2008年02月22日

注目の社説その5

 各紙の社説を紹介します。

読売社説:100ドル原油 脱石油をさらに進めなければ(2月21日付)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20080220-OYT1T00781.htm?from=any
 ニューヨーク市場の原油価格が再び1バレル=100ドル台をつけ、最高値を更新した。

 石油輸出国機構(OPEC)の動きなどを材料に投機マネーが流れ込んだ結果だ。米国のサブプライムローン問題で陰りが出た世界経済に、新たな懸念要因である。

 先進各国の政府や企業、消費者は一層の代替エネルギーの開発や省エネに取り組むべきだ。そうした努力を積み上げることで、原油100ドルの水準が恒常化したとしても対処が可能となろう。

 原油価格は、年明けの1月2日に史上初めて100ドルに乗せた。その後は90ドル前後に下落していたが、再び上昇傾向が強まってきた。

 今回の大台乗せの要因として、まずあげられるのが、OPECが3月の総会で減産を決めるのではないかとの見方が市場に流れたことだ。ベネズエラが、米石油大手のエクソンモービルへの原油供給を停止したことも影響したとされる。

 原油価格は、10年ほど前は10〜20ドルと安値安定が続いていた。だが、2001年9月の米同時テロを底に、上昇に転じた。中東での緊張が高まり、原油確保に懸念が生じたことが底流にある。

 加えて、経済発展が目覚ましい中国やインドを先頭とする途上国の石油需要が急増し、原油価格を押し上げた。サブプライム問題で、投機マネーが金融市場から石油などの現物市場に移動したことも、価格上昇に拍車をかけた。

 こうした状況から、この先、原油価格は上昇・下落を繰り返すものの、40〜50ドルを下回るような安値は望めないのではないか、とする見方が支配的だ。

 そうであれば、力を入れるべきは新規油田の開発だ。ブラジルは深海底から原油を掘り出す技術を開発し、産油国の仲間入りした。ロシアも手薄だった東シベリアでの油田開発を進めている。

 原子力や燃料電池、太陽光の利用など石油代替エネルギーの開発も重要だ。省エネでは、途上国の産業部門でエネルギー効率の改善余地が大きいだろう。

 1970年代の2度の石油危機を教訓に、日本は国を挙げて脱石油に取り組んで来た。この結果、国の一次エネルギーにおける石油依存の割合は、石油危機前の8割から5割弱に下がった。

 円高が進み、円建ての原油輸入価格は、かつてほどの痛みを感じないで済む水準にとどまっている。

 100ドル原油は、日本にとって確かに重荷ではあるが、克服できないレベルではない。冷静に受け止め、これまで以上に脱石油を進めることが、最も効果的な処方箋(せん)になる。
(2008年2月21日01時52分 読売新聞)


つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 03:13 | TrackBack(0) | 温暖化の政治・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュース短信その12

この短信の表題一覧。

・1/11フィナンシャル・タイムズで日本のへっぴり腰批判
・1/11環境NGOsのCOP13報告会
・1/17ノルウェーは2030年のカーボンニュートラル国家を目指す
・1/23世銀レポートを中日新聞が報道
・1/24北畑経済産業事務次官の世銀レポートへの反応
・1/27経済産業省の"最終兵器"に関する中間評価検討会を聞いてきました
・1/29米ブッシュ大統領の最後の一般教書演説
・2/4科学者の投票−IPCCの海面上昇予測は過少評価か
・2/4チームマイナス6%のホームページに週刊誌風ポータル
・2/5ティム・レントンのティッピングポインツについての研究報告
・2/6気候ネットワーク他によるCOP13/CMP3報告会のビデオがJANJANに掲載
・2/8民主党岡田副代表も道路特定財源問題を予算委員会で質疑
・2/8気候変動に関する日・EU共同シンポジウム
・2/8EUの2020年20%削減政策についての両側からの批判
・2/11気候のコードレッド(緊急事態)レポート
・2/12ハンセンの350ppm提案の詳細
・2/13北極の氷の融けるメカニズム
・2/16バイオ燃料は温暖化を加速−論文が山積
・2/16今日は京都議定書発効記念日(2005年)
・2/16ネイチャー誌発行の気候変動ポッドキャスト
・2/19民主党福山議員の洞爺湖サミットに向けた質疑
・2/19中国電力へ申し入れ「石炭火力発電所の建設中止を」(1)
・2/21NEDOのレポートで欧州委員会温暖化対策2020年目標を紹介
−−−−
●NEDOのレポートで欧州委員会温暖化対策2020年目標を紹介
 NEDO海外レポートNo.1017
http://www.nedo.go.jp/kankobutsu/report/1017/1017-12.pdf?nem
 この説明の中では、ユニラテラル目標のユニラテラル目標たるゆえん(国際協調で目標を嵩上げしたい、最低限がこうですという趣旨)を無視してしまっているのが大きな問題ですが。
「EUのポストキョウト提案骨子が明らかに」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/8722.html
を参照してください。

