2008年03月14日

Renewable Energy Focus誌

 あまりニュースというわけでもないのですが。

 先日のPVEXPOで貰った雑誌、Renewable Energy Focus誌08年1,2月号の中から、興味を引いた記事を紹介しておきます。
http://www.renewableenergyfocus.com/

 やはり紙の雑誌はまとまっていて、読み応えがあるなあ、情報を集めるためにも英語の雑誌を取りたいと思うようになりました。

・Wind financing deals, coming of age
”EUにおける風力発電のための投資スキームは、初期において小規模なものがリスクマネジメントに無頓着なものであったが、市場が急拡大して大手エネルギー投資家が参入してきたことにより、成熟しつつある。
投資家の供給過剰によって限られた優良プロジェクトを奪い合う状態となっている。
各国でのFITやRPSなどの制度が異なる点が、複数の国と州の間での投資の遅れにつながりかねない。
将来の改善が求められる。”

・Germany's Promise
・英国政府はDong Energy社にアイリッシュ海のWalney洋上風力ファームの認可を与えた。450MW(45万kW)9億ポンド。
フェーズ1は2011年まで160MW、フェーズ2は2013年から290MW、送電線の系統強化の後に。
・デンマークのRodsand2は最終Sanctionが与えられた。EON社の215MWプロジェクトは2009年にも始まる。
・スウェーデンのLillgrundプロジェクトは110MW、今年末にほぼ完工。
・ドイツ−約束された市場
Windland Energy..社は北海のMeeruirul South&Eastの最初の40基の建設事業者および投資家を募集している。
ドイツでは電力会社が中心の英国に比べ小さな事業者が多く、投資協定の締結ができるかどうかがカギとなっている。
PrysminSpa社は、60MWのAlplan Venusプロジェクトのための海底ケーブル設置を受注した。
08年6月に11okV線を66km引く。
・ABB社は、4億米ドルのEON社の400MW Borkum2プロジェクト用の送電線を受注した。
ドイツ海岸から100km離れた北海のサイト、09年9月に。

波力/潮力プロジェクト
・豪Oceanlinx社(前Energythch社)はBOO方式で出資を募っている。Krembra港沖合いの50kWデモプロジェクトは06年に完成している。同社は英国のコンウォール沖のWave Hubプロジェクトに5MWの契約を結んでいる。オーストラリア、米国、ナミビアで計画がある。
・Marine Current Turbine社では、08年3月に1.2MWのSeagen機を設置予定。Seaflow機の後継モデル。北アイルランド沖のStrangford Loughに設置予定。
・EON社とLunar Energy社は5MWの波力発電機を南ウェールズ沖合いに計画している。環境アセス中。
8基のタービンを持ち、08−10年に建設。BERR部局が支援している。
・OpenHydro社は4千万ユーロのプライベートイクイティを集めている。今年中に新型のタービンを完成させ、オークニーの欧州海洋エネルギーセンターに設置される予定。元の装置は準備のために取り外し中。


Climate showdown in Bali by Steve Sawyer(GWEC、世界風力エネルギー協議会)
”米国はバリロードマップに合意した。すなわち2009年COP5コペンハーゲン会合を最終期限とする、明確な交渉プロセスを行うこと、その中で議論すべきことのリストに合意したのだ。信じないかもしれないが、これは1年前には到底考えられなかった前進だと言える。”

 CSPの進展期待、てのもありましたが。そろそろ根気が切れました。


posted by おぐおぐ at 22:41 | TrackBack(0) | 再生可能エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

日本は政策のラストランナーから急いで変われ−浅岡氏

2月25日参議院行政監視委員会のテープ起しの続きです。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=2509&on=1204725906&si=c08ccce2a8236f1bd3339410c29cf6e42&ch=y&mode=LIBRARY&un=53f3be2ce87801610544fbede2c1b24e&pars=0.24770566982282904

加藤修一委員長:
参考人の出席要求に関する件について。
本日の委員会に参考人として、京都大学准教授諸富徹
気候ネットワーク代表浅岡美恵
山根参考人

22分より

−−−

浅岡参考人

 (自己紹介)

