によると、オセアニア地域で天候に関連する災害の被害者数は過去30年間で65倍に急上昇しているという。
 サイクロンや干ばつ洪水など、科学者が増加を予測している出来事が多くの島々での生活を不可能にすると言われており、そのおそらくは止められないプロセスの最後の仕上げとして、海面上昇により島々は完全に沈んでしまう。

−−−
感想:
 これ以上象徴的な出来事はないでしょうね。
 オーストラリア政府あたりが問題を隠すために大慌てで住民向けに緊急援助をしはじめそうな気もしますが。
 21世紀は環境(難民)の時代です。


posted by おぐおぐ at 11:17| 異常気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。