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 00:56 | TrackBack(2) | ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

怒り?のプレスリリース−このままでは、京都議定書目標達成も中長期的大幅削減も困難

−−−転載ここから
 昨日2月8日、中環審・産構審合同会合京都議定書評価・見直し最終報告と2010年のエネルギー需給見通しが出されたのを受けて、気候ネットワークでは浅岡代表のコメントを発表致しましたので、お知らせ致します
 なお、文中に出てくる自主行動計画の追加性の問題についての「別紙」とは、最終報告案への12月21日の共同コメント(http://www.kikonet.org/theme/mokutatsu.html#comment)の別紙と同じものです。
 取り急ぎですが、どうぞよろしくお願い致します。


<プレスリリース>
                              2008年2月8日

中環審・産構審合同会合京都議定書評価・見直し最終報告と2010年のエネルギー需給見通しを受けてのコメント

このままでは、京都議定書目標達成も中長期的大幅削減も困難
〜中・長期削減目標を設定し、排出量取引・炭素税など抜本的政策導入が不可欠〜

                  気候ネットワーク 代表 浅岡美恵

●大幅な削減不足(排出オーバー)の構造はそのままに、「数字合わせ」続きを読む
posted by おぐおぐ at 10:48 | TrackBack(0) | 温暖化の政治・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

「気候のコードレッド」レポート−持続可能性に関する緊急警報

「気候のコードレッド(緊急事態)」レポート
Climate Code Red: The case for a sustainability emergency
http://www.carbonequity.info/download.php?id=6

 環境NGOsのカーボンイクイティ、グリーンリープとFoE(地球の友)オーストラリアによる新しいレポート「気候のコードレッド(緊急事態)」がEnergy Bulletinに紹介されていました。
”This post reproduces the report's discussion of why peak oil and climate change must be treated together.”

 「コードレッド」というとコンピュータウィルスだか米軍のリンチ映画だか、の名前でしか知られていませんが、SOSとかスクランブルといった緊急事態の意味でしょう。

 この紹介をもう少し。表紙には月からみた地球の姿が使われています。

目次はこちら。

Foreword iv
Preface v
Overview vi
Part 1: After the big melt 1
1.1 Introduction 1
1.2 The accelerating loss of the Arctic sea-ice 2
1.3 The fate of the Greenland ice sheet 5
1.4 A 5-metre sea-level rise by 2100? 8
1.5 Trouble in the Antarctic 11
1.6 The impact of “slow” climate feedbacks 12
1.7 Can ecosystems adapt to fast change? 17
1.8 IPCC deficiencies 18

Part 2: Target practice 21
2.1 Framing the question 21
2.2 What we have done and where we are headed 21
2.3 What is “dangerous climate change”? 24
2.4 What is a safe temperature target? 26
2.5 Are we getting the third degree? 29
2.6 How to avoid dangerous climate change 32
2.7 Global equity and climate action 36
2.8 Goals for a safe-climate world 37

Part 3: Facing up to the challenge 43
3.1 This is an emergency! 43
3.2 A systemic breakdown? 44
3.3 What happens when what we need to do is not “reasonable”? 47
3.4 Making effective decisions for climate action 50
3.5 Climate solutions 53
3.6 Can “politics as usual” solve the problem? 58
3.7 What does an emergency look like? 63
3.8 The climate emergency in practice 66
3.9 Conclusion 69

Responses to “Climate Code Red” 73
Appendix: Labor’s “60/2050” policy 81
Bibliography 83

Foreword序文 を仮訳しておきました、ご一読ください。続きを読む
posted by おぐおぐ at 17:46 | TrackBack(0) | 気候カタストロフィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

温暖化いろいろ08年1月のランキング

2008年01月
日ごとアクセス数一覧
によると、1月の平均アクセス数は1日1398件、延べ43347件、最大アクセス数は1日2344件でした。
いずれも、これまでで最も多く来場いただいた記録となっています。

 JanJanブログのアクセス数解析機能を使って、1月の1ヶ月間の人気がある記事を10件紹介しておきます。
1位のindex(トップページ)は延べアクセス数の29.5%分

2008年01月HTMLごとアクセス数一覧
順位 HTML タイトル アクセス数
1 INDEX 12776
2 スターン報告書の発表 1464
3 カテゴリー:温暖化懐疑派・否定論 752
4 NASAハンセン博士のNHK番組での発言録 588
5 道路特定財源問題に関する見解 558
6 地球温暖化&対策への懐疑論について 471
7 「地球温暖化問題の歪曲(前編)」in田中宇の国際ニュース解説についてその1 446
8 討論会の感想 441
9 正月のNHK番組をみての感想 430
10 「不都合な真実」の6メートル海面上昇予測はトンデモ説か? 389

NHKのスターン報告を見てのアクセスが多かったようです。続きを読む
posted by おぐおぐ at 08:57 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。