 浅岡でございます。環境NGO気候ネットワークの代表をしておりますが本業は弁護士でございます。

 気候ネットワークと申しますのは10年前、97年の京都議定書が採択されました国連の会議の成功のために日本の市民が気候フォーラムというものを立ち上げまして、私もそこに関与いたしまして、京都議定書は採択されましたけれども、その後の、これを発効また高めていくと実施をしていくという課題が大きいと思いまして気候ネットワークという名前にしまして市民の活動を継続しております。私はいまその代表という立場にございます。

 こうした活動に加えまして、私どもはいま気候ネットワークが情報公開の請求主体になりまして、省エネ法の定期報告に基づきます排出量の経済産業省への報告状況の開示請求をいたしまして、非開示が相当ありましたのでそこについて訴訟を提起しております。
 けして国に敵対するという趣旨ではございませんで、私も中央環境審議会などの委員に加えていただきました、審議の基礎となる情報が充分ではないと痛感いたしましたので、私ども自身で開示請求をしているところでございます。
現在最高裁と東京高裁に継続しております。その整理いたしました一部がみなさまに配布いたしました、昨年10月23日のエコノミストの資料でございます。

 (国際交渉)続きを読む
posted by おぐおぐ at 02:34 | TrackBack(1) | 温暖化の政治・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月のイベント目白押し

 ◆◇◆全国地球温暖化防止活動推進センターメールニュース 第93号◇◆◇ 
2008/2/29
http://www.jccca.org/
の、[3]イベント情報および、各種MLで転載希望とされた記事より、特にポスト2012(注:「ポスト京都」→「次期枠組」と読み替えてください。)関連に絞って、イベント情報の転載をしておきます。フォーマットも整っていませんが日程順で並べました。(今後の追加分はそれぞれの日にちに挿入しておきます。)

◆3月23日
■■ 地球温暖化をめぐる交渉のゆくえ ■■
    何が問題で、何をしたらよいか?
http://www.sustain.hokudai.ac.jp/0323/

-------------------------------------------
地球温暖化問題について巷で言われていることは....
-------------------------------------------
『このような被害が起きる』 という科学的予測の話と 『被害を避けるためには日々の生活でこういうことを正さなければならない!』 といった指摘のセットです。

今回は.....もう一歩踏み込んで

『市民として何をしたらよいか?』 について、グローバルな視野で考えるための素材を、第一線の研究者が分かりやすくご紹介します。

ぜひ、多くの皆様のご参加をお願いいたします
---------------------------------------------
2008年3月23日(日) 13:30〜16:30
「地球温暖化をめぐる交渉のゆくえ」
講演:宮本 融 (北海道大学 公共政策大学院 特任准教授)
場所:内田洋行「ユーカラ」.....大通東3 
----------------------------------------------

●日ごろ皆さんが感じている疑問を解消できるように質問カードや
ファシリテータを用意しています。

地球温暖化をめぐる交渉について新聞やTV報道でよくわからないことがありましたら、
ぜひこの機会をご活用ください

プログラムの詳細とお申込みは、こちらからどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
■■ 地球温暖化をめぐる交渉のゆくえ ■■
http://www.sustain.hokudai.ac.jp/0323

13:30 開会
13:40 講演・前編(40分)「地球温暖化をめぐる交渉のゆくえ 国際的課題」
14:20 質疑 (10分)ファシリテーターを交えての質疑応答
14:30 休憩 (15分)
14:45 講演・後編(35分)「地球温暖化をめぐる交渉のゆくえ 国内的課題」
15:20 質疑 (30分)ファシリテーターを交えての質疑応答
15:50 北海道大学からのお知らせ(10分)
16:00 閉会


===============================================
この市民講座は、北海道大学が"G8北海道洞爺湖サミット2008"に向けて開始した、"Sustainability
Research and Education Promotion

Marathon"=『持続可能な社会づくりに向けた研究・教育推進キャンペーン』の一環です。

問い合わせ先
北海道大学「持続可能な開発」国際戦略本部
TEL 011-706-2093 
E-mail: g8kikakuアットマークgeneral.hokudai.ac.jp
http://www.sustain.hokudai.ac.jp/0323

==以上、ご案内==続きを読む
posted by おぐおぐ at 02:10 | TrackBack(0) | 温暖化の政治・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

