2007年11月23日

注目の社説

新聞各紙社説


●社説2 「ポスト京都」に覚悟を決めよ(11/21) 日経
(注:「ポスト京都」→「次期枠組」と読み替えてください)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20071120AS1K2000120112007.html
 いま手をこまぬくと、そのツケは将来とてつもなく膨らむ。科学的見地から地球温暖化を議論してきた国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が第 4次統合報告書で言いたかったのは、この点に尽きるだろう。報告書は「今後20―30年の排出削減努力と投資がカギを握る」とし、京都議定書に続くいわゆる「ポスト京都」(注:「ポスト京都」→「次期枠組」と読み替えてください)の枠組みが決定的に重要と説いている。温暖化防止に各国は覚悟を決めなければならない。

 第4次報告書は12月にインドネシア・バリ島での会議を皮切りに始まる次期枠組み交渉に向けたメッセージである。各国の政策決定者に向けて、温暖化の原因が人間活動とほぼ断定し、その影響を予測して後戻りできない状況になる前の対策を求めている。南極などの現状の視察後に総会に出席した国連の潘基文(バン・キムン)事務総長も「世界が足並みをそろえ対策をとる必要がある。時間を浪費してはならない」と語り、温暖化防止に消極的な米国や中国などにクギを刺した。

 地球の将来を考えれば温暖化防止をいつまでも疎んじてはいられない。消極派の代表とみられていた石油輸出国機構(OPEC)でさえも姿勢を転じ、総会での「リヤド宣言」で世界と温暖化対策で協調する考えを明確にした。温暖化が進めば凶暴な自然災害が増え、それに脆弱(ぜいじゃく)な発展途上国がもろに被害を受けるだろう。自国の利益を損なうという理由で対策を逃れることはどの国もできまい。

 翻って日本はどうか。京都議定書の目標である1990年比6%の排出削減にもメドがついておらず、バリ島の会議に向けて戦略も固まっていない。目標達成や戦略を詰める場は産業構造審議会と中央環境審議会の合同部会だが、議論は進んでいない。合同だけに委員の数が膨れあがり、意見集約はままならない。堂々巡りが続くならそれぞれの審議会が別々に結論を出し、政治判断を仰ぐ方がはるかに建設的ではないか。

 福田政権は前政権の提案「2050年までに世界の排出半減」の考え方を踏襲するという。それなら日本も覚悟を固め、この提案に恥じない説得力ある削減目標を早く示すべきである。時間の浪費は許されない。

−−−続きを読む
posted by おぐおぐ at 13:02 | TrackBack(0) | 排出枠/排出権取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

転載:エコロジー/エントロピー経済ゼミのお誘い

 以下、みどりのテーブルのメーリングリストから転載しておきます。

− − − − − − − − − − − − − − − − − − −
12月3日より開催、エコロジー/エントロピー経済ゼミに参加しませんか
主催 小林一朗(みどりのテーブル共同代表)
− − − − − − − − − − − − − − − − − − −

■ エコロジー/エントロピー経済ゼミに参加のお誘い

 経済学は経済活動を分析し、政策決定に寄与する重要な学問領域です。現在では市場重視の新古典派/新自由主義経済学が絶大な影響力を持ち、世界を単一の市場とする方向に諸国は向かっています。世界各国のあらゆる政策に多大なる影響を与えています。

 しかし、既存の経済学の体系では「劣化しない、無限の自然」が前提にされており、「成長の限界」を本格的に意識しなくてはならない現代に至っては、その前提を根底から作りかえる必要性がますます高まっています。

 経済学は百花繚乱、中には環境を市場経済に取り込むことで環境経済政策をうちだそうという環境経済学もありますが、ごくわずかな論者を除いて「成長の限界」、資源/環境制約をその体系に取り込もうとはしていません。
また、真に資源/環境制約を検討すれば、それはあらゆる既得権の見直しにつながるため、既得権を守ることを前提に物事を考える人たちからそうした提案がなされることは今後もないでしょう。

 持続可能な社会の実現を目指す人々および政治勢力にとって、「無限の自然」を前提としない包括的政治経済環境政策の基礎を学ぶ必要性が日ごと高まっていると思えませんか。

 そこで、この度、自主的に「エコロジー/エントロピー経済ゼミ」を催し、一定期間で基礎を学び、そして提案にまで作り上げていく機会をつくります。
スローな暮らし、適度な規模(スモール)で、簡素(シンプル)な経済を実現していきましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。

■開催要領続きを読む
posted by おぐおぐ at 01:35 | TrackBack(9) | 温暖化の政治学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

IPCCの第4次報告書がようやく完成しました

 IPCCの年次総会が先週スペイン、バレンシアで開かれ、IPCC第4次報告書の統合レポート(Synthesis Report)が採択されました。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)
第4次評価報告書統合報告書の公表について

 この中に日本語版の概要も書かれています。

 今年の2月2日の第一作業部会報告書の発表から始まり、ようやく第4次報告書の全体要約が完成しました。
 
(過去の関連記事)
 IPCC第四次報告書についての断片−10 years to save the planet
 日本の科学者よりのメッセージの形でIPCCの紹介が
 IPCC第二作業部会も報告書を公表
 IPCC第三作業部会報告の発表
 新聞各紙の社説
 IPCCAR4における排出削減経路の紹介


日本語版
第一作業部会の政策決定者向け要約
第ニ作業部会の政策決定者向け要約
第三作業部会の政策決定者向け要約


 国際政治交渉の場では、地球温暖化の事実関係に関して科学者からオーソライズされた最良の資料として、主にこの統合レポートの内容を使うことになるでしょう。
 12月にバリ島で行われるCOP13/COPMOP3で「ポスト2013」=「ポストキョウト」の交渉を開始し、2009年に国際交渉を完了する、というのが最速のスケジュールとなります。

 はたしてそれまで待っていられるでしょうか?異常気象の被害の顕れと、ピークオイル危機に伴う国際社会経済へのダメージが、交渉の土台を掘り崩すことも想定されます。
 ただ待っていることにはなんの意味があるのでしょう。続きを読む
posted by おぐおぐ at 23:35 | TrackBack(1) | 温暖化の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

07年10月のランキング

 JanJanブログのアクセス数解析機能を使って、10月の1ヶ月間の人気がある記事を10件紹介しておきます。

順位 HTML タイトル アクセス数
1 INDEX 7478
2 コメント部屋はこちら 369
3 コメント部屋その2 348
4 カテゴリー:温暖化懐疑派・否定論 321
5 アル・ゴアのノーベル平和賞受賞 294
6 ニュース短信その10 289
7 スターン報告書の発表 269
8 「地球温暖化問題の歪曲(前編)」in田中宇の国際ニュース解説についてその1 249
9 討論会の感想 226
10 水蒸気の方が温室効果が大きい?ならば対策を講じなくては 219

今月は過去1年間の人気記事を調べてみました。続きを読む
posted by おぐおぐ at 09:57 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。