2009年01月09日

オバマ政権の原発政策?

 姉妹ブログの『ん!-ピークオイル時代を語ろう-』の記事
「09年1月20日はポストピークオイルディ?」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/forum2/15885.html
の中で、オバマ次期政権のエネルギー政策について紹介しています。

 この中でも出てくる、オバマ次期政権の政権移行チームのジョン・ポデスタがかつて設立したシンクタンク「Center for American Progress」のHPに研究報告が掲載されていました。
 この記事の著者はJoseph Rommという、Climate Progressというブログのライターです。有名なワシントンDCの(政治的に穏健な?)環境保護活動家のはずです。

The Staggering Cost of New Nuclear Power
Part One in a Series on a New Nuclear Cost Study原発新設の費用研究その1
http://www.americanprogress.org/issues/2009/01/nuclear_power.html

Warning to Taxpayers, Investors: Nukes May Become Troubled Assets
Part Two in a Series on a New Nuclear Cost Study原発新設の費用研究その2
http://www.americanprogress.org/issues/2009/01/nuclear_power_part2.html
 
”新たな研究は、新設原発からの電力生産コストは25-30セント/kWhであり、米国の電気料金の3倍!にも上ることを示した。

 このビックリさせる価格は、今日利用可能なさまざまな二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギー源の費用よりもはるかに高い。また、省エネの費用の10倍にも上る。”

論文のリンク
Business Risks and Costs of New Nuclear Power
http://climateprogress.org/wp-content/uploads/2009/01/nuclear-costs-2009.pdf
…ということで、温暖化対策の観点から既存の原発の活用を容認しつつ、新設は経済的にコストが掛かりますよ、といういわば相手側(産業界側)の土俵での議論を進めようとしている状況かと思います。
 といっても、実際にはアメリカで1978年以降原発の新規建設が途絶えてきた理由は、この経済性のなさによるものが大きいので、原発を使わない一番強力な論点であるのは確かですが。

 さて、このような立場が実際に1月20日以降のオバマ新政権の方針になるのかどうかは分かりませんがそういう主張が政権内に通っているという根拠として、挙げておきましょう。

 高価な対策にお金を掛けることで、「クラウディングアウト」とでも呼べそうな、原発建設へ投資することで他の自然エネルギー等に投資が回らないという問題が起こることになります。
 とはいえ、グリーン・ニューディールという名目で無原則に大きな投資を容認するようなことになれば、原発にも投資をドンと積むことになりかねません。

 先日出てきた、「日本版の緑のニューディール」という話には、その付和雷同ぶりに笑っちゃいました(そんなもん、2020年の削減数値目標と一緒にポズナニCOP14の前に出さんかい!)が、本家のオバマにはそんな無原則な公共投資ばかりにならないよう、環境NGOsの声がきちんと反映されることを望みます。


posted by おぐおぐ at 09:52 | TrackBack(0) | 核エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

適応策:2℃のラインを守れ、しかし4℃昇温に備えよ

 明けましておめでとうございます。

 ブログ『Transition Cluture』に、
9%, the Wizard of Oz and Sex
http://transitionculture.org/2008/12/10/9-degrees-the-wizard-of-oz-and-sex/
という記事がありました。本体の論旨も十分面白いんですが、そちらはおいておいて。

 そこで紹介されていたティンダールセンターのケビン・アンダーソンのプレゼンテーション(ppt版はこちら)を逐語訳してみました。
 以下にテキスト版を送ります。(逐語訳のpdf版はこちら、kevin-anderson-2J.pdf(その1)kevin-anderson-2J2.pdf(その2)
 (ティンダールセンターというのは、適応策についての共同研究をリードしているところなはずです。)

 果たしてこういう主張が国際交渉の中で取り入れられるものでしょうか?


・気候変動の枠組みの見直し−長期目標から排出経路への
Professor Kevin Anderson Director of the Tyndall’s Centre’s Energy Programme

・話の流れ
 1)危険な気候変動とは何だろうか?
 2)議論の枠組みの見直し - 累積排出量へ
 3)“バカ、エネルギー需要の問題だよ”
 4)航空と船舶輸送の役割は最重要
 5)挑戦に応える
… 英国の気候変動法?
 6)全世界の中でみると?

・危険な気候変動とは何だろうか?続きを読む
posted by おぐおぐ at 12:35 | TrackBack(0) | 適応策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。