2008年09月24日

ニュース短信その15

 この短信の表題一覧。

・7/7地球温暖化問題懐疑論へのコメントVer.2.4へ
・7/11G8サミット関連
・7/20今年も熱中症の季節
・7/31日本政府の中継ぎ提案提示
・8/3英国の気候キャンプ−今年はケントの石炭火電計画地
・8/4松山は7月17日から連続しての熱帯夜です
・8/6公明党から入閣の斉藤鉄夫環境大臣、2025年までに25%削減の中期目標を明言
・8/9気候キャンプへ英エネルギー相の反論
・8/11メイク・ザ・ルールキャンペーン始まる
・8/16洞爺湖サミットという「祭り」のあとで
・8/26電気料金値上げ反対9/6デモ
・9/3IPCCは20周年の総会実施中
・9/4ハンセン、ケントの石炭火電抗議の裁判に証人として立つ
・9/4グリーンランドの氷床は数百年以内に消滅か、過去の温暖化をもとに予測
・9/13ハンセンのピークオイルシナリオ論文、発表へ
・9/14単純な問いには答えも単純…ではない
・9/15ハリケーン・アイク由来の米石油ショック
・9/15ケントの石炭火電抗議の活動家、無罪に
・9/19カーフリーデーでGo!!2008
・9/19選挙戦中のアメリカに物申したい方へ
・9/23電気事業連合会自主行動計画はやる気ゼロ
・9/23マーク・ライナスの350ppm目標の記事

−−−−
●マーク・ライナスの350ppm目標の記事
Climate change catastrophe by degrees
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2008/aug/07/carbonemissions.climatechange
 現在の国際交渉での基本路線と言える、ロバートワトソン前IPCC議長の言葉"Mitigate for two degrees; adapt for four"(2℃昇温に食い止めようだが4℃昇温の最悪の事態に備えよう)の行動は失敗する宿命にあり、生ぬる過ぎる、と批判しています。


●電気事業連合会自主行動計画はやる気ゼロ
環境自主行動計画の2007年実績 が出ています。
http://www6.fepc.or.jp/env/report/2008.pdf
fepc.png
 京都会議のあった97年あたりが一番原単位も良い(少ない)わけですが、それ以降悪化の一途とは「犯罪」的なやる気のなさ、と言わざるを得ません。
そして電力会社がこうであるからには、私たちは消費者として、電力消費量の大幅な総量削減を目指していくしかないでしょう。もちろん自分ひとりができることをやるのではなく、政府や企業、職場などにそれを働きかけていくということです。

●選挙戦中のアメリカに物申したい方へ
</param></param>
このYouTubeのCMを大手のテレビに流したいので寄付をお願いします、というお願い「Help Us Run This Ad!」が、アル・ゴアのキャンペーンWe Can Solve Itから来ています。クレジットカードでの寄付が可能ですのでカード持ちの方はどうぞご検討ください。

●カーフリーデーでGo!!2008
 ぶらざーてぃのblogより
今週末から23日にかけて、カーフリーデーが日本の各地で開催されるそうです。
秋晴れになれば、サイクリングにはいい季節ですもんね。でもまあ、欧州のような自動車の中心市街地ゾーン進入禁止、というまでの取り組みをやるところはないようです。

Gasoline will be free, will be free〜♪
Gasoline will be free, will be free〜♪
Way back in the year of 2017,
The sun was growing hotter,
And oil was way beyond its peak...
http://jp.youtube.com/watch?v=I3Wk_jcfm3Y
(シェリル・クロウの歌う「ガソリン」、お勧めです。)
ん!ニュース短信その11 から進出してきました。)
つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 02:52| ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

温暖化懐疑本の流行

環境新聞:環境図書月間売上ベスト10  2008年7月21日〜8月24日
http://www.kankyo-news.co.jp/ps/qn/guest/news/showbody.cgi?CCODE=69&NCODE=108
と言うのがありました。

「環境図書月間売り上げベスト10」
八重洲ブックセンター本店3階しらべ (08年7月21日〜8月24日)

1偽善エコロジー 武田邦彦
2科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソだと知っている 丸山茂徳
4「地球温暖化」論に騙されるな! 丸山茂徳
5地球温暖化論のウソとワナ 伊藤公紀・渡辺正
7ほんとうの環境問題 池田清彦・養老孟司
8正しく知る地球温暖化 赤祖父俊一