末吉竹ニ郎氏の週刊東洋経済寄稿論文

 タイムリーな論文が出ていますね。

週刊東洋経済08年3月1日号より
寄稿論文:どうなるポスト京都議定書
(注:「ポスト京都」→「次期枠組」と読み替えてください。)
EUが排出権有償化 日本企業も対策急務
末吉竹ニ郎
では、1月に発表された欧州連合の新制度提案を紹介しています。

 そして2013年〜20年のEUETS第三期について、排出権をオークションで初期配分する計画を「有償化」として、画期的なことと評価しています。

”05年1月に始まった欧州・排出量取引制度の下で、「空気はもうタダではない」ことは理解したつもりのEUの産業界も、これにはさすがに驚いたはずだ。12年までは排出権は過去の実績中心に、対象企業に「無償」で配分される。排出が上回れば罰金(100ユーロ/トン)の制裁が科される仕組みになっている。
しかし、13年からは、オークション(入札)で必要な排出枠を購入しなければならない。当初は無償配分も残るが最終的には消える。過不足が出た場合、欧州・排出枠取引制度の枠内で調整する。つまり排出権が「タダ」で手に入る時代は、事実上終わったのだ。”
としています。

 実際にはある意味、炭素税に近づけるようなものではあるのですがその価格自体もオークションの結果決まるので定まってはいないという点が異なるでしょう。
 また、
”有償化がもたらす国家収入が、産業構造を戦略的に組み変える財源にもなりうる。”
わけです。

 温暖化は企業経営の今そこにあるリスク、では”「海図なきまま国際競争という荒海で航行する」日本の企業は、無謀といっては言いすぎだろうか。”という忠告を日本企業に対して愛情深くこんこんとしています。
posted by おぐおぐ at 20:53 | TrackBack(0) | 排出枠/排出権取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州の排出権(量)取引=自由市場戦略

姉妹ブログ「京都議定書の次のステップは何だろう」
より以前作った記事をコピーしておきます。

初出2005年11月2日

欧州の排出権取引=自由市場戦略

 豪キャンベル環境相の長い長い回り道ではない道についての欧州の方針を紹介します(あまり明確ではないですが)。
 
 排出量取引については以前、
ロシア政府、排出量取引でホットエアを売却しないと言明 と
「米北東部9州に排出権市場協定導入」in NY Times で紹介したことがあります。

 半月ほど前の記事になりますが、2つ部分訳をして紹介します。
Europe adopts free-market strategy on global warming「欧州は地球温暖化対策に自由市場戦略を採用」
http://www.montereyherald.com/mld/montereyherald/news/world/12983598.htm
http://www.grandforks.com/mld/grandforks/news/world/12983598.htm
BY KEN DILANIAN Knight Ridder Newspapers
−−−−
ロ−マ発
 発効から7ヶ月経ち、欧州は温室効果ガス排出を削減するというキョウト条約の要求を満たすように経済を転換しつつある。その努力の中心には、当初欧州が抵抗した、米国発の自由市場アプローチ(汚染する権利の売買)が用いられている。
 クリントン前大統領がキョウト条約の中に導入した"キャップ&トレ−ド"システムとして知られる取引は当初酸性雨対策に米国で用いられた。
(…ブッシュ政権成立で米国が退いたのは皮肉なことだ云々…)

 本年1月のEU域内排出枠取引開始から9ヶ月たち、アムステルダムにある欧州炭素取引所は、累計5千万トンの取引が成立したと発表した。1トンの炭素を排出する権利の価格は当初約10$だったが最近は27.6$と健康的な市場となっていると言われる。(ポイントカーボン社の10月31日付け発表

によると、EUAの価格は22.05ユーロだそうです)

