2007年12月12日

アメリカはまだまだ削減の余裕が

 日本の産業界が主張するように本当に乾いたタオルでもう絞っても水がでないのかどうかはさておき、温暖化対策に頑強に抵抗を続けている米国では、当然収穫すべきLow Hanging Fruitsもほったらかしのようです。

WorldChanging:US CO2 reduction: the first 40% is cheap米国のCO2削減:最初の40%は安価
http://www.worldchanging.com/archives/007681.html
という記事がありました。

 この原油高騰のおり、日本にとって一番良いのは大消費国の米国内で行う共同実施(JI)を日本政府が持ちかけることではないでしょうか。ということで、ブッシュ政権に日本から京都議定書への復帰を大っぴらに呼びかけることができるでしょう。

 そしてその米国内のプロジェクトを早急に実行することで米国の石油消費を減らせれば、投機筋に支配された?原油価格を世界的にたちまちの内に引き下げられるでしょう、めでたしめでたし。

ということで、一部紹介しておきます。

追記:日経ビジネスオンラインでも同じ報告書が紹介されています。
地球温暖化対策、本当のコスト
巨額すぎて実現不可能? それとも意外に安上がり?


−−−
 マッキンゼー&Co.社の新たな報告書「 Reducing U.S. Greenhouse Gas Emissions: How Much at What Cost?」は、米国の二酸化炭素排出削減の費用が誰かが主張するような数兆ドルもする高いものではないことを示した。
(要約のpdfはこちら。)続きを読む


posted by おぐおぐ at 20:35 | TrackBack(0) | 省エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の紹介『未来は緑  ドイツ緑の党 新綱領』

 皆さん感じていることと思いますが、地球温暖化対策の規模というのはおそらく、脱温暖化社会への大転換という形で社会全体を組みなおすということが必要なほどのものでしょう。

 そのための参考文献として挙げておきたいと思います。
未来は緑―ドイツ緑の党新綱領(著)同盟90/ドイツ緑の党
未来は緑―ドイツ緑の党新綱領
出版社/メーカー:緑風出版
価格:¥ 2,625
ISBN/ASIN:4846107191
Rating:ZERO


以下、翻訳チームからのメッセージの転載をしておきます。続きを読む
posted by おぐおぐ at 11:18 | TrackBack(1) | 環境哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

本日の甘利経済産業大臣発言録・温暖化編

甘利経済産業大臣の閣議後大臣記者会見の概要
http://www.meti.go.jp/speeches/index.html
 から、最近の発言を逆順に掲載しておきます。

●平成19年12月4日(火)
9:40〜9:53
於:参議院別館経済産業省控室
【地球温暖化対策】
Q: いまバリで開催されているCOP13の件ですが、一部の途上国側からポスト京都(注:「ポスト京都」→「次期枠組」と読み替えてください)の枠組みに入る条件といたしまして、先進国側からの技術移転というものを欲しいというような声も挙がっているという報道があるのですが、一方で技術移転という部分では技術が流れてしまうということで、懸念する先進国側の声もあるというところもありますが、この辺の見解についてはいかがでしょうか。

A: 技術移転は省エネ技術移転等をしないと、全体としてのCO2が減らないということと、途上国が参加するメリットを感じない。感じないから減らないということになりますが、その一方で技術は民間のものですから、民間、供給する側にとっては企業の場合によっては死活問題になるわけです。但し、常に最新の技術は開発をしていくと、先進国で普遍的なものになって、途上国でまだ導入されていない技術は移転をしていって、先進国の企業の競争力を棄損するということはないと思います。ただし、そこはビジネスベースで行われるということと、それに絡んで知財保護がきちんとなされないといけない。

 そういう上で行われるのですが、その上で途上国は資金的な余裕がないわけですから、資金メカニズムをつくって、これを促進させるということを整備すれば、全員参加型の取り組みの促進剤になるのではないかと思っています。

Q: 資金メカニズムで日本が提案しているもの、これについて一部報道で、インドネシアで第1号が出るというような報道もあったのですが、日本の資金メカニズムについては、どのように考えていますか。

A: まだ協議中です。それから、このメカニズムは日本一国がやるというのではなくて、先進国が途上国に対してなすべき提案ですから、これは先進国間でも協議をする必要があると思います。インドネシアにそれを実際に実行するという話はまだ聞いておりません。

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 19:51 | TrackBack(0) | 温暖化の政治・動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

温暖化いろいろ07年11月のランキング

 JanJanブログのアクセス数解析機能を使って、11月の1ヶ月間の人気がある記事を10件紹介しておきます。

2007年11月HTMLごとアクセス数一覧 全部見る
順位 HTML タイトル アクセス数 詳細
1 INDEX 7703
2 カテゴリー:温暖化懐疑派・否定論 386
3 コメント部屋その2 357
4 地球温暖化&対策への懐疑論について 282
5 スターン報告書の発表 265
6 「地球温暖化問題の歪曲(前編)」in田中宇の国際ニュース解説についてその1 250
7 温暖化を描いた映画「デイアフタートゥモロー」 240
7 "ユーレカ"の瞬間はいつでしょう 240
7 討論会の感想 240
10 ニュース短信その11 236

2007年11月検索文字列順続きを読む
posted by おぐおぐ at 01:56 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。