 以下の4冊を除いてトップ10の温暖化関係の本はすべて温暖化懐疑本です。

3トコトンやさしい太陽電池の本
6環境白書
9新・よくわかるISO環境法
10太陽光発電システムがわかる本

 ここまでくると笑うしかないですね。
懐疑本の編集者の皆さんは、狙いが中ってウハウハで笑いがとまらんでしょう。

 丸山氏の2位の本については、
ブログ『気候変動・千夜一話』に
「宝島社の新刊本」
http://blog.livedoor.jp/climatescientists/archives/401015.html
という記事があります。

コメント:続きを読む
posted by おぐおぐ at 11:33 | TrackBack(0) | 温暖化懐疑派・否定論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

アメリカ大統領選:オバマvsマケインの争点

 このブログの常として暫定的な記述を積み上げていく形になりますがご容赦を。

 8月下旬と9月上旬にアメリカでは民主党と共和党のそれぞれの党大会が終わり、いよいよ熾烈な宣伝や相手候補攻撃の争いとなり、数回の候補者討論会を経て11月の大統領選挙になだれ込んでいくことになります。

【背景】
 共和党のブッシュ現政権の温暖化に関する政策は、ほんとにひどい出来でした。
・2000年の選挙キャンペーンの際には、ブッシュは火力発電所からのCO2を汚染物質として排出規制をする、ということを環境政策の目玉として掲げて、民主党のアル・ゴア候補のお株をうばっていました。
・当選早々の2001年3月〜7月に掛けて、京都議定書からの離脱を表明し、温暖化が人為的なものかどうかについても疑問視をし、アメリカ経済にとって悪いから、と火力発電所のCO2規制もなしにしてしまいました。
・ほかにも、「思いやりのある保守主義」だとか、「同盟国との連携を重視する外交」だとか、本人が腹を抱えて笑っていただろう膏薬ならぬ公約を連発して当選してから、ブッシュ大統領がアメリカを駄目にしてしまったからこそ、8年経ってオバマ候補が「チェンジ」を掲げて彗星のように、旋風のように民主党側の大統領候補となれたのだろうと思います。

・共和党のマケイン候補にしても、2006年の中間選挙では共和党が大敗を喫して上院も少数与党に転落したこともあり、ブッシュ政権とは距離を置いた一匹狼候補である、として党の予備選をのし上がってきたのだと言えます。

【民主党大会】
 さて、ヒラリー候補との予備選で熾烈な戦いが行われ、党内融和のための演出が続いた、と報道されていましたが、オバマ候補のエネルギー政策、温暖化対策についてみていきましょう。

 1500億ドルを中東原油へのエネルギー依存をなくすため、再生可能エネルギーに投資する、などの点は、
JanJan:オバマ候補の経済政策と「ネクスト ニュー・ディール」
http://www.news.janjan.jp/world/0809/0808315895/1.phpでも紹介されています。
 これはまた(アル・ゴアのエネルギー提案−大統領選への働きかけ)にも反応をしたメッセージなのでしょう、ゴアも民主党大会でマケインは温暖化の挑戦に応える用意が出来ていないがオバマは出来ている、と讃えていました。

 他の党大会参加者の感想の中には、「背景」の党員の会話やレセプションと、スピーチ本体のあいだにはグリーン度に乖離があることを指摘していました。
Where climate/energy issues stand in the Democratic Party
http://gristmill.grist.org/story/2008/9/1/3127/50921
 つまり会場に参加した人にとってはグリーン度は十分だったんだけれども、スピーチ自体にはグリーンこそが経済を救うんだ、という期待を持たせるものが足りなかった、オバマ民主党員たちはまだ党員に対して確信をもって伝えようとしていないという結論になっています。

【共和党大会】
 マケイン上院議員は元々キャップ&トレード型排出権取引を中心とした温暖化対策の法案の立案者でもあり、温暖化対策に前向きな、共和党に珍しい候補として、温暖化対策の規模はあまり大きな争点ではない、とこれまでは見られてきました。

 この党大会でお披露目をした、サラ・ペイリンアラスカ州知事を副大統領候補に据えたマケイン候補の決定は、この構図を一変させました。
 アラスカは石油産業に頼るモノカルチャー州であること、ペイリン知事自体が、これまで石油開発から長年保護されてきたアラスカ北極湾岸自然保護区(アンワールANWR)の開発推進派でもあること、そしてなにより彼女が、地球温暖化は人間活動のせいではないと考える立場だと公言したからです。
New York Times:And Then There Was One
http://www.nytimes.com/2008/09/03/opinion/03friedman.html?_r=1&oref=slogin
Thomas L. Friedman
”With his choice of Sarah Palin - the Alaska governor who has advocated drilling in the Arctic National Wildlife Refuge and does not believe mankind is playing any role in climate change - for vice president, John McCain has completed his makeover from the greenest Republican to run for president to just another representative of big oil.”

 この問題は共和党大会そのものでは深く追及されることはありませんでした。
 が、もし共和党マケイン候補が勝利すれば、ペイリン女史は副大統領つまり上院議長の役職に就き、仲間の上院議員たちに条約の批准についての大きな影響力を及ぼす(決定的な1票も行使する)ことになります。(条約の批准は上院の仕事)

 それは、「ポスト京都」=COP15コペンハーゲン合意の成果を米国が批准しない、という抜本的な国際温暖化対策スキームの崩壊につながる決定であった、と歴史家は後になってから振り返るかもしれません。

 米大統領選から目が離せなくなってきました。なんとしてもオバマに勝ってもらわなければなりません。

 マケインがなんと説明しようが、石油産業と現ブッシュ政権がペイリン女史を副大統領候補に、とねじ込んだのかもしれませんね。

参考:
U.N. Foundation's Detchon talks conventions, prominence of energy and climate (OnPoint, 09/03/2008)
http://www.eenews.net/tv/transcript/856
 ここでは、国連基金の人が両党大会を評しています。
”But I think it's an important question for McCain, because what, after all, is the sole, statutory duty of the vice president is to preside over the Senate. And, in effect, an able vice president can be an important force in the Senate and that will be the cockpit of action on climate change over the next two years if either president is elected. But if McCain is elected one would expect that he would want Vice President Palin to be carrying his message to the Republican caucus in the Senate and reaching a deal on cap-and-trade legislation. That will be quite a stretch from her current position.”

WorldWatch:Sarah Palin’s Record on Climate Change
http://www.worldwatch.org/node/5879?emc=el&m=143201&l=5&v=a7b7f76cf0
”Palin's stance on climate change is summarized in an August interview with conservative magazine Newsmax. In response to a question about her "take on global warming," Palin said, "A changing environment will affect Alaska more than any other state, because of our location. I'm not one, though, who would attribute it to being man-made." Neither Palin's communications director nor the McCain campaign responded to requests for clarity on her views of whether recent climate change is human-caused - a trend that has been affirmed by international scientific consensus.”続きを読む
posted by おぐおぐ at 13:38| 温暖化の政治・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

小島嶼国から世界へのエスオーエス

 AVAAZ.orgの新たなオンライン署名キャンペーンがメールで送られてきました。これから1週間ほどの緊急ものだそうです。

http://www.avaaz.org/en/sos_small_islands/?cl=123281217&v=2098
へアクセスして、署名をしてください。(すでに以前したことがある人は、電子メールアドレスを入力するだけです。)

 危機を訴えるYoutubeの映像(英文)
</param></param>


 以下、HPの依頼文と署名本文を仮訳しておきます。

Small Islands to World: S.O.S.
小島嶼国から世界へのエスオーエス続きを読む
posted by おぐおぐ at 23:52| 運動論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

政治:コメント部屋その2

・突如辞任した福田首相。
 福田首相は実はゾンビ政治家だった、ということでしょうか。
 前の安倍首相も前の参院選の敗北で命脈が断たれていたことに何ヶ月か気がつかずに突然辞任したわけですが。

 政治家もゾンビ政治家がウヨウヨだし、企業もゾンビ企業が山積み、「第三次石油ショックをおれがどうにかしてやろう」という政治家もいないとなると、そのうちバタバタと倒産が続いて日本のCO2排出削減だけは次第に達成されていくのかも、ですね。
 これぞ、いわゆる見えざる神の手の働きなんでしょうか?>新自由主義経済学派のみなさま

福田首相のキレ土産
</param></param>
つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 13:07| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

温暖化いろいろ08年8月のアクセスランキング

 JanJanブログのアクセス数解析機能を使って、8月の1ヶ月間の人気がある記事を10件紹介しておきます。
8月に入って(洞爺湖G8サミットが終わって)アクセスは激減する中、相変わらず温暖化懐疑派・否定論が注目を集めています。

2008年08月HTMLごとアクセス数一覧
順位 HTML タイトル アクセス数
1 INDEX 8261
2 「地球温暖化詐欺」はどっちでしょう 780
3 カテゴリー:温暖化懐疑派・否定論 545
4 「温室効果は熱力学第二法則に反するトンデモ論」説 537
5 CO2の温室効果は飽和する? 431
6 「地球温暖化のエセ科学について」in田中宇の国際ニュース解説、について 429
7 温暖化を描いた映画「デイアフタートゥモロー」 326
8 ニュース短信その15 317
9 討論会の感想 304
10 北極の海氷の減少は「オゾンホール発見」物語のようなものか? 298続きを読む
posted by おぐおぐ at 13:18| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。