 EUのプログラムはキョウト排出量取引システムのさきがけとなっている。

 米国のビジネスリーダーを含む多くの専門家は、一旦米国も気候変動対策に関わることになれば、強制的な排出権取引が米国の生活の一部となるだろうと信じている。すでにいくつかの米国企業とニューメキシコ州が自主的市場に参加している。
 8月には北東部の9つの州政府が目標値の緩い別のキャップ&トレードシステムに合意している。
−−−−
EurActiv.com:EU calls for "global carbon market" after 2012「欧州、2012年以降は"グローバルな炭素市場を"求める」
http://www.sustain-online.org/plugins/DocSearch/details.asp?MenuId=ODQ&ClickMenu=RightMenu&doOpen=1&type=DocDet&ObjectId=MTY4MTY
http://www.euractiv.com/Article?tcmuri=tcm:29-146011-16&type=News
−−−−
 10月17日、EU環境大臣はポスト2012(注:「ポスト京都」→「次期枠組」と読み替えてください。)の地球温暖化のグローバルな対話の戦略会議を持った。現在ある政策を用いて公約を達成すると繰り返したが、2012年以降の行動のための方針を決めることはできなかった。
 大臣たちは「地球規模の将来の気候変動戦略は、技術革新を推し進めるプッシュ(技術R&Dと投資)とプル(炭素市場など)の政策の最適なミックスであるべきだ」と語った。
 CDMを効率的に行なえるようにする合意をする議長の努力への支持では合意している(CDMは先進国企業の途上国への省エネ投資にクレジットを付けるもの)。
しかし2050年はおろか、3月の首脳会議で合意した2020年の削減目標についてもEU25カ国の大臣たちは言及していない。
しかし彼らは気候変動に対処し、地球平均気温を工業化以前のレベルから2℃上昇未満に抑えるという公約を再確認した。この野心的な目標のためにはより多くの行動が必要だ、といい、飛行機燃料の排出を欧州排出枠取引スキーム(EU ETS)に含めるとの欧州委員会による提案について言及した。

 グリーンピースは「欧州の気候変動に取り組むとの公約を裏書した」環境理事会の「多くの前向きな要素」を歓迎したが、「ポスト2012についての文書はあいまいで、完了の明確な期限付きで交渉を進めることの緊急性を無視している…」と付け加えた。
−−−−

 この同じ話について、日経エコロジーの記事でも紹介されていました。
EU、ポスト京都に世界規模の「炭素市場」提案の方針
http://nikkeibp.jp/wcs/leaf/CID/onair/jp/eco/404996


後日注:
 いかにも、説明が不十分ですので、京都議定書の中で作られた国際排出量取引(IET)とEU域内排出枠取引(EU-ETS)、さらに一般的な国内排出量取引(DET)の3者の関係について説明を補足しておきます。続きを読む
posted by おぐおぐ at 17:35 | TrackBack(0) | 排出枠/排出権取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

アタフタと乱立する政府の審議会・懇談会

 G8洞爺湖サミットの日程は、7月7日から9日の3日間です。
アフリカ諸国を初日に招いてアフリカ支援の特別会合を開くそうです。
2日目にはG8主要国による首脳会議、そして最終日には気候変動問題を討議する拡大会議を行うということで、日本の次期交渉の姿勢をこのサミットまでには決めるつもりでしょう。


 そして、日本政府の中の動きは、内閣官房が開く懇談会、経済産業省の下の研究会、そして環境省の下の検討会とプロジェクトチーム(詳細不明)の計4つのルートで、おなじく国内排出量取引の制度、あるいはその他の制度推進について日本の姿勢を決めようと相次いで3月の5,6,7日に初会合が開かれました。

●首相官房
「地球温暖化問題に関する懇談会」
3/5第一回会合の議事次第
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tikyuu/kaisai/dai01/01gijisidai.html

読売3/5:排出量取引の是非議論、地球温暖化懇談会が初会合
> http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080305-OYT1T00329.htm

●環境省
自主参加型国内排出量取引制度検討会(第1回) 議事次第・資料
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/det/seido_conf/01/index.html

「国内排出量取引制度検討会」(第2回)開催案内(ここですでに名前が変わっています)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=9404

追記:
同・検討会のページ
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/det/index.html#c09

読売:排出量取引制度の設計、環境省が着手
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080306-00000061-yom-soci

産経:日本独自にルール作成 環境省が排出量取引検討会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000060-san-bus_all

●経産省、産業技術環境局長の研究会
「地球温暖化対応のための経済的手法研究会」について
http://www.meti.go.jp/press/20080229006/kenkyukai.pdf

追記:
地球温暖化対応のための経済的手法研究会(第1回)  配付資料
http://www.meti.go.jp/committee/materials/g80307aj.html

時事通信:地球温暖化対策の研究会初会合=経産省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000002-jijp-bus_all.view-000

 うーむ、この乱立のパターンは、COP3の前にも見たような…。
結局なんにも決められないで、政治のリーダーシップの欠如を世界に曝してしまうんですよね。

 ジョージ・モンビオの本Heatにあった金言を紹介しておきます。
”各国政府は政治的な犠牲を最小限に抑えながら、人間への影響には目をつぶり、このまま何もしない方針をとり続けるだろう。”
 そしてこんな趣旨の文言も。
”英国では政府の政策は、政府が委託した報告書やレビューには含まれていない。実は報告書やレビューを発表することが政府の政策そのものなのである。政府は何かをやっているという印象を作り出しながら、同時に次回のレビューが公開されるまでは何もしないのである。”

 いやー、英国政府は真剣に温暖化対策に取り組んでいると思いますよ。でも日本は?続きを読む
posted by おぐおぐ at 13:57 | TrackBack(0) | 排出枠/排出権取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

(国内)排出量取引のBasics−諸富氏

 経産大臣の記者会見でも出てきたり、
読売3/5:排出量取引の是非議論、地球温暖化懇談会が初会合
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080305-OYT1T00329.htm
Japan torn on carbon trading
http://www.financeasia.com/article.aspx?CIaNID=71457

筋金入りの反対派・三村明夫社長
http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/archives/50599848.html

 などなど、国内排出量取引は新聞記事にもなって注目されています。

2月25日参議院行政監視委員会
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=2509&on=1204725906&si=c08ccce2a8236f1bd3339410c29cf6e42&ch=y&mode=LIBRARY&un=53f3be2ce87801610544fbede2c1b24e&pars=0.24770566982282904

での諸富徹京大准教授のプレゼンが分かりやすい説明だったので、テープ起しをしておきます。

−−−
加藤修一委員長:
参考人の出席要求に関する件について。
本日の委員会に参考人として、京都大学准教授諸富徹
気候ネットワーク代表浅岡美恵
ノンフィクション作家山根一真
の3名を。
一人20分、その後質問に答えていただく。

諸富参考人
 京都大学諸富です。今日はよろしくお願いします。今から排出量取引制度について、ということで20分の時間、お話させていただきます。
パワーポイントを中心にお話を。手元には雑誌論文のコピー、日経新聞の経済教室のコピーを配布いただいている。

 ここしばらくの数日の報道で、排出量取引制度というものが非常に注目を浴びるようになってきておりますが、今日の話は、なぜ排出量取引制度というものを我々は考える必要があるのか、ということをまず最初に話しをしまして、そして途中で具体的にですね、もしこういったものを日本で導入するとすればこういった形で導入できるのではないか、という一種の我々の提案です。

 これ元々、WWFJapanから私たち京都大学が受託しました研究成果に基づくお話ですけれども、その話をしまして、そして今後日本が低炭素社会に向かっていくにはどういうことを考えていけばよいのか、というお話をさせていただいて終わりたい。続きを読む
posted by おぐおぐ at 01:47 | TrackBack(2) | 排出枠/排出権取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

08年2月のランキング

 janjanblogのアパッチログ機能を使ってアクセスランキングを紹介します。

2008年02月HTMLごとアクセス数一覧
順位 HTML タイトル アクセス数
1 INDEX 8355
2 スターン報告書の発表 518
3 カテゴリー:温暖化懐疑派・否定論 406
4 ニュース短信その12 383
5 道路特定財源問題に関する見解 332
6 「地球温暖化問題の歪曲(前編)」in田中宇の国際ニュース解説についてその1 325
7 地球温暖化&対策への懐疑論について 316
8 討論会の感想 299
9 「地球温暖化のエセ科学について」in田中宇の国際ニュース解説、について 279
10 「不都合な真実」の6メートル海面上昇予測はトンデモ説か? 267


 一日の平均アクセス数は1265件、最大アクセス数2465件となっています。
 正直言って、地球温暖化懐疑論についての評価については、書くべきことは書いてしまって関心がなくなっています。新しい記事を書くことももうないでしょう。
 そろそろ、過去ログを溜めておく別のブログに入れてしまって消してしまおうかと思います。
posted by おぐおぐ at 21:38 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。