2009年02月21日

ツートップでコペンハーゲンへの道をひた走るオバマ政権

 ヒラリー・クリントンの中国外交とオバマのカナダ外交について、ワシントンポスト紙が書いています。

ワシントンポスト紙:U.S. Has Dual Task On Climate Change
To Sway Both Congress, Other Nations To Approve Cuts in Greenhouse Gases
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/02/19/AR2009021903011.html?sid=ST2009021903268
 大事な解説記事だと思いますので、後日部分訳を出したいなあ。
posted by おぐおぐ at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化の政治・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127879